244件中 61 - 70件表示
  • 背びれ

    背びれから見たフグフグ

    速く泳ぐ魚の場合、全身や尾びれがよく使われ、背びれは方向制御や姿勢の安定等の働きを担うが、ゆっくりと泳ぐ魚の場合、背びれを動かすことで推進力をある程度得る場合もある。特に、フグ、カワハギ、タツノオトシゴなどは、背びれと胸びれを波打たせるように使い、これによって推進力を得ている。背びれ フレッシュアイペディアより)

  • パファー (潜水艦)

    パファー (潜水艦)から見たフグフグ

    パファー (USS Puffer, SS-268) は、アメリカ海軍の潜水艦。ガトー級潜水艦の一隻。艦名は空気で体を膨らませるフグに因む。パファー (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • 煮こごり

    煮こごりから見たフグフグ

    フグやヒラメなどの身や皮を適当な大きさに切り、醤油や酒、ショウガなどでつくった煮汁で煮詰め、煮汁ごと型に流して冷す。冷却に伴って自然にゼリー状の塊になったものを適当な大きさに切り、器に盛って供する。ぷるぷるとしたゼリー部と内包された皮や身の食感の違いが面白く、また体温でゼラチン質が溶けることにより口中で旨味が広がる料理である。煮こごり フレッシュアイペディアより)

  • 田原良純

    田原良純から見たフグフグ

    1883年、司薬場が改組した東京試験所検明部長となる。食品のほか、大気や水の分析、試験を続ける。当時の長井長義所長と協力して漢方薬牡丹皮に含まれるペオノールの研究を進めた。このとき、欧米で研究が進んでいる植物成分に比べ、動物成分の研究が遅れていることに気づき、フグ毒に着目。フグ毒の成分分析を始める。田原良純 フレッシュアイペディアより)

  • 下関とふく

    下関とふくから見たフグフグ

    下関とふく(しものせきとふく)は、フグの集積地としての山口県下関について記述する。下関など西日本では、フグの事を濁らずに「ふく」と呼ぶ場合が多い。これは、フグが「不遇」に繋がり、フクが「福」につながるからなど諸説があるがはっきりしない。若年層は普通にふぐと発音することも多い。下関とふく フレッシュアイペディアより)

  • 下関とふく

    下関とふくから見た河豚フグ

    1887年(明治20年)、日本の魚類の中で毒を持つものとして有名な河豚について、高橋順太郎教授と助教授の猪子吉人と共にフグ毒の化学的、薬理学的研究を推し進め、1889年(明治22年)にフグ毒が生魚の体内にあること、水に解けやすいことなどから、それがタンパク質(酵素)様のものでないことを証明し、毒力表を作成した。下関とふく フレッシュアイペディアより)

  • ふくふく号

    ふくふく号から見たフグフグ

    ふくふく号(ふくふくごう)とは、サンデン交通が下関駅を始終点に運行を行う高速バス路線の愛称である。愛称は下関の名物の一つであるフグ(ふく)にちなんだもの。廃止されたものも含めて以下の路線がある(運行開始順)。ふくふく号 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎弁

    長崎弁から見たフグフグ

    ガンバ>(島原地方)フグ。語源は「がんば置いてでん食わんば」(棺を用意してでも食べなくちゃ)の略といわれる長崎弁 フレッシュアイペディアより)

  • 下小鳥ダム

    下小鳥ダムから見たフグフグ

    小鳥川では下小鳥ダムが建設されて以来、ダムから発電所までの区間は水量が著しく減少していたが、2003年(平成15年)より、下小鳥ダム直下からの河川維持放流が行われるようになった。ダム周辺は関西電力の社員のほか、ダム建設にあたって転出した元・住民らが再び集まって植樹などの手入れがなされている。下小鳥湖では河ふぐと呼ばれる魚が養殖されている。実際にはナマズの一種なのだが、フグにも劣らない美味であるとして、梶原拓岐阜県知事(当時)が1992年(平成4年)に命名した。下小鳥ダム フレッシュアイペディアより)

  • 野崎洋光

    野崎洋光から見たふぐフグ

    福島県石川郡古殿町に生まれる。学校法人石川高等学校卒。武蔵野栄養専門学校を卒業後、東京グランドホテル(和食部)に入社。5年の修業を経て、八芳園へ。1980年に東京都港区西麻布のふぐ料理店「とく山」の料理長に就任。1989年、西麻布に日本料理店「分とく山」(わけとくやま)を開店し、総料理長となる。2004年、「分とく山」が南麻布に移転。現在、南麻布本店の他、ホテルインターコンチネンタル東京ベイ店、飯倉片町店、伊勢丹新宿店などを展開している。野崎洋光 フレッシュアイペディアより)

244件中 61 - 70件表示

「フグ」のニューストピックワード