前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
116件中 1 - 10件表示
  • フグ

    フグから見た伊藤博文

    明治政府も1882年(明治15年)に河豚を食べた者を拘置・科料に処する法令を出した。しかし、その後、下関でフグを食した伊藤博文がそのうまさに感心し(諸説あり)、山口県のみでのフグ食を解禁した。その後フグ食の文化は山口県を中心に全国でも復活し、今日に至っている。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見た下関市

    下関や北九州などでは「ふく」と呼ばれる。縁起をかついで「不遇」につながる「ふぐ」ではなく、「福」につながる「ふく」と呼ぶ。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見た坂東三津五郎 (8代目)

    フグ中毒といえば、歌舞伎役者で人間国宝の八代目坂東三津五郎が、1975年(昭和50年)1月16日、京都南座の初春興行に出演中、好物のトラフグの肝による中毒で急死(68歳)し世間を驚愕させた。この事件では調理した板前にも有罪判決が出て、これも大きな話題になっている( → 詳細は「八代目坂東三津五郎」項の「フグ中毒」節を参照)。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見た厚生労働省

    2005年には佐賀県と嬉野町(現嬉野市)が厚生労働省に、フグ肝を食用として提供出来るよう特区を提案したが、現時点では100%の安全性が保証ができないと判断され却下されている。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見た食品衛生法

    一般消費者に対する未処理フグの販売は禁止されている(食品衛生法第6条第2号参照)。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見た田原良純

    1907年 田原良純が分離に成功したフグ毒をテトロドトキシンと命名。鎮痛作用があることを発見した。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見た猪子吉人

    1887年、高橋順太郎教授(東京帝国大学医学大学薬理学)と助教授の猪子吉人と共にフグ毒の研究を始め、1889年にフグ毒が生魚の体内にあること、水に溶けやすいことなどから、それがタンパク質(酵素)様のものでないことを証明し、毒力表を作成した。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見た高橋順太郎

    1887年、高橋順太郎教授(東京帝国大学医学大学薬理学)と助教授の猪子吉人と共にフグ毒の研究を始め、1889年にフグ毒が生魚の体内にあること、水に溶けやすいことなどから、それがタンパク質(酵素)様のものでないことを証明し、毒力表を作成した。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見た豊臣秀吉

    豊臣政権下の時代に行われた朝鮮出兵の際、兵士にフグによる中毒が続出したため、豊臣秀吉はフグ食禁止令を命じた。徳川氏に政権が変わった後にも、武家では「主家に捧げなければならない命を、己の食い意地で命を落とした輩」として、当主がフグ毒で死んだ場合には家名断絶等の厳しい対応がなされたという。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見た木村庄之助 (24代)

    福岡県戸畑市の巡業先で、知人が差し入れたフグを食べる。帰路の船内で「どうもへんだ、やられたかな」と言い残して昏睡状態に陥り、いったんは回復したかに見えたが間もなく死亡。元関脇の人気力士の突然の死は角界に衝撃を与えた。同席してやはり中毒症状を発した行司の式守義(後の廿四代目木村庄之助)は一命を取り留めている。フグ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
116件中 1 - 10件表示

「フグ」のニューストピックワード