117件中 21 - 30件表示
  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見た講談社

    フォーリーブス イン U.S.A.(1972年12月、講談社フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見たフジテレビジョン

    青春をつっ走れ(1972年4月 - 7月、フジテレビ)ゲスト出演フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見た松竹

    初笑いびっくり武士道(1972年1月21日公開、松竹・大船撮影所) - 2003年6月に『びっくり武士道』のタイトルでDVD化。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見たテレビ朝日

    1980年代にも、おりもがレギュラー出演していたテレビ朝日系列『象印クイズ ヒントでピント』に幾度か青山と江木が出演。またテレビ東京系列『飛び出せ釣り仲間』でも青山とおりもが共演している。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見たソニー

    ソニー「カセットコーダー」(1969年)フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見たメリー喜多川

    ジャニー喜多川とメリー喜多川姉弟は「タイガーズやテンプターズなど、他の人気グループと違い、フォーリーブスはグループ内にスター的存在のメンバーを作らない」「言うなればメンバー全員がスター」という確固たるポリシーを結成当時から一貫して持ち続けていた。二人は雑誌などでもたびたびその主旨の発言をしていた。また、1960年代前半にジャニーズの付き人をしていた北公次をどうしてもデビューさせたいがために、各所から人材を取捨選択して作ったグループだと後にジャニー喜多川が発言している。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見た寺山修司

    作詞:寺山修司、作曲・編曲:鈴木邦彦フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見たおりも政夫

    グループ内での位置付けは、運動能力に優れた北公次はバック転などの華麗なアクロバットを担当してステージを彩った。またステージ上でバック転を披露した初のアイドルでもある。当時全盛を誇る渡辺プロダクションの次世代のスター育成機関であった東京音楽学院特待生でスクールメイツのメンバーでもあったほど高い歌唱力を持つ青山孝は、歌唱面と音楽面においてのリーダー的存在。フルコーラスをソロボーカルで担当したシングルA面曲(2曲)が存在するのは彼だけである。フォーリーブスの楽曲の音楽性の高さは青山に負うところが大きい。日本大学芸術学部の学生でもあった青山は、芸能活動との兼業もありソロ活動は少なかったがグループ内では北と人気を二分した。70年代後半のコンサートでは他のメンバー達からの注文に応じてアレンジやコーラスなどの譜面の書き替えも任されていた。また、ダンスも一番達者であり、NHK紅白歌合戦に出場して「急げ!若者」(1974年)「ハッピー・ピープル」(1975年)を披露した際は、ボーカルはもちろんダンスにおいてもメインの扱いであった。名子役として芸歴の長い江木俊夫と同じく子役出身で最年少のおりも政夫は、前述の二人とは対照的にグループのMC役としてトークや司会進行を担当。バラエティやコントなどでは気味の悪い怪物や道化に徹した役回りや扮装、大胆なリアクションも辞さない軽妙なコメディリリーフ部分を担っていた。江木俊夫は子役の頃から周囲の百戦錬磨のスタッフすら騙されるほどの自然な演技力を身につけていたが、ジャニー喜多川の意向もありグループ内では三枚目キャラクターを担当していた。おりも政夫はのんびりかつ飄々としたキャラクターと司会進行が持ち味。歌唱、アクロバット、演技などそれぞれが1つの長所に特化した他のメンバーと違い、どれも手堅くこなす器用な面も持つ。ピークが過ぎた1974年頃から各自の個性を生かした単独での活動も徐々に増えていった。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見た小川知子 (女優)

    小川知子ショー(1969年5月20日 - 26日)フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見た北公次

    作詞:北公次、作曲:鈴木邦彦、編曲:森岡賢一郎フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

117件中 21 - 30件表示

「フォーリーブス」のニューストピックワード