116件中 81 - 90件表示
  • フグ

    フグから見た山海経

    2300年前に記された中国の『山海経』にはフグを食べると死ぬとの記載がある。一方、2000年前の日本の貝塚からはフグの骨が発見されており縄文時代から食用にされていたと考えられている。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見た寄生虫

    魚体に寄生虫(代表的なものとしてエラムシ)が付着しやすいため、その対策が養殖業者の課題となっている。ホルマリンによる薬浴が手間のかからない方法であるといわれるが、発ガン物質でもあるホルマリンがフグの身へ残留することや、処理後の廃水を海へ廃棄することによる環境への影響、周辺の魚介類の汚染などが問題視されている。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見たヒトデ

    フグの毒化の原因についてはフグ自身がフグ毒を産生しているとみる内因説と餌など外部から取り込まれるとみる外因説があるが、フグ毒は海洋細菌によって産生され食物連鎖によってフグの体内に蓄積されるとみる外因説が有力となっている。もともと有毒渦鞭毛藻などの有毒プランクトンやビブリオ属やシュードモナス属などの一部の真正細菌が生産したものが餌となる貝類やヒトデなどの底性生物を通して生物濃縮され、体内に蓄積されたものと考えられている。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見た苛性ソーダ

    盗難による悪用防止のため、施錠できる容器に保管して適切に廃棄しなければならない。東京都の条例では、除去したフグの内臓をまず (1) ステンレス製の鍵付き容器に保管し、(2) それを築地の除毒場で焼却し、(3) それを苛性ソーダで中和し、(4) それを地下に埋めることが義務づけられている。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見た角界

    福岡県戸畑市の巡業先で、知人が差し入れたフグを食べる。帰路の船内で「どうもへんだ、やられたかな」と言い残して昏睡状態に陥り、いったんは回復したかに見えたが間もなく死亡。元関脇の人気力士の突然の死は角界に衝撃を与えた。同席してやはり中毒症状を発した行司の式守義(後の廿四代目木村庄之助)は一命を取り留めている。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見た呼吸筋

    摂食直後から3時間程度で症状が現れる。麻痺は驚異的な速度に進行し、24時間以内に死亡する場合が多い。毒の排出は約8時間で終わる。症状としては口や唇にしびれが生じ、それが周りへ広がる。最終的には呼吸筋が麻痺し、呼吸困難から呼吸麻痺が起こり死に至る。意識がなくなることはまずない。毒を含んだフグを食べてから症状が出るまでの時間は早ければ数分で、麻痺は急速に進行する。有効な応急措置はまずは毒を吐かせ、呼吸麻痺に陥った場合は気道確保と人工呼吸を行うことである。時代劇における暗殺描写で、食べた者が吐血するシーンがあるが、これはよりおどろおどろしく見せるための演出であり、そのような症例はない。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見た貝塚

    2300年前に記された中国の『山海経』にはフグを食べると死ぬとの記載がある。一方、2000年前の日本の貝塚からはフグの骨が発見されており縄文時代から食用にされていたと考えられている。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見た萩市

    山口県萩市の巡業先で、部屋の若い力士が調理したちゃんこを食べて中毒死。現役の関脇で、大関取りを目前にしての死だった。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見た熱帯魚

    汽水、淡水性のフグの一部の種は、観賞魚として人気がある(淡水フグ参照)。フグ フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見たマウスユニット

    フグ毒の毒量は「マウスユニット (MU)」(20グラムのネズミを30分で死亡させる量が1マウスユニット)で表される。人間の場合5,000-10,000マウスユニットで致死量に至るが、フグ毒による事故では致死率が5.7%と言われており、他の食中毒よりも圧倒的に致死率が高い。フグ フレッシュアイペディアより)

116件中 81 - 90件表示

「フグ」のニューストピックワード