941件中 11 - 20件表示
  • フジテレビジョン

    フジテレビジョンから見た吉永小百合

    1968年11月4日、新感覚の歌謡番組と銘打ち『夜のヒットスタジオ』放送開始。幅広い出演者と歌手の素顔を映し出してゆくという番組構成が視聴者に浸透し、格上の音楽番組として後に評価されるようになる。1974年7月、第1回『FNS歌謡祭』放送。初代司会は小川宏と吉永小百合。当初は賞レース番組であったが、1991年の第20回からはコンサート形式の番組に変更され、出演アーティスト同士のコラボレーション(共演)がメインとして継続している。フジテレビジョン フレッシュアイペディアより)

  • フジテレビジョン

    フジテレビジョンから見た細木数子

    2005年11月 - 『幸せって何だっけ』内で、細木数子が養鶏場で生産される鶏卵について「薬漬けのニワトリが24時間照明を点けられて一日2,3個の卵を産まされている」と発言し、養鶏業者団体から猛抗議を受けた。これを受けフジテレビは後日養鶏業者団体に謝罪し、番組内で細木自らが養鶏業者に出向いた。フジテレビジョン フレッシュアイペディアより)

  • フジテレビジョン

    フジテレビジョンから見たマシ・オカ

    2015年7月25日から26日 - 27時間テレビでスタッフや出演者が「NO FUN NO TV DO HONKY」と書かれたTシャツを着用していたが、「HONKY」が黒人が白人を差別する用語だったことが外部からの指摘で発覚した。記事では「話し言葉と書き言葉はまったく別の問題である。これが日本語だとしても、出演者が番組中で口にするのは許されても、それを公式Tシャツにプリントしたら問題になる言葉は少なくない。しかも欧米では、差別的な言説に対する社会的非難は非常に厳しいものがある」と評されている。これについて、めちゃイケのファンを公言している俳優のマシ・オカも自身のTwitterで指摘している。フジテレビジョン フレッシュアイペディアより)

  • フジテレビジョン

    フジテレビジョンから見たNEWS (グループ)

    2005年11月14日 - ジャニーズ事務所所属のアイドルグループNEWSの未成年メンバーが仙台市内で泥酔し、トラブルを起こし補導された。その後、フジテレビアナウンサーの菊間千乃が、補導された同メンバーが未成年であることを承知で酒席に呼び出していたことが発覚。ジャニーズ事務所は同メンバーを無期限謹慎処分としてNEWSメンバーから外し、研修生に降格とした。一方、フジテレビは同アナに1週間の謹慎処分を下し、同アナの他、酒席に参加していた同局常務など計10名の社員に減給減俸処分を下した。フジテレビジョン フレッシュアイペディアより)

  • フジテレビジョン

    フジテレビジョンから見た高岡奏輔

    2011年8月 - 上記の放送等により、報道姿勢が韓国偏向ではないかと言われることもあったが、同年7月23日に俳優高岡蒼佑がTwitterで「8は今マジで見ない。韓国のTV局かと思う事もしばしば。」といった発言をしたことをきっかけに、これらに影響を受けた団体が8月7日と21日の2度にわたりフジテレビ本社周辺でデモが執り行う事態となった。ただし、高岡はこうしたデモ活動には否定的な見解を述べていた。また、7日は警察のデモ許可を取ってなかった為『散歩』『21日に向けたミーティング』と称していた。このデモは韓国など日本国外メディアでも報じられたが、フジテレビはおろか、国内のメディアは報道しなかった。フジテレビジョン フレッシュアイペディアより)

  • フジテレビジョン

    フジテレビジョンから見た田中邦衛

    1981年10月、後にスペシャル番組としてシリーズ化される『北の国から』がスタート。脚本は倉本聰、主演は田中邦衛。1987年4月、1981年4月より続いた萩本欽一による『欽ドン!』シリーズに代わって、新たにドラマ枠(通称:"月9")を新設。『アナウンサーぷっつん物語』を最初に、『ラジオびんびん物語』、『東京ラブストーリー』、『101回目のプロポーズ』、『ロングバケーション』などの大ヒット作を生み出し、業界ドラマやトレンディードラマブームの火付け役となる。それに伴い、“月9”はドラマ業界の伝説の枠と称されている。2017年4月には、“月9”が枠設立から30周年を迎えた。2003年10月、フジテレビ開局45周年記念番組として、1978年に田宮二郎と山本學の主演で放送された社会派ドラマ『白い巨塔』のリメイク版(唐沢寿明・江口洋介主演)を半年間(2クール)にわたり放送。その他、『ひとつ屋根の下』、『あすなろ白書』、『古畑任三郎』、『HERO』、『ナースのお仕事』、『僕の生きる道』、『西遊記』、『ライフ』、『ガリレオ』、『コード・ブルー』、『マルモのおきて』、『銭の戦争』などといった作品が大ヒットしている。フジテレビジョン フレッシュアイペディアより)

  • フジテレビジョン

    フジテレビジョンから見たおニャン子クラブ

    他のテレビ局と比べてジャニーズ・アイドルグループをレギュラー番組で起用する事が最も多く、2018年現在、ゴールデンタイム・プライムタイム帯に『VS嵐』の1番組、深夜帯に『TOKIOカケル』、『キスマイ超BUSAIKU!?』の2番組、昼帯に『KinKi Kidsのブンブブーン』、『関ジャニ∞クロニクル』、『いただきハイジャンプ』の3番組、合計6番組のレギュラー番組が放送されている。その他、個々でそれぞれのレギュラー番組も放送されている。過去には、『SMAP×SMAP』、『VivaVivaV6』などの番組が放送されていた。また、ジャニーズだけではなく『夕焼けニャンニャン』やおニャン子クラブから秋元康との関わりも深く、同プロデュースのAKB48の2012年の『AKB48第4回選抜総選挙』から『AKB48選抜総選挙』の地上波独占放送の放映権を持っており、『ワイドナショー』、『痛快TV スカッとジャパン』に出演する指原莉乃(HKT48・STU48)など数多くの番組でAKB48グループのメンバーがフジテレビの番組に多数出演している。フジテレビジョン フレッシュアイペディアより)

  • フジテレビジョン

    フジテレビジョンから見た江原啓之

    2008年1月21日 - 2007年に放送された『FNS27時間テレビ』内の企画において、霊能者江原啓之の霊視の結果と編集された放送内容に対し、霊視を受けた人物から抗議を受け、BPOから「非科学的」「出演者への配慮を欠く」と改善意見を受ける。フジテレビは出演者に謝罪し、後日フォローする番組を放送する。また同時に、番組で取り上げるきっかけとなった投稿の手紙がやらせであり、霊視会場にいた観客の過半数がサクラであることも発覚した。フジテレビジョン フレッシュアイペディアより)

  • フジテレビジョン

    フジテレビジョンから見た桑田佳祐

    また、他局と比較して、大物アーティストを司会者として起用して音楽番組を制作することが多く、過去の例では、小室哲哉が『TK MUSIC CLAMP』、つんく♂が『つんくタウン』、DREAMS COME TRUEが『うれしたのし大好き』、桑田佳祐が『桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜』、浜崎あゆみが『ayu ready?』などがあり、主に深夜にレギュラー放送されていた。異色の音楽番組としては、『ボーカロイド歌謡祭』が放送されていた。フジテレビジョン フレッシュアイペディアより)

  • フジテレビジョン

    フジテレビジョンから見たビートたけし

    1987年より、毎年1回、9月上旬の土曜日の夜から翌日の日曜日の夜まで丸1日通して、『FNS27時間テレビ』が放送されている。歴代総合司会者はタモリ、明石家さんま、ビートたけし、島田紳助、ダウンタウン、SMAP、ナインティナインなど。2016年で、放送30回目を迎えた。また、2017年は例年の7月ではなく初めて9月に放送された。フジテレビジョン フレッシュアイペディアより)

941件中 11 - 20件表示

「フジテレビジョン」のニューストピックワード