116件中 11 - 20件表示
  • フグ

    フグから見た調理師

    フグ取扱資格は、国内統一資格ではなく都道府県ごとに定められていて、資格名称や資格取得方法に違いがあり、届け出後講習会を受講するだけで資格が与えられる地域もあれば、試験により資格を取得する地域もある。東京都などは、ふぐ調理師試験の受験資格に一般の調理師免許を取得していることが条件の1つとなっている。また、毒のないフグ(サバフグ属のシロサバフグ、クロサバフグ)においても調理にあたり資格が必要である。更に、身欠きフグのみ取扱う場合でも、フグ取扱施設許可等を必要としたり、フグ加工品の販売を行う場合に届出を必要とする地域がある。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見たハマチ

    愛媛県愛南町では陸上養殖が行われている。だが養殖の生産量が急増したのは、当時の水産庁によるトラフグ養殖推進の方針や、熊本県などのように養殖フグ生産地の各自治体による養殖マニュアルが作成された1991年以降である。当時ハマチ・鯛等を養殖していた業者がトラフグ養殖に転換し、生産量が増加した。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見たネコ

    かつてはフグ毒に当たると頭だけ出して地面に埋めれば治るなどの俗信があったが完全な迷信であり全く効果はない。かまどで煮炊きをしていた時代では、煤が鍋に落ちると当たるとも言われていた。人間以外ではネコはフグを食べても中毒しないとも言われるが俗信で、中毒死がしばしばある。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見た南座

    フグ中毒といえば、歌舞伎役者で人間国宝の八代目坂東三津五郎が、1975年(昭和50年)1月16日、京都南座の初春興行に出演中、好物のトラフグの肝による中毒で急死(68歳)し世間を驚愕させた。この事件では調理した板前にも有罪判決が出て、これも大きな話題になっている( → 詳細は「八代目坂東三津五郎」項の「フグ中毒」節を参照)。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見た大阪市

    大阪では「当たると死ぬ」という洒落から「てっぽう(鉄砲)」と呼ぶ。「てっさ(てっぽうのさしみ)」「てっちり(てっぽうのちり鍋)」という料理名はここから来ている。フグ食禁止令のために「テツ」の暗号が用いられたともいわれる。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見た大相撲

    大相撲力士、大正15年 (1926) 12月11日フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見た刑事裁判

    京都で公演中に料亭で肝を四人前食べて中毒死。食通として知られた三津五郎が、渋る板前に「もう一皿、もう一皿」とねだったことが問題になり、危険を承知の上で毒性の高い肝を四人前も食らげた三津五郎がいけなかったのか、フグ調理師免許を持っている板前の包丁さばきがいけなかったのかで、かつてなかった大論争を引き起こした。公判では板前の情状を酌量しつつもその「中毒死の予見可能性」における過失は覆いがたいとして、業務上過失致死罪及び京都府条例違反で執行猶予付きの禁固刑という有罪判決。それまではフグ中毒事件を起こした調理師に刑事裁判で有罪判決が下ることは稀だったことから、この判決は世間を驚かせ、以後「フグ中毒」といえば「三津五郎」の名が必ず引き合いに出されるほどになった。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見た

    (顎歯)がよく発達しており、これが融合した強靭な4つの歯を持つ。主に、海水魚で、汽水や淡水に生息する種もいる。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見たシュードモナス属

    フグの毒化の原因についてはフグ自身がフグ毒を産生しているとみる内因説と餌など外部から取り込まれるとみる外因説があるが、フグ毒は海洋細菌によって産生され食物連鎖によってフグの体内に蓄積されるとみる外因説が有力となっている。もともと有毒渦鞭毛藻などの有毒プランクトンやビブリオ属やシュードモナス属などの一部の真正細菌が生産したものが餌となる貝類やヒトデなどの底性生物を通して生物濃縮され、体内に蓄積されたものと考えられている。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見た名古屋市

    瀬戸内海地方におけるナシフグ・コモンフグ・ヒガンフグ等の別称。「当たれば身の終わり(美濃・尾張)になる」→「尾張といえば名古屋」の連想から「ナゴヤフグ」となったとされる。フグ フレッシュアイペディアより)

116件中 11 - 20件表示

「フグ」のニューストピックワード