286件中 41 - 50件表示
  • 河豚笛

    河豚笛から見たフグフグ

    河豚笛(ふぐぶえ)とは、山口県下関市で生産される郷土玩具の一種。粘土製の笛で、魚のフグを模って作られる焼き物。黒と白を基調に彩色され、尻尾の部分を吹いて音を出す。吹くとフクロウの鳴き声のような音が出る。サイズは概ね10センチ前後。河豚笛 フレッシュアイペディアより)

  • 四国西南地域

    四国西南地域から見たフグフグ

    愛媛県側では柑橘類を中心とした農業、真珠やハマチ,タイ,フグなどの養殖漁業が盛んで、高知県側ではカツオに代表される太平洋での近海漁業が盛んで、総じて一次産業が中心の地域。四国西南地域 フレッシュアイペディアより)

  • ちり鍋

    ちり鍋から見たフグフグ

    中心となる魚の種類によってさまざまなバリエーションがあり、魚種名の語尾に「ちり」を付けた名で呼ばれることが一般的である。代表的なものとしては、鱈を使った「鱈ちり」、鯛を使った「鯛ちり」、フグを使った「河豚ちり」が挙げられる。河豚ちりは別名「てっちり」とも呼ばれ、これはフグの俗称の「鉄砲」(毒があって当たると死ぬことから)に由来すると言われる。また、白身魚だけでなく鶏肉などの肉類を使った鍋料理も水煮方式であれば「ちり鍋」と扱われるようになっており、なかでも豚肉の薄切りを使った「豚ちり」は常夜鍋の名で知られている。ちり鍋 フレッシュアイペディアより)

  • 朝汐太郎 (初代)

    朝汐太郎 (初代)から見たフグフグ

    左四つ右上手を引いての投げが鮮やかで、投げを打ちながら寄って出る正攻法の堅実な取り口を見せた。反面、厳つい風貌から「おこぜ」というあまりありがたくない異名がつけられていた。料理がうまくフグを自分で捌いていたという。酒豪としても知られた。朝汐太郎 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 常陸嶽理市

    常陸嶽理市から見たフグフグ

    1926年12月に北九州の巡業で、部屋の後援者だった陸軍少佐によって差し入れられたフグを食べようとしたが、肝が黄色いことに気づいた。不審に思ったので勧められても食べなかったが、フグを食べた福?伊三郎と行司の式守義が中毒に遭った。最後まで食べなかった常陸嶽は難を逃れ、式守義も助かったものの、福柳は帰路の船内で死亡した。後日、そのフグは当時の悪天候によって新鮮なフグが入手できなかったことから、知人に頼んで入手してもらった古いフグだったことが判明した。常陸嶽理市 フレッシュアイペディアより)

  • 越ノ海東治郎

    越ノ海東治郎から見たフグフグ

    1933年9月30日に巡業先である山口県萩市で、越ノ海と初土俵同期の沖ツ海福雄が、師匠・若藤の娘と婚約すると同時に部屋を継承することが決定した。沖ツ海福雄は越ノ海より年下だが、この直前の場所で東関脇に位置して7勝3敗1分と好成績を挙げており、将来の大関候補だった。祝杯を上げるために沖ツ海福雄が調理したフグを食べたが、調理した張本人である沖ツ海福雄が中毒症状を起こしてその場で即死したため、越ノ海が部屋頭として若藤部屋を牽引する立場となった。越ノ海東治郎 フレッシュアイペディアより)

  • サキシトキシン

    サキシトキシンから見たフグフグ

    テトロドトキシンと共にフグ毒の成分のひとつ。フグのほか麻痺性貝毒の代表的な成分で主に二枚貝のムラサキイガイ、マガキ、アサリ、ホタテガイなどの中腸腺に蓄積される事がある。また、房総半島以南の磯周りに普通に分布するオウギガニ科(スベスベマンジュウガニ)のカニは筋肉に蓄積することがある。パナマ産のヤドクカエルの一種 () も保有することが報告されている。サキシトキシン フレッシュアイペディアより)

  • 日豊海岸

    日豊海岸から見たフグフグ

    豊予海峡の南側に続くこの海域は好漁場としても知られる。特に、大分県側の漁港に水揚げされる佐賀関の関あじ、関さば、臼杵のフグ、津久見の津あじ(しんあじ)、津さば(しんさば)、佐伯のブリなどは高級魚として知られる。日豊海岸 フレッシュアイペディアより)

  • 刺身包丁

    刺身包丁から見たふぐフグ

    ふぐ引きは柳刃包丁の形であるがさらに細身で薄くなっており、弾性もある。関西ではてっさ包丁とも言われる。非常に薄いふぐの刺身を引くためにこのような形状になったと考えられる。刺身包丁 フレッシュアイペディアより)

  • 内浦湾

    内浦湾から見たフグフグ

    湾ではサケ、イカ、カレイなどがよく獲れるほか、ホタテガイの養殖が盛んである。また、稀にフグが水揚げされることもある。内浦湾 フレッシュアイペディアより)

286件中 41 - 50件表示

「フグ」のニューストピックワード