647件中 41 - 50件表示
  • フジテレビジョン

    フジテレビジョンから見たやすやす

    2012年2月2日 - お笑いコンビずんのやすが『とんねるずのみなさんのおかげでした』の企画で新潟県内のスキー場での収録中にゲレンデを水上スキー用のゴムボートで走行、スピードが出過ぎていたため雪で作った停止点で止まることができず、その先のトタンに腰を強打、腰の骨を折るケガをした。フジテレビジョン フレッシュアイペディアより)

  • フジテレビジョン

    フジテレビジョンから見た平井理央

    1980年代に入ると、バラエティ番組を中心に同局の女性アナウンサーをタレント同然に扱う様子が見受けられるようになる。他の民放局でも同様の傾向は見られるが、フジテレビはそれが顕著で、また、平井理央や宮澤智のように入社以前に何らかの芸能活動を経験しているアナウンサーも多数在籍している(日本のアナウンサーも合わせて参照)さらには、『ラヴシーン』と題した同局アナウンサーによる朗読劇を企画するなど、いち早く「タレント化」とも言える事業展開を行ってきた。フジテレビジョン フレッシュアイペディアより)

  • フジテレビジョン

    フジテレビジョンから見た島田紳助

    2011年8月24日 - 『情報プレゼンター とくダネ!』において、出演者の小倉智昭が島田紳助引退報道に関係するコメントで、暴力団による民事介入暴力を肯定する発言を行い、視聴者やインターネット上で批判の声が上がった。フジテレビジョン フレッシュアイペディアより)

  • フジテレビジョン

    フジテレビジョンから見た倉本聡

    1981年10月、後にスペシャル番組としてシリーズ化される『北の国から』がスタート。脚本は倉本聡、主演は田中邦衛。1987年4月、1981年4月より続いた萩本欽一による『欽ドン!』シリーズに代わって、新たにドラマ枠(通称:"月9")を新設。『アナウンサーぷっつん物語』を最初に、『ラジオびんびん物語』、『東京ラブストーリー』、『101回目のプロポーズ』、『ロングバケーション』などの大ヒット作を生み出し、業界ドラマやトレンディードラマブームの火付け役となる。2003年10月、フジテレビ開局45周年記念番組として、1978年に田宮二郎と山本學の主演で放送された社会派ドラマ『白い巨塔』のリメイク版を半年間(2クール)にわたり放送。フジテレビジョン フレッシュアイペディアより)

  • フジテレビジョン

    フジテレビジョンから見た五社英雄

    五社英雄(元映画部長。退社後は映画監督へ転身)フジテレビジョン フレッシュアイペディアより)

  • フジテレビジョン

    フジテレビジョンから見た宇野康秀

    3月16日 - 日枝会長が記者会見を行いUSENの宇野康秀社長にフジテレビが所有するライブドア持ち株を95億円で全株譲渡しUSENとの業務提携を発表。同時にライブドアとの提携解消とライブドア・ショックにより受けたフジテレビの損害総額345億円の賠償請求を行うことを決定した。フジテレビジョン フレッシュアイペディアより)

  • フジテレビジョン

    フジテレビジョンから見たサッダーム・フセイン

    1985年8月12日の日本航空123便墜落事故では現場が特定困難であった山中から、翌日にテレビで最も早く事故現場の映像を衛星中継上空のヘリコプター経由で中継して伝えた。2003年12月14日のサッダーム・フセイン拘束のニュース速報を、他局に先駆けて伝え、民放で唯一報道特番を組んだ。フジテレビジョン フレッシュアイペディアより)

  • フジテレビジョン

    フジテレビジョンから見たずんずん

    2012年2月2日 - お笑いコンビずんのやすが『とんねるずのみなさんのおかげでした』の企画で新潟県内のスキー場での収録中にゲレンデを水上スキー用のゴムボートで走行、スピードが出過ぎていたため雪で作った停止点で止まることができず、その先のトタンに腰を強打、腰の骨を折るケガをした。フジテレビジョン フレッシュアイペディアより)

  • フジテレビジョン

    フジテレビジョンから見た遠藤周作

    社員に有名人や大手クライアントの子息・孫が多いことで知られる。アナウンサーでは永麻理(1993年退社)や高島彩(2010年退社)、高橋真麻、田淵裕章、生田竜聖、三田友梨佳などが挙げられる。著名な社員では、フジサンケイグループの元議長・鹿内信隆の孫にあたる鹿内植(プロデューサー)や映画監督大島渚・女優小山明子夫妻の息子である大島新(1999年退社、現在は『情熱大陸』なども手掛けるフリーディレクター)、小説家遠藤周作を父に持つ遠藤龍之介(同社取締役)、ミュージシャンかまやつひろしを父に持つ釜萢太郎(現役のシンガーソングライターでもある)、脚本家山田太一の娘である宮本理江子(編成制作局ドラマ制作センター副部長、ドラマディレクター、映画監督)、俳優宇津井健の息子である宇津井隆などがいる。フジテレビジョン フレッシュアイペディアより)

  • フジテレビジョン

    フジテレビジョンから見た三田友梨佳

    社員に有名人や大手クライアントの子息・孫が多いことで知られる。アナウンサーでは永麻理(1993年退社)や高島彩(2010年退社)、高橋真麻、田淵裕章、生田竜聖、三田友梨佳などが挙げられる。著名な社員では、フジサンケイグループの元議長・鹿内信隆の孫にあたる鹿内植(プロデューサー)や映画監督大島渚・女優小山明子夫妻の息子である大島新(1999年退社、現在は『情熱大陸』なども手掛けるフリーディレクター)、小説家遠藤周作を父に持つ遠藤龍之介(同社取締役)、ミュージシャンかまやつひろしを父に持つ釜萢太郎(現役のシンガーソングライターでもある)、脚本家山田太一の娘である宮本理江子(編成制作局ドラマ制作センター副部長、ドラマディレクター、映画監督)、俳優宇津井健の息子である宇津井隆などがいる。フジテレビジョン フレッシュアイペディアより)

647件中 41 - 50件表示