186件中 91 - 100件表示
  • 濱田俊也

    濱田俊也から見たフジ・メディア・ホールディングスフジ・メディア・ホールディングス

    濱田 俊也(はまだ しゅんや、1971年 - )は、日本のテレビプロデューサー、イベントプロデューサー。フジ・メディア・ホールディングス経営企画局担当部長。早稲田大学消費者行動研究所招聘研究員。濱田俊也 フレッシュアイペディアより)

  • 坪田譲治 (フジテレビ)

    坪田譲治 (フジテレビ)から見たフジ・メディア・ホールディングスフジ・メディア・ホールディングス

    2014年6月、放送文化推進局適正業務推進室長兼フジ・メディア・ホールディングス適正業務推進室長。坪田譲治 (フジテレビ) フレッシュアイペディアより)

  • ディノス・セシール

    ディノス・セシールから見たフジ・メディア・ホールディングスフジ・メディア・ホールディングス

    元会社はディノスとセシール(旧・東洋物産)であったが、2009年7月にセシールをライブドアからの株式公開買付け(TOB)により、フジ・メディア・ホールディングス傘下の完全子会社化すると共に、2010年4月に中間持株会社「フジ・ダイレクト・マーケティング」(FDM)を設立し通販事業の経営統合を行った。ディノス・セシール フレッシュアイペディアより)

  • 竹内次也

    竹内次也から見たフジ・メディア・ホールディングスフジ・メディア・ホールディングス

    宮内正喜 (フジテレビ時代の同期、同僚。後に仙台放送と同じ系列局の岡山放送、BSフジ両社長を経て、2017年6月よりフジ・メディア・ホールディングス及びフジテレビ代表取締役社長就任)竹内次也 フレッシュアイペディアより)

  • 孫正義

    孫正義から見たフジ・メディア・ホールディングスフジ・メディア・ホールディングス

    同年、衛星放送プラットフォームの運営会社としてジェイ・スカイ・ビー(JスカイB)をルパート・マードックのニューズ・コーポレーションと折半出資により設立、マードックが会長、自らは社長に就任。この際、旺文社より全国朝日放送(現テレビ朝日ホールディングス)の株式21%を取得するも、翌1997年3月に当時第3位株主だった朝日新聞社に全株式を譲渡して撤退。JスカイBは1997年にソニーとフジテレビジョン(現フジ・メディア・ホールディングス)がイコールパートナーとして資本参加した。孫正義 フレッシュアイペディアより)

  • 八峯テレビ

    八峯テレビから見たフジ・メディア・ホールディングスフジ・メディア・ホールディングス

    1968年(昭和43年)3月9日に設立された。株主は、フジ・メディア・ホールディングスであり、フジサンケイグループの構成企業である。従業員は167名。番組への技術協力のほかにも、フジテレビ系BS放送局BSフジのマスター室運用業務も受託している。また日本テレビ放送網など他局の番組にも技術協力している。八峯テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 大富 (企業)

    大富 (企業)から見たフジ・メディア・ホールディングスフジ・メディア・ホールディングス

    1998年2月 - 大倉商事、フジテレビジョン(現フジ・メディア・ホールディングス)の出資により株式会社大富設立。社名の「大富」は大倉商事とフジ(富士)テレビジョンに由来する。大富 (企業) フレッシュアイペディアより)

  • ネクステップ

    ネクステップから見たフジ・メディア・ホールディングスフジ・メディア・ホールディングス

    2011年12月、親会社であった日本テレワークを合併。合併以前はフジ・メディア・ホールディングス(FMHD)の持分法適用会社であった(日本テレワークがFMHDの持分法適用関連会社だったため)が、フジサンケイグループ(FCG)に属していないという状態であったが、2012年4月FMHDが全株式を取得、FMHDの中核子会社24社のうちの一つ(制作グループ)として扱われ、かつフジサンケイグループ(フジテレビグループ)に属している。ネクステップ フレッシュアイペディアより)

  • 山口剛 (プロデューサー)

    山口剛 (プロデューサー)から見たフジ・メディア・ホールディングスフジ・メディア・ホールディングス

    日枝久 - フジ・メディア・ホールディングス・フジテレビジョン代表取締役会長。杉並高校、早稲田大学時代の友人。山口剛 (プロデューサー) フレッシュアイペディアより)

  • 東海テレビ制作昼の帯ドラマ

    東海テレビ制作昼の帯ドラマから見たフジ・メディア・ホールディングスフジ・メディア・ホールディングス

    東海テレビ制作の昼ドラは、1964年5月にフジテレビの制作要請を受け始まったものである。その理由は、フジテレビのスタッフの多くが東京オリンピックの取材などに回され、人材が不足していたためと言われている。制作体制は東宝テレビ部、泉放送制作、テレパック、国際放映、ビデオフォーカスのテレビ制作プロダクションが実質的な制作に携わり、東海テレビは制作局の東京制作部が企画・人員選定・制作・宣伝を担当し、名古屋本社側は営業・CM送り・提供クレジット、視聴者プレゼントの宛先を担当するのみで、著作権は制作会社にある(このため、2010年10月以後、一部の作品では「制作著作:○○(制作会社名)、制作:東海テレビ放送」とするクレジット字幕を出すこともあるが、大抵は「制作:東海テレビ放送、○○(制作会社名)」とすることが基本的である)。東海テレビの権利が切れるのを待って、系列外を含めたローカル局での遅れ放送(当該地区では実質的な再放送)が実施されている。また、一部作品はCS放送、更にはDlife(ブロードキャスト・サテライト・ディズニー)でも放送されている。2010年1月期に放送された『インディゴの夜』はフジテレビを傘下に置くフジ・メディア・ホールディングスの子会社である共同テレビジョンが当枠で初めて制作に関わった。東海テレビ制作昼の帯ドラマ フレッシュアイペディアより)

186件中 91 - 100件表示

「フジ・メディア・ホールディングス」のニューストピックワード