116件中 31 - 40件表示
  • フグ

    フグから見たトラフグ

    およそ120種の魚がフグ科に分類される。そのうち食用とする種として、トラフグ、マフグなどが有名。クサフグ、センニンフグなど、体全体に毒がたまる種もおり、このような種は食用には適さない。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見た山口県

    フグは、山口県下関市が本場として知られるが、実際のところ下関はフグの産地というよりは集積地である。下関近海でもフグは獲れるが、それ以上の数のフグが天然物、養殖物ともに日本全国や中国や韓国などの海外からも下関に集められる。下関がフグの本場と言われる所以として、明治期に全国で最初にフグ食が解禁になった地が下関であり(ふぐ料理公許第一号店は下関市の春帆楼。その後、山口県のみフグ食解禁の時期がしばらく続いた)、それ以降、下関には多くのフグ料理店ができ、現在のフグ料理の多くが下関で考え出されたことなどが背景にある。これらに加え、フグは猛毒があるため、水揚げ後の加工が重要であるが、この加工業者、加工場が前述の歴史的背景などから下関に集積している点が大きい。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見たフグ目

    フグ(河豚、鰒、'、、、')は、フグ目、特にフグ科に属する魚の総称。フグ科に属さないフグ(ハコフグ、ハリセンボン)などはフグ目を参照。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見た関脇

    福岡県戸畑市の巡業先で、知人が差し入れたフグを食べる。帰路の船内で「どうもへんだ、やられたかな」と言い残して昏睡状態に陥り、いったんは回復したかに見えたが間もなく死亡。元関脇の人気力士の突然の死は角界に衝撃を与えた。同席してやはり中毒症状を発した行司の式守義(後の廿四代目木村庄之助)は一命を取り留めている。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見た養殖

    高級魚であるため養殖が行われている。養殖もののトラフグは天然ものに比べて尾鰭が短く全体的に黄色を帯びた色である。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見たナシフグ

    瀬戸内海地方におけるナシフグ・コモンフグ・ヒガンフグ等の別称。「当たれば身の終わり(美濃・尾張)になる」→「尾張といえば名古屋」の連想から「ナゴヤフグ」となったとされる。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見た歌舞伎

    フグ中毒といえば、歌舞伎役者で人間国宝の八代目坂東三津五郎が、1975年(昭和50年)1月16日、京都南座の初春興行に出演中、好物のトラフグの肝による中毒で急死(68歳)し世間を驚愕させた。この事件では調理した板前にも有罪判決が出て、これも大きな話題になっている( → 詳細は「八代目坂東三津五郎」項の「フグ中毒」節を参照)。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見た愛媛県

    愛媛県愛南町では陸上養殖が行われている。だが養殖の生産量が急増したのは、当時の水産庁によるトラフグ養殖推進の方針や、熊本県などのように養殖フグ生産地の各自治体による養殖マニュアルが作成された1991年以降である。当時ハマチ・鯛等を養殖していた業者がトラフグ養殖に転換し、生産量が増加した。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見た福岡県

    玄海とらふぐ - 福岡県宗像市の漁港で、従来下関に水揚げしていたフグの一部をブランド化を目指して売り出したもの。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見たアメリカ合衆国

    なお、中国産食品の安全性問題はフグ関連でも発生している。アメリカにおける、中国産のアンコウの切り身でのフグ・フグ毒の混入、及び日本と米国ハワイ州における中国産カワハギの切り身でのフグ・フグ毒の混入が代表例として挙げられる。フグ フレッシュアイペディアより)

116件中 31 - 40件表示

「フグ」のニューストピックワード