148件中 21 - 30件表示
  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見たジャニーズ事務所

    フォーリーブスは、日本の男性アイドルグループ。1967年4月1日結成、1968年9月5日レコードデビュー、1978年8月31日解散。解散から24年を経た2002年に再結成を果たした。初期のジャニーズ事務所を代表するグループである。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見た講談社

    フォーリーブス イン U.S.A.(1972年12月、講談社フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見たフジテレビジョン

    青春をつっ走れ(1972年4月 - 7月、フジテレビ)ゲスト出演フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見た松竹

    初笑いびっくり武士道(1972年1月21日公開、松竹・大船撮影所) - 2003年6月に『びっくり武士道』のタイトルでDVD化。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見たフジテレビ

    長く賞には恵まれなかったが、10周年記念曲として1976年にリリースした「踊り子」で、東京音楽祭ゴールデン・カナリー賞の受賞を皮切りに日本歌謡大賞特別賞、日本テレビ音楽祭特別賞等を受賞した。しかし当時人気は既に下降し始めていて、オリコン最高位は41位であった。なお、同曲のレコードでは北が歌っていたソロパートが、歌番組では青山の歌唱へ変更されていることが多かった。その年のNHK紅白歌合戦出場曲にもなり、ソロパートは北と青山の2名によるツインボーカルによる歌唱で披露されたが、画面に映っているのは北だけであった。翌1977年に起死回生を賭けてリリースした「ブルドッグ」は、硬派で攻撃的な歌詞や独特の奇抜なパフォーマンスが話題を呼びオリコンでは前年の「踊り子」を上回る売上を記録したが(最高位は40位)、7年連続出場したNHK紅白歌合戦には落選した。しかし、この曲はその後も後輩のジャニーズアイドル達によってライブやテレビで歌い継がれているほか、1987年にはフジテレビ「志村けんのだいじょうぶだぁ」のオープニングコント「ご存知!じいさんばあさん」のネタの一部に使用されたり、更に1997年には富士フイルム「写ルンです」のCMソングに起用され、2006年にはタレントの城咲仁によってカバーもされた。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見たMGM

    1971年に渡米し、「Season Of The Sun」(「夏の誘惑」のアメリカ録音盤)と「Don't Let The Sun Catch You Crying」の2枚のシングルを録音してMGMから非売品プロモーション盤として発表した。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見たソニー

    ソニー「カセットコーダー」(1969年)フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見た都倉俊一

    1970年代になるとGS人気は下火になり、代わってアーティスト性を押し出したニュー・ロックや米国の対抗文化に由来したフォークが台頭する。しかしジャニーズ事務所は創業者のジャニー喜多川の活動方針から、非日常な世界を演出する舞台芸術の披露をメインに据えていたため、アーティスト性や政治性などのような個々のタレントの「自我」を前面に押し出すような楽曲を回避した。1974年のシングル「ヘイベイビー」には作曲に都倉俊一を迎え、この頃から軽快なソウルミュージックに転換し、人気の持続に成功した。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見たベストアルバム

    解散後から再結成までの期間までは、解散直後にベストアルバムが販売されたものの、翌1979年の覚せい剤取締法違反による北公次の逮捕以後は、1992年8月にNHK-BS2で放送された『時代を駆ける栄光のアイドル達』を除き、当時の人気に反してメディアで振り返られる機会はほぼ皆無と言っても過言ではなかった。1981年に『さよなら日劇ウエスタンカーニバル』が開催された際、この企画の為にフォーリーブスを一時的に再結成させたいという話がジャニーズ事務所に持ちかけられたが即座に断られたこともあった。編集盤も解散直後に発売された物を除くと1997年9月21日発売の『アーリーシリーズ・ベスト・オブ・フォーリーブス』が初のベストアルバムであり、アルバムの再発もCDでは1994年5月21日発売の『若者』のみであった。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見た寺山修司

    涙のオルフェ - 作詞:寺山修司、作曲・編曲:鈴木邦彦フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

148件中 21 - 30件表示

「フォーリーブス」のニューストピックワード