286件中 91 - 100件表示
  • あんこう鍋

    あんこう鍋から見たフグフグ

    アンコウは「西のフグ(河豚)、東のアンコウ(鮟鱇)」と並び称されている高級魚である。あんこう鍋 フレッシュアイペディアより)

  • 門司サティ

    門司サティから見たふぐフグ

    ふく問屋 あたか(ふぐ料理店)門司サティ フレッシュアイペディアより)

  • 猪子吉人

    猪子吉人から見た河豚フグ

    1887年(明治20年)から日本魚類の中で毒を持つものとして有名な河豚について高橋順太郎教授の指導を受けながら共同で化学的、薬理学的研究を推し進め、1889年(明治22年)フグ毒が生魚の体内にあること、水に解けやすいことなどから、それがタンパク質(酵素)様のものでないことを証明し、毒力表を作成した。また教授の指導のもと、欧文も含めて論文50編近くを発表。ヨーロッパで知られていない東洋産薬物の薬理を紹介して海外でも注目された。猪子吉人 フレッシュアイペディアより)

  • へしこ

    へしこから見たフグフグ

    へしことは、鯖に塩を振って塩づけにし、さらに糠漬けにした郷土料理、および水産加工品である。若狭地方および丹後半島の伝統料理で、越冬の保存食として重宝されている。若狭の特産品・土産物として、漬け込む魚の種類も「鰯へしこ」「河豚へしこ」などが加わり、福井県で親しまれている。ぬかを軽く落とし火であぶったものはお茶漬けや酒の肴に良い。新鮮なものであれば刺身で食べることもできる。へしこ フレッシュアイペディアより)

  • 盛り付け

    盛り付けから見たフグフグ

    Fugu sashimi.jpg|器の色とのハイコントラスト(フグ刺)盛り付け フレッシュアイペディアより)

  • 福柳伊三郎

    福柳伊三郎から見たフグフグ

    以後は小結と前頭を往復していたが、1926年12月11日に福岡県戸畑区(現:北九州市戸畑区)の巡業先で、地元の後援者だった陸軍少佐によってフグが差し入れられたため、陸軍少佐と幕下格行司・式守義松と共に食べたが、そのフグは数日来の悪天候によって新鮮なフグが入手できなかったため、知人に探してもらった古いフグだった。フグを食べた福は食事の後に乗った帰路の船内で激しい腹痛を起こし、「どうも変だ。(フグ中毒に)やられたかな…」と最後に言い残し、数時間後には昏睡状態に陥った。一度は民間療法(燕の巣の煮汁を口から流し込んで冷水を全身に浴びせて揉む方法)によって一旦は蘇生しかかったものの、注射を打ったのが祟ったのか手当ての甲斐なく没した。。角界には「福柳死ス」との電報が届いた。福柳伊三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 地獄戦士魔王

    地獄戦士魔王から見たフグフグ

    作中、素人が調理したフグ鍋を食べて「フグ鍋はしびれる…」と言って中毒をおこすシーンがあった。フグを調理するには都道府県知事資格であるふぐ調理師免許が必要であるため、コマ下には「法律では、無免許のフグ調理は禁止されています」と注意書きが出ていた。地獄戦士魔王 フレッシュアイペディアより)

  • シリケンイモリ

    シリケンイモリから見たフグフグ

    アカハライモリと同様に、フグと同じテトロドトキシンという毒をもち、腹の赤色や橙色は毒をもつことを他の動物に知らせる警戒色になっていると考えられている。ただし、毒の量は棲息環境により異なる。シリケンイモリ フレッシュアイペディアより)

  • シガトキシン

    シガトキシンから見たフグフグ

    毒性は、ナトリウムチャネルのサイト4に結合し、フグ毒テトロドトキシンとは逆にナトリウム透過性を高めることにより発現すると推測されている。脱分極の結果、まひ、心収縮、聴覚や温度感覚の変化が起こる。シガトキシンは血液脳関門を通過しないため、末梢神経系で作用する。シガトキシン フレッシュアイペディアより)

  • ハゼドン

    ハゼドンから見たフグフグ

    決してカッコイイとはいえないハゼの子であるハゼドン(小学3年生の男の子という設定)は、母が死に際に言い残した「世界一強い魚になって、南の国へ行くんだよ」との約束を果たすため、人魚のシーランとフグのプーヤンと一緒に冒険の旅に出る。ハゼドン フレッシュアイペディアより)

286件中 91 - 100件表示

「フグ」のニューストピックワード