フサイチパンドラ ニュース&Wiki etc.

フサイチパンドラは日本の競走馬、繁殖牝馬。おもな勝ち鞍はエリザベス女王杯、札幌記念。父サンデーサイレンスのラストクロップ(最終世代)である。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「フサイチパンドラ」のつながり調べ

  • サクラメガワンダー

    サクラメガワンダーから見たフサイチパンドラ

    2007年は京都金杯から始動。先行抜け出しでマイネルスケルツィに並びかけるかと思われたが、追いつくどころか、エイシンドーバーに逆に交わされ3着に敗れた。休養後のマイラーズカップでは、同じような競馬で5着、さらに安田記念では13着に敗れた。続く函館記念では2番人気に推されるも3着に敗れ、同じく北海道で開催される札幌記念に出走を予定していたが、馬インフルエンザ騒動によりレース開催が中止となり、9月2日に延期された。レースでは、中団から進み、最後の直線では外から伸びてきたものの、前を行くフサイチパンドラなどを捕らえられず3着に敗れた。札幌記念後のカシオペアステークスでは、単勝1.4倍の圧倒的1番人気の支持に応え快勝した。カシオペアステークス後は第24回マイルチャンピオンシップに出走登録を行ったが除外され、11月25日のアンドロメダステークスに出走し、単勝1.4倍の圧倒的な1番人気に支持されるが、トップハンデ57.5キロの影響もあり3着だった。11月29日に発表された重賞・オープン特別競走レーティングでは、カシオペアステークスを制したことにより105ポンドの評価を得た。(サクラメガワンダー フレッシュアイペディアより)

  • 第32回エリザベス女王杯

    第32回エリザベス女王杯から見たフサイチパンドラ

    その他の路線からは、前走スワンステークス4着で第30回エリザベス女王杯優勝馬スイープトウショウ、本年の札幌記念優勝馬で第136回天皇賞(秋)を回避して挑む第31回エリザベス女王杯優勝馬フサイチパンドラ、札幌記念4着のディアチャンスなども出走。(第32回エリザベス女王杯 フレッシュアイペディアより)

「フサイチパンドラ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「フサイチパンドラ」のニューストピックワード