286件中 31 - 40件表示
  • ミゾレフグ

    ミゾレフグから見たフグ科フグ

    ミゾレフグ (霙河豚、)は、フグ目フグ科に属する魚類。時折アクアリウムでの飼育用に流通することがある。最大全長50cm。本来の色は黒地に白の斑点模様であるが、2007年には黄金色のミゾレフグがスリランカ沖のインド洋で捕獲され、日本で展示された。ミゾレフグ フレッシュアイペディアより)

  • サザナミフグ

    サザナミフグから見たフグフグ

    サザナミフグ(細波河豚、小波河豚、漣河豚、)は、中程度の大きさのフグである。色は明るい灰色で、白色の小さな斑点の模様が付いている。また目や胸びれの周りには、同心円状に広がる白色と濃い灰色の線が入っている。このような模様のため、英語で "stars and stripes puffer" という別名がある。サザナミフグ フレッシュアイペディアより)

  • 白子 (精巣)

    白子 (精巣)から見たフグフグ

    白子(しらこ)は、主に魚類の精巣を食材とする際の呼び名。タラ、アンコウ、フグなどの成熟した白子は味が良く、酢の物、汁物、鍋物、焼き物などとして食べる。白子 (精巣) フレッシュアイペディアより)

  • かき正

    かき正から見たフグフグ

    先代が広島県出身のため、広島産のかきやふぐを得意とする。建物は古く、当初の建築。本館、はなれ、食堂からなる。芸妓が上げられる。かき正 フレッシュアイペディアより)

  • 勇者カタストロフ!!

    勇者カタストロフ!!から見たフグフグ

    森の妖精。フェアリーのような容姿をしていたが、ズックを助けるために自身の命を捨てて生まれ変わった姿はフグ提灯そのもの。以降、ズックを大将と呼んで付き従う。終盤では相槌を打つしか活躍がなくなり、王様と同等レベルにまで堕落しきってしまうシーンもある。勇者カタストロフ!! フレッシュアイペディアより)

  • イソスジエビ

    イソスジエビから見たフグフグ

    食性はほぼ肉食性で、貝類や多毛類などの小動物を捕食し、動物の死骸にもよく集まる。このため生息域で手足を水中に漬けてじっとしておくと、スジエビ類が集まってきて鋏脚で肌をついばむのが観察できる。一方、天敵はフグ、カサゴなどの底生肉食魚、イカ、タコ、イソギンチャクなどがいる。イソスジエビ フレッシュアイペディアより)

  • 櫛生村

    櫛生村から見たフグフグ

    農産物では、米、麦、雑穀、大豆、ゴマ、葉タバコ、しいたけ等を産する。太平洋戦争後、北斜面地が多いが柑橘栽培が導入された。海産物では、フグ、タイ、サヨリなどの魚類のほか、タコ、エビ、コンブ、海苔、ワカメ、サザエ、ナマコなど。櫛生村 フレッシュアイペディアより)

  • 河豚鍋

    河豚鍋から見たフグフグ

    演者はまず、フグが一般に簡単に手に入り、かつふぐ調理師の免許制度がなかった昔には、フグの毒による死亡事故が後を絶たなかった、ということを説明する(松尾芭蕉の句「あら何ともなや きのふは過て ふくと汁」を引用するなど)。河豚鍋 フレッシュアイペディアより)

  • 坂東三津五郎

    坂東三津五郎から見たフグフグ

    七代目の養子、1906?75。人間国宝。京都の料理屋で食べたふぐにあたって急死。坂東三津五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野崎洋光

    野崎洋光から見たふぐフグ

    福島県石川郡古殿町に生まれる。学校法人石川高等学校卒。武蔵野栄養専門学校を卒業後、東京グランドホテル(和食部)に入社。5年の修業を経て、八芳園へ。1980年に東京都港区西麻布のふぐ料理店「とく山」の料理長に就任。1989年、西麻布に日本料理店「分とく山」(わけとくやま)を開店し、総料理長となる。2004年、「分とく山」が南麻布に移転。現在、南麻布本店の他、ホテルインターコンチネンタル東京ベイ店、飯倉片町店、伊勢丹新宿店などを展開している。野崎洋光 フレッシュアイペディアより)

286件中 31 - 40件表示

「フグ」のニューストピックワード