148件中 71 - 80件表示
  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見たNHK紅白歌合戦

    1970年にはブロマイドの売上げが男性歌手部門の1位になり、衰退期にあった御三家やグループ・サウンズのザ・タイガースなどに代わり、新御三家が台頭するまでの間、トップアイドルとなった。オリコン最高10位と大ヒット曲はなかったが、冒頭の江木の名ゼリフ「だって地球は丸いんだもん!」で知られる「地球はひとつ」や、「夏の誘惑」などがコンスタントにヒットを重ね、1970年から7年連続でNHK紅白歌合戦出場を果たす。先輩格のジャニーズと同様に、ミュージカルにも熱心に取り組み、その姿勢は現在のジャニーズ事務所に受け継がれている。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見たミスユニバース

    事務所の後輩であり新御三家の1人である郷ひろみが移籍した頃から、徐々に世間の関心がニューミュージック勢に比重が移っていくのと比例して、人気やレコードセールス及び所属するジャニーズ事務所の状況も低迷する。新御三家を除いた男性アイドル冬の時代に突入し、個人での活動の比重も高くなり、それぞれの芸能活動における方向性の違いも顕著になっていった。グループよりも、ソロのタレント活動が好調で複数のレギュラー番組を抱えたおりもを見る機会の方が増えていき、メンバーの平均年齢も20代後半となり、1977年には青山が同事務所の女性タレントで元ミスユニバース日本代表の嶋田じゅんと結婚をするなど、アイドルとしての活動に限界を迎えるようになっていった(この際、東京で行われた披露宴の模様はテレビでも放送された)。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見たスパリゾートハワイアンズ

    1976年1月15日に常磐ハワイアンセンター(後のスパリゾートハワイアンズ)にて開催されたショーで16歳の少女が興奮のあまり失神死するという事故がおきた。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見た嶋田じゅん

    事務所の後輩であり新御三家の1人である郷ひろみが移籍した頃から、徐々に世間の関心がニューミュージック勢に比重が移っていくのと比例して、人気やレコードセールス及び所属するジャニーズ事務所の状況も低迷する。新御三家を除いた男性アイドル冬の時代に突入し、個人での活動の比重も高くなり、それぞれの芸能活動における方向性の違いも顕著になっていった。グループよりも、ソロのタレント活動が好調で複数のレギュラー番組を抱えたおりもを見る機会の方が増えていき、メンバーの平均年齢も20代後半となり、1977年には青山が同事務所の女性タレントで元ミスユニバース日本代表の嶋田じゅんと結婚をするなど、アイドルとしての活動に限界を迎えるようになっていった(この際、東京で行われた披露宴の模様はテレビでも放送された)。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見た2009年

    『NHK歌謡コンサート』出演から約2ヶ月半後の2009年1月28日、青山孝史死去。同年3月29日、東京厚生年金会館でのコンサートを最後に活動休止。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見た泰流社

    フォーリーブスの伝説(1976年、たいりゅう社フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見たスクールメイツ

    同年10月、結成メンバーの永田英二は当時小学6年生だったため脱退し、スクールメイツ出身の青山孝が加入。同じく同年10月より日本テレビ『プラチナゴールデンショー』にレギュラー出演するようになる。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見たソニー・ミュージックエンタテインメント (日本)

    1968年9月5日、CBS・ソニーレコード(現:ソニー・ミュージックレーベルズ)の国内契約第1号アーティストとして、シングル「オリビアの調べ」にてレコードデビュー。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見た富士フイルム

    長く賞には恵まれなかったが、10周年記念曲として1976年にリリースした「踊り子」で、東京音楽祭ゴールデン・カナリー賞の受賞を皮切りに日本歌謡大賞特別賞、日本テレビ音楽祭特別賞等を受賞した。しかし当時人気は既に下降し始めていて、オリコン最高位は41位であった。なお、同曲のレコードでは北が歌っていたソロパートが、歌番組では青山の歌唱へ変更されていることが多かった。その年のNHK紅白歌合戦出場曲にもなり、ソロパートは北と青山の2名によるツインボーカルによる歌唱で披露されたが、画面に映っているのは北だけであった。翌1977年に起死回生を賭けてリリースした「ブルドッグ」は、硬派で攻撃的な歌詞や独特の奇抜なパフォーマンスが話題を呼びオリコンでは前年の「踊り子」を上回る売上を記録したが(最高位は40位)、7年連続出場したNHK紅白歌合戦には落選した。しかし、この曲はその後も後輩のジャニーズアイドル達によってライブやテレビで歌い継がれているほか、1987年にはフジテレビ「志村けんのだいじょうぶだぁ」のオープニングコント「ご存知!じいさんばあさん」のネタの一部に使用されたり、更に1997年には富士フイルム「写ルンです」のCMソングに起用され、2006年にはタレントの城咲仁によってカバーもされた。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見た福家書店

    出版記念として、銀座・福家書店にて握手会が開催された。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

148件中 71 - 80件表示

「フォーリーブス」のニューストピックワード