21件中 11 - 20件表示
  • カワカミプリンセス

    カワカミプリンセスから見たフサイチパンドラフサイチパンドラ

    本番の優駿牝馬では、桜花賞の2着馬で武豊鞍上のアドマイヤキッス、その桜花賞で優勝したキストゥヘヴンに続く3番人気に支持される。道中は中団外目で先頭から5、6番手を追走し、直線では前を行くアサヒライジングを交わして先頭に立つと、フサイチパンドラの追撃を抑えて1着でゴールした。無敗での優駿牝馬(オークス)制覇は、クリフジ、ミツマサ、ミスオンワードに次ぐ49年ぶり史上4頭目のことであった。父のキングヘイローにとっても初のGI産駒となり、スイートピーステークスの出走馬からは(前身のスイートピー賞を含め)初の優駿牝馬(オークス)優勝だった。カワカミプリンセス フレッシュアイペディアより)

  • サクラメガワンダー

    サクラメガワンダーから見たフサイチパンドラフサイチパンドラ

    2007年は京都金杯から始動。先行抜け出しでマイネルスケルツィに並びかけるかと思われたが、追いつくどころか、エイシンドーバーに逆に交わされ3着に敗れた。休養後のマイラーズカップでは、同じような競馬で5着、さらに安田記念では13着に敗れた。続く函館記念では2番人気に推されるも3着に敗れ、同じく北海道で開催される札幌記念に出走を予定していたが、馬インフルエンザ騒動によりレース開催が中止となり、9月2日に延期された。レースでは、中団から進み、最後の直線では外から伸びてきたものの、前を行くフサイチパンドラなどを捕らえられず3着に敗れた。札幌記念後のカシオペアステークスでは、単勝1.4倍の圧倒的1番人気の支持に応え快勝した。カシオペアステークス後は第24回マイルチャンピオンシップに出走登録を行ったが除外され、11月25日のアンドロメダステークスに出走し、単勝1.4倍の圧倒的な1番人気に支持されるが、トップハンデ57.5キロの影響もあり3着だった。11月29日に発表された重賞・オープン特別競走レーティングでは、カシオペアステークスを制したことにより105ポンドの評価を得た。サクラメガワンダー フレッシュアイペディアより)

  • 第104回天皇賞

    第104回天皇賞から見たフサイチパンドラフサイチパンドラ

    第31回エリザベス女王杯 - 1位入線馬カワカミプリンセスが12着に降着となった(優勝馬フサイチパンドラ)。GI競走史上2例目の1位入線馬降着事例。第104回天皇賞 フレッシュアイペディアより)

  • 関口房朗

    関口房朗から見たフサイチパンドラフサイチパンドラ

    フサイチパンドラ(2006年エリザベス女王杯優勝、2007年札幌記念優勝)関口房朗 フレッシュアイペディアより)

  • 降着制度

    降着制度から見たフサイチパンドラフサイチパンドラ

    2006年 - 第31回エリザベス女王杯で1位に入線したカワカミプリンセス(本田優騎乗)が最後の直線で右に斜行し、ヤマニンシュクルの進路を妨害したとして12着に降着となった(繰り上がりで1着となったのはフサイチパンドラ)。降着制度 フレッシュアイペディアより)

  • 白井寿昭

    白井寿昭から見たフサイチパンドラフサイチパンドラ

    フサイチパンドラ(2006年エリザベス女王杯)白井寿昭 フレッシュアイペディアより)

  • ダイワスカーレット

    ダイワスカーレットから見たフサイチパンドラフサイチパンドラ

    秋華賞後はマイルチャンピオンシップへの出走も視野に入れていたが第32回エリザベス女王杯に出走。レース前日まで1番人気だったウオッカがレース当日に出走を取り消したために、最終的には1番人気に支持された。レースではスタートから押し出されるような形で先頭に立つと、最後の直線では前年優勝のフサイチパンドラや前々年優勝のスイープトウショウを抑え1着となった。なお翌週のマイルチャンピオンシップで兄のダイワメジャーが安藤を背に快勝。兄妹による2週連続のGI制覇となった。ダイワスカーレット フレッシュアイペディアより)

  • ノーザンファーム

    ノーザンファームから見たフサイチパンドラフサイチパンドラ

    フサイチパンドラ(2003年産:2006年エリザベス女王杯)ノーザンファーム フレッシュアイペディアより)

  • スイープトウショウ

    スイープトウショウから見たフサイチパンドラフサイチパンドラ

    そして連覇を狙って挑戦したエリザベス女王杯では、最後はいつものように後ろから追い込んで来たものの前を行くカワカミプリンセスとフサイチパンドラを捉えることができず3位に入線(カワカミプリンセスの降着により繰り上がりで2着となった)した。続いての有馬記念では、ゲート入りを嫌い、スタートで出遅れ10着と大敗した。スイープトウショウ フレッシュアイペディアより)

  • 角田晃一

    角田晃一から見たフサイチパンドラフサイチパンドラ

    角田はその後渡辺栄厩舎の定年解散に伴い2004年3月よりフリーへと転向。これにより後にGI馬となるスイープトウショウ、フサイチパンドラの主戦を降ろされる不運に見舞われ、勝ち鞍を大幅に減らした時期があったが、2007年、サマージョッキーズシリーズ初代チャンピオンを獲得し、第21回ワールドスーパージョッキーズシリーズへの出場を果たすなど徐々に騎乗回数を回復し、勝ち鞍も伸ばしていた。角田晃一 フレッシュアイペディアより)

21件中 11 - 20件表示

「フサイチパンドラ」のニューストピックワード