244件中 81 - 90件表示
  • マイトトキシン

    マイトトキシンから見たフグフグ

    毒性の作用機序は、細胞膜に位置するカルシウムチャネルの透過を促進し、細胞内のカルシウムの濃度を引き上げることによると考えられている。このため、筋肉の異常収縮を起こす。マウスに対する急性毒性は腹腔内投与の場合、0.05μg/kg(腹腔内投与、LD50)で、フグ毒として有名なテトロドトキシンの約200倍の強さ。マイトトキシン フレッシュアイペディアより)

  • アベニー・パファー

    アベニー・パファーから見たフグ科フグ

    アベニー・パファー(学名:''''、英名:Dwarf pufferfish)は、フグ目フグ科に属する魚。インド南西部原産の世界最小の淡水フグである。アベニー・パファー フレッシュアイペディアより)

  • 淡水フグ

    淡水フグから見たフグフグ

    淡水フグ(たんすいフグ)は、淡水に生息するフグのことで、熱帯魚としてのフグの一部の種をまとめて呼ぶときの名称。淡水フグ フレッシュアイペディアより)

  • メッセンジャー (お笑いコンビ)

    メッセンジャー (お笑いコンビ)から見たフグフグ

    ふぐの調理師免許を持っている。メッセンジャー (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • 黒羽織党

    黒羽織党から見たフグフグ

    黒羽織党(くろばおりとう)は、江戸時代末期(幕末)に、加賀藩の藩政改革を主導した長連弘を中心とする党派である。金沢城下で私塾拠遊館を営んだ実学志向の儒学者上田作之丞の教えを信奉した集団で、弘化4年(1847年)末から長一派が罷免された嘉永7年(1854年)6月までを「第一次黒羽織党政権」(嘉永の改革)と称し、長の死後となる文久2年(1862年)から翌年にかけて黒羽織党の面々が復職し、短期間藩政を主導した時期を「第二次黒羽織党政権」と呼ぶ。"黒羽織"党の名の由来は、彼らが仲間内で会合する際、常に黒い羽織を着ていたためとも、「黒羽織」が方言でフグを意味し、その毒のように人々に害をなしたためともいわれる。黒羽織党 フレッシュアイペディアより)

  • トンレサップ

    トンレサップから見たフグフグ

    この面積拡大によって淡水魚には陸上植物起源の有機物が豊富に供給され、また多量のプランクトンが発生する、このような一時的水域で繁殖するものが多いため、魚が大量に発生する。体重100kgを上回るメコンオオナマズ (Pangasius gigas) やフグなど600種類以上の淡水魚が生息する。雨季の終わりには水が引き、繁殖を終えた魚は川下に移っていく。トンレサップ水系で採れる魚は、カンボジア人のたんぱく質摂取量の60%を占める。トンレサップ フレッシュアイペディアより)

  • 龍王山光

    龍王山光から見たフグフグ

    その後はまもなく十両におち、1944年11月場所限りで廃業した。その後は学生相撲の指導をしていたというが、1948年、自ら調理したフグの毒にあたり、夫婦ともども死去してしまった。龍王山光 フレッシュアイペディアより)

  • 福栁伊三郎

    福栁伊三郎から見たフグフグ

    以後は小結と前頭を往復したが、1926年12月に福岡県戸畑市(現・北九州市)の巡業先で、地元の後援者だった陸軍少佐によってフグが差し入れられたため、陸軍少佐と幕下格行司式守義松と共に食べたが、そのフグは数日来の悪天候によって新鮮なフグが入手できなかったため、知人に探してもらった古いフグだった。食べた後に乗船した帰路の船内で腹痛を起こし、「どうも(具合が)変だ。(フグ中毒に)やられたかな」と最後に言い残し、数時間後には昏睡状態に陥った。一度は民間療法(燕の巣の煮汁を口から流し込んで冷水を全身に浴びせて揉む方法)によって一旦は蘇生しかかったものの、注射を打ったのが祟ったのか手当ての甲斐なく没した。。角界には「福柳死ス」との電報が届いた。福栁伊三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 服部 幸應

    服部幸應から見たフグフグ

    料理学校「服部学園」の創立者である、服部道政こと染谷栄(服部学園創立者)の子として生まれ、道政の英才教育によって産地の異なるフグやタイの刺身、カラスミを毎日食べさせられ、「味」に開眼したという。服部幸應 フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリアの動物相

    オーストラリアの動物相から見たフグフグ

    大部分のオーストラリアの魚類は海産である。興味深いグループとしてウツボやイットウダイのほか、オスが持つ特化した育児嚢でパートナーの卵を抱くヨウジウオ、タツノオトシゴがあげられる。ハタ類の80種がオーストラリアの海域に分布している。その中には世界最大の硬骨魚類であるタマカイも含まれる。タマカイは体長2.7m、体重400kgになることがある。アジ(ロウニンアジなどの大型種も含む)-銀の群れをなす一群の魚-の50種とフエダイは、商業的釣りにおいて人気がある種である。グレート・バリア・リーフは、スズメダイ、チョウチョウウオ、エンゼルフィッシュ、ハゼ、テンジクダイ、ベラ、モンガラカワハギとニザダイを含む巨大な種類の、小規模から中規模の礁魚の生息地となっている。オニダルマオコゼとフグ、そしてハナミノカサゴは有毒であり、毒性は人間をも死に至らしめる程である。アカエイ科には11種に有毒種がいる。そのうち最大のものはショートテイルスティングレイである(全長最大4.3m)。バラクーダは礁に棲む最大の種の一つである。しかし大きな個体はシガテラ中毒の恐れがあるため食べるべきではない。オーストラリアの動物相 フレッシュアイペディアより)

244件中 81 - 90件表示

「フグ」のニューストピックワード