244件中 11 - 20件表示
  • 下関市

    下関市から見たフグフグ

    第一次産業では主に水産業が盛んで、以前は捕鯨が主であった。捕鯨を行っていたマルハニチロ水産(旧社名は林兼商店→大洋漁業→マルハ )は下関が創業の地であり、現在も林兼産業などマルハ関連会社が多数残る。また、日本水産(ニッスイ)も下関が創業の地である。現在はフグの水揚げ高が全国の8割を占め、市内にはふぐ専用の魚市場の南風泊(はえどまり)魚市場を構える(参照、下関とふく)。下関市 フレッシュアイペディアより)

  • トラフグ属

    トラフグ属から見たフグ科フグ

    トラフグ属(Takifugu)は、フグ科の属の一つ。属のタイプはTetrodon oblongus Bloch, 1786(=タキフグ Takifugu oblongus)(monotypy)で、属名もタキフグに因む。トラフグ、マフグなど約25種が知られており、生息区域は北緯45度から南緯45度の間である。ほとんどのものが海水に住むが、淡水や汽水域に住むものもいる。主なエサは藻類、軟体動物、無脊椎動物などで、甲殻類を食べることもある。他のフグ科の魚と同様、捕食者から身を守るため、体を元の何倍にも膨らますことが可能であり、体、特に肝臓や卵巣に致死量を越える毒性物質テトロドトキシンが含まれている。トラフグ属 フレッシュアイペディアより)

  • テトロドトキシン

    テトロドトキシンから見たフグフグ

    テトロドトキシン (tetrodotoxin, TTX) は化学式 C11H17N3O8 で表され、ビブリオ属やシュードモナス属などの一部の真正細菌によって生産されるアルカロイドである。一般にフグの毒として知られるが、他にアカハライモリ、ツムギハゼ、ヒョウモンダコ、スベスベマンジュウガニなど幾つかの生物もこの毒をもっている。習慣性がないため鎮痛剤として医療に用いられる。分子量 319.27、CAS登録番号 1。語源はフグ科の学名 (Tetraodontidae) と毒 (toxin) の合成語である。テトロドトキシン フレッシュアイペディアより)

  • 山口県

    山口県から見たフグフグ

    県魚に指定されている下関市のフグは日本一の市場取扱量を占める。地元や周辺地域では、主に取扱業者やマスコミなどが縁起を担いでフグとは呼ばず「フク」と呼ぶ(フグが「不遇」につながり、フクが「福」につながるためとされている)が、日常会話で「フク」ということは少ない。山口県 フレッシュアイペディアより)

  • 河豚

    河豚から見たフグフグ

    河豚 フレッシュアイペディアより)

  • てっさ

    てっさから見たフグフグ

    てっさ フレッシュアイペディアより)

  • ふぐ

    ふぐから見たフグフグ

    ふぐ フレッシュアイペディアより)

  • てっちり

    てっちりから見たフグフグ

    てっちり フレッシュアイペディアより)

  • 河豚笛

    河豚笛から見たフグフグ

    河豚笛(ふぐぶえ)とは、山口県下関市で生産される郷土玩具の一種。粘土製の笛で、魚のフグを模って作られる焼き物。黒と白を基調に彩色され、尻尾の部分を吹いて音を出す。吹くとフクロウの泣き声のような音が出る。サイズは概ね10センチ前後。河豚笛 フレッシュアイペディアより)

  • 女王様がいっぱい

    女王様がいっぱいから見たフグフグ

    『チェルシー』デスク。美人で抜群のプロポーション持つ一見魅力的な女性ながら、度重なる「下ネタ」発言や沼袋へのセクハラ行為から、泉佐野に「猥物陳列罪女」と陰で呼ばれている。日本にヌーディストビーチを作るのが夢。好物はスッポン・レバ刺し・フグ。好きなタイプはチョコボール向井。女王様がいっぱい フレッシュアイペディアより)

244件中 11 - 20件表示

「フグ」のニューストピックワード