117件中 61 - 70件表示
  • 青山孝史

    青山孝史から見たフォーリーブスフォーリーブス

    1970年代を代表する男性アイドルグループ・フォーリーブスのメンバー。青山孝史 フレッシュアイペディアより)

  • 1952年の音楽

    1952年の音楽から見たフォーリーブスフォーリーブス

    6月4日 - 江木俊夫、俳優・歌手・タレント(フォーリーブス1952年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 銀座わが町

    銀座わが町から見たフォーリーブスフォーリーブス

    その他芦田伸介、志村喬、加藤嘉、黒柳徹子、郷ひろみ、岸田今日子、下川辰平、峰竜太、志垣太郎、竹下景子、青山孝(フォーリーブス)らが出演した。銀座わが町 フレッシュアイペディアより)

  • 黒鷺死体宅配便

    黒鷺死体宅配便から見たフォーリーブスフォーリーブス

    2010年11月発行(11月4日発売)、ISBN 978-4-04-715555-8、各章題はフォーリーブスの曲名より引用黒鷺死体宅配便 フレッシュアイペディアより)

  • テンプテーションズ

    テンプテーションズから見たフォーリーブスフォーリーブス

    ハッピー・ピープル(Happy People) - 1975年発表。フォーリーブスがカヴァー。テンプテーションズ フレッシュアイペディアより)

  • 小川知子 (女優)

    小川知子 (女優)から見たフォーリーブスフォーリーブス

    近年は歌手活動を再開し、2006年には『玉置宏の歌のアルバム同窓会コンサート』で、橋幸夫、錦野旦、フォーリーブスらと全国をまわった。小川知子 (女優) フレッシュアイペディアより)

  • メリー喜多川

    メリー喜多川から見たフォーリーブスフォーリーブス

    弟のジャニーが1962年6月に芸能事務所「ジャニーズ事務所」を興すと、メリーもバーを閉店して事務所の経理を担当するようになった。 また、フォーリーブスのスタイリストなども受け持った。メリー喜多川 フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ ファイナルカーニバル プラス・ワン

    キャンディーズ ファイナルカーニバル プラス・ワンから見たフォーリーブスフォーリーブス

    1980年前後は、1970年代を旋風したアイドルスター歌手たちの引退・解散コンサートを実況録音したライブ盤が多くリリースされている。例としてキャンディーズ以降では、フォーリーブスの『GOOD BYE』(1978.10.21)、南沙織の『Good-by Cynthia』(1978.12.5)、山口百恵の『伝説から神話へ -BUDOKAN…AT LAST-』(1980.11.19)、ピンク・レディーの『さよならピンク・レディー』(1981.6.25)、石野真子の『BYE BYE MAKO LIVE 〜8月の太陽より燃えて〜』(1981.10.5)がある。キャンディーズ ファイナルカーニバル プラス・ワン フレッシュアイペディアより)

  • 城下尊之

    城下尊之から見たフォーリーブスフォーリーブス

    またフォーリーブスの青山孝(晩年は孝史に改名)とは本名が同じ読み(青山の本名の漢字は、城下孝行)である。城下尊之 フレッシュアイペディアより)

  • オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ

    オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダから見たフォーリーブスフォーリーブス

    1974年にはNHKの「みんなのうた」で取り上げられ、この時はフォーリーブスが歌った(訳詞:黒木宏)。但し、フォーリーブスの歌唱版は未発売。フォーリーブス版のカバーで発売されているものには、日本コロムビア版のMoJo & ひまわりキッズが歌ったもの、ポニーキャニオン版のよしむらくにお & 杉並児童合唱団が歌ったもの、日本クラウン版のクラウン少女合唱団が歌ったもの、ビクターエンタテインメント版の田中星児が歌ったもの、ボニージャックスが歌ったものなどがある。オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ フレッシュアイペディアより)

117件中 61 - 70件表示

「フォーリーブス」のニューストピックワード