117件中 71 - 80件表示
  • 硝子の少年

    硝子の少年から見たフォーリーブスフォーリーブス

    この楽曲を製作する際、作詞者の松本隆と作曲者の山下達郎には、ジャニー喜多川らからオリコンチャートでの初登場1位とミリオンセールスが必要最低条件として課されていたため、山下は「この楽曲を製作する時は、かなりのプレッシャーだった」と語っている。作曲にはかなりの困難を極めたが、今までのジャニーズの楽曲の流れを踏まえて「今、筒美京平だったら、どういう曲を書くのか?」という視点で製作。完成後、関係者に聞かせた際、「古臭い」、「踊れない」等の批判を浴びる中、「ジャニーズの歴史を踏まえてイメージした楽曲でもあり、二人に合った曲はこれしかない!」と断言。その苦労の甲斐もあり、めでたくデビューシングルの楽曲として選ばれた。販促用のパンフには「フォーリーブスを生きたママたちと、今まさにKinKiを生きる娘たちとが、時を越えてつながる何かを表現できたらと思い、この曲を作りました」とのコメントを寄せている。そして発売した後にも世間から同様の批判もあったが、むしろ「懐かしい、でもその懐かしさが逆に新しい」と世間で評判となり、今までの二人のファン以外の人達にも受け入れられ、本作はオリコンチャートの集計から不利な月曜日(※通例では水曜日発売が一般的)発売ながらも、オリコン調べで初登場1位、シングルチャート100位以内には31週間ランクインされるロングヒットとなった。ジャニーズ・エンタテイメント発表によると、出荷枚数は現在265万枚にもなるという。また松本隆は90年代に入ると同時に表舞台から姿を消した後の復帰作となった作品であり、この曲のタイトルを決めた際に中々決まらず、一晩悩んでた時にふとテレビをつけた際、偶然KinKi Kidsの二人がテレビに映り、その姿を見て「壊れやすそうだけど、したたかそうだな。」とひらめき、そのひらめきを基に2?3時間で書き上げたそうである。硝子の少年 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の音楽

    2012年の音楽から見たフォーリーブスフォーリーブス

    2月22日 - 北公次(和歌山県、歌手、フォーリーブス元メンバー *1949年)2012年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 第21回NHK紅白歌合戦

    第21回NHK紅白歌合戦から見たフォーリーブスフォーリーブス

    今回もカラーでの放映だったが、現存する映像はカラーキネコ(カラーのフィルム映像)で記録されたものである。このフィルムは当時、海外在住の日本人・日系人向けに紅白歌合戦を見てもらうためのものであり、この回のフィルムが偶然にもアルゼンチン大使館で発見されたと、後年の紅白30回記念番組で紹介されている。そのためか、保存状態は良くなく、傷や劣化部分、ノイズが多い。また、現存しているフィルムは全165分中の約137分間であり、由紀さおりが出演する部分など、一部の映像が欠落している。しかし、(順不同)和田アキ子・日吉ミミ・森山加代子・いしだあゆみ・布施明・にしきのあきら・弘田三枝子・奥村チヨ・ザ・ピーナッツ・青江三奈・フォーリーブス・藤圭子・ヒデとロザンナ・島倉千代子・森進一・フランク永井・トワ・エ・モワ・橋幸夫達の歌唱シーンや応援ゲストの小沢昭一のシーン、エンディングの結果発表&優勝旗授与(紅組)のシーンは近年でも紹介されている。また、紅組司会であった美空ひばりが大トリで「人生将棋」を歌うシーンも紹介されているが、1番と2番の間奏部分の一部が欠落している。ちあきなおみのシーンも紹介されたが2番のみの紹介で、1番が現存するかどうかは不明である。第21回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の音楽

    2009年の音楽から見たフォーリーブスフォーリーブス

    1月28日 - 青山孝史(佐賀県、歌手・フォーリーブスのメンバー、*1951年)2009年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • アイドル

    アイドルから見たフォーリーブスフォーリーブス

    徐々にアイドルという言葉が使われ出した頃に登場したのが新御三家(郷ひろみ・西城秀樹・野口五郎)で、3人とも主に歌手として活動を行った。さらに、ザ・タイガースの事実上の解散後、ソロあるいはバンドとして活動を続けた沢田研二もザ・ベストテンなどの歌番組の常連として人気を保った。70年代には他にもフォーリーブス(ジャニーズ事務所所属の男性アイドルの先駆)・フィンガー5(兄妹5人組。人気絶頂期にはメインボーカルの晃(四男)にアイドル的人気が集まった、男女混合アイドルグループと解すこともできる)などの男性アイドルグループが輩出した。この時代の男性アイドルのイメージとしてよく使われたのが「白馬に乗った王子様」であり、女性アイドル同様の、手の届かない別世界の存在(=スター)として記号化されることが多かった。アイドル フレッシュアイペディアより)

  • 志村けんのだいじょうぶだぁ

    志村けんのだいじょうぶだぁから見たフォーリーブスフォーリーブス

    にっちもさっちもいかなくなると「ブルドッグ志村けんのだいじょうぶだぁ フレッシュアイペディアより)

  • ジャニーズ事務所

    ジャニーズ事務所から見たフォーリーブスフォーリーブス

    2009年1月28日にフォーリーブスの青山孝史が死去した翌日『情報プレゼンター とくダネ!』にてフォーリーブスの特集を行った際、当時の映像を放送できないことを司会者の小倉智昭が、「色々な問題があるとは思うがフォーリーブスが一番キラキラしていた時代の映像を流せないのは、非常に残念でならない」と苦言を呈した。また、2009年3月31日にメンバーの3人が『徹子の部屋』に出演した際も当時の映像は放送されなかった。その一方、2009年10月29日放送『うたばん』にて『踊り子』を歌うVTRが放送された事例はある。またNHKアーカイブスの公開放送ライブラリーではフォーリーブス等が出演した時の『NHK紅白歌合戦』や川崎麻世、田原俊彦らがレギュラーだった時の『レッツゴーヤング』が一般公開されている。ジャニーズ事務所 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たフォーリーブスフォーリーブス

    1971年・第22回 内山田洋とクール・ファイブ - 理由:ボーカルの前川清の急病。代役はフォーリーブスNHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • ゆーとぴあ

    ゆーとぴあから見たフォーリーブスフォーリーブス

    内山田洋とクール・ファイブの元ボーヤ。フォーリーブスの元ボーヤの真木淳と、Wけんじ門下のどつき漫才『アタックコンビ』で活動していた。ゆーとぴあ フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤アキラ

    伊藤アキラから見たフォーリーブスフォーリーブス

    ブルドッグ (歌: フォーリーブス、作曲: 都倉俊一)伊藤アキラ フレッシュアイペディアより)

117件中 71 - 80件表示

「フォーリーブス」のニューストピックワード