前へ 1 2 3
21件中 1 - 10件表示
  • 第31回エリザベス女王杯

    第31回エリザベス女王杯から見たフサイチパンドラフサイチパンドラ

    第31回エリザベス女王杯(だい31かいえりざべすじょおうはい)は、2006年11月12日に京都競馬場(芝、外回り、2,200m)で行われた競馬競走である。カワカミプリンセスが1位入線したが、最後の直線で内側に斜行。12着に降着となり、フサイチパンドラが繰り上がり優勝した。第31回エリザベス女王杯 フレッシュアイペディアより)

  • サンデーサイレンス

    サンデーサイレンスから見たフサイチパンドラフサイチパンドラ

    フサイチパンドラ(エリザベス女王杯)サンデーサイレンス フレッシュアイペディアより)

  • エルグランセニョール

    エルグランセニョールから見たフサイチパンドラフサイチパンドラ

    エルグランセニョール ('''') とはアイルランドの競走馬および種牡馬である。1983年ヨーロッパ最優秀2歳馬、1984年ヨーロッパ年度代表馬、最優秀3歳馬、最優秀マイラー。血統も、全兄にデュハーストステークスを勝ち種牡馬としてブリーダーズカップ・マイル優勝馬ラストタイクーンを出したトライマイベストがいる良血馬である。日本関連では姪のフサイチパンドラが2006年のエリザベス女王杯に優勝した。エルグランセニョール フレッシュアイペディアより)

  • 株式ネット新聞

    株式ネット新聞から見たフサイチパンドラフサイチパンドラ

    銘柄情報の中に当該企業代表などの所有馬競走成績に触れる記事が見られる。(例:図研の記事にはアパパネ、フィールズの記事にはカジノドライヴ、セガサミーにはサトノプログレス、VSNにはフサイチパンドラ株式ネット新聞 フレッシュアイペディアより)

  • サンツェッペリン

    サンツェッペリンから見たフサイチパンドラフサイチパンドラ

    この2着で東京優駿(日本ダービー)の優先出走権を手にし、3歳馬最高峰を目指すことになったが、迎えた東京優駿では、皐月賞2着ながらも9番人気と評価は低かった。レースでは、先行し、逃げたアサクサキングスを捕らえることはできず、勝ったウオッカなど後続にも交わされはしたが4着に粘り、皐月賞に続いて人気を覆した。レース後は放牧に出され、8月18日に帰厩し、秋は神戸新聞杯から菊花賞に出走を予定し、神戸新聞杯の出走1週間前に栗東トレーニングセンター入りし菊花賞出走後まで滞在する見込みであったが、馬インフルエンザ騒動により移動が規制された為に当初のローテーションが白紙化され、9月23日のオールカマーに出走したが、9着に敗れた。さらにその後、第68回菊花賞に出走するものの、14着に大敗した。なお、第1希望で香港ヴァーズ、第2希望で香港カップに予備登録を行っていたが回避した。菊花賞後は第52回有馬記念への出走。しかし、最下位となる15着に敗れた。(16頭の出馬であったがフサイチパンドラが出走取消のため15頭で開催。)サンツェッペリン フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本競馬

    2006年の日本競馬から見たフサイチパンドラフサイチパンドラ

    エリザベス女王杯(京都競馬場・11月12日) 優勝 :フサイチパンドラ(騎手 :福永祐一)2006年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • シェルズレイ

    シェルズレイから見たフサイチパンドラフサイチパンドラ

    2005年10月2日に阪神競馬の新馬戦でデビューし、3戦目で初勝利。阪神ジュベナイルフィリーズに挑戦するも9着に敗れる。2歳最終戦となった500万下条件でフサイチパンドラ、ドラゴンウェルズらのちの活躍馬を相手に勝利しオープン入り。シェルズレイ フレッシュアイペディアより)

  • 第136回天皇賞

    第136回天皇賞から見たフサイチパンドラフサイチパンドラ

    最終登録時点で、出走可能頭数18頭に対し20頭の登録があったが、10月24日時点で富士ステークスからの連闘で出走を予定していたスウィフトカレント、2006年エリザベス女王杯優勝馬で2007年札幌記念優勝馬フサイチパンドラが回避。収得賞金下位のハイアーゲームとマチカネキララも出走を回避し、最終的に16頭が出走した。第136回天皇賞 フレッシュアイペディアより)

  • 第27回ジャパンカップ

    第27回ジャパンカップから見たフサイチパンドラフサイチパンドラ

    ホスト国である日本からは、2007年春秋天皇賞優勝馬メイショウサムソン、2007年ドバイDF・宝塚記念優勝馬アドマイヤムーン、2007年東京優駿優勝馬ウオッカ、2007年皐月賞優勝馬ヴィクトリー、2004年菊花賞・2006年メルボルンカップ優勝馬デルタブルース、2006年シンガポール航空国際カップ優勝馬のコスモバルク、2007年札幌記念・2006年エリザベス女王杯優勝馬のフサイチパンドラの7頭のGI・JpnI馬が参戦。第27回ジャパンカップ フレッシュアイペディアより)

  • 第32回エリザベス女王杯

    第32回エリザベス女王杯から見たフサイチパンドラフサイチパンドラ

    その他の路線からは、前走スワンステークス4着で第30回エリザベス女王杯優勝馬スイープトウショウ、本年の札幌記念優勝馬で第136回天皇賞(秋)を回避して挑む第31回エリザベス女王杯優勝馬フサイチパンドラ、札幌記念4着のディアチャンスなども出走。第32回エリザベス女王杯 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
21件中 1 - 10件表示

「フサイチパンドラ」のニューストピックワード