前へ 1 2
13件中 1 - 10件表示
  • ビジネスデザイン研究所

    ビジネスデザイン研究所から見たフタバ産業フタバ産業

    社内に製造部門は持たず、ロボットの製造は社外にアウトソーシングしていた。実際に製造していたのは、イフボット:フタバ産業、ハローキティロボ:NECアクセステクニカ、PLEO:FOXCONNである。ビジネスデザイン研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚逸夫

    小塚逸夫から見たフタバ産業フタバ産業

    小塚 逸夫(こづか いつお、1943年 - )は、元フタバ産業社長、FICアメリカ会長。愛知県出身。小塚逸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 名鉄東部観光バス

    名鉄東部観光バスから見たフタバ産業フタバ産業

    岡崎線(東岡崎?梅園学校前?橋目?フタバ産業前)名鉄東部観光バス フレッシュアイペディアより)

  • 愛知教育大学附属特別支援学校

    愛知教育大学附属特別支援学校から見たフタバ産業フタバ産業

    名鉄名古屋本線 東岡崎駅から名鉄バス(6番のりば)大樹寺(梅園学校前経由)・岩中・フタバ産業前行きに乗り換え、「梅園学校前」バス停下車北へ約1分愛知教育大学附属特別支援学校 フレッシュアイペディアより)

  • トヨペット・SA型小型乗用車

    トヨペット・SA型小型乗用車から見たフタバ産業フタバ産業

    もともと内装は、無難で地味な色合いとする計画だったが、シート生地検討のため住江織物に協力を依頼したところ、同社の社長から「真っ赤な生地にしたらどうか」というアプレゲール的に強烈な提案を受けた。これがきっかけで、最終的に日本の自動車としては異例なベージュ系統の明るい内装を用いることになったという事情がある。フロントシートはパイプフレームを用いたモダンなセパレートタイプで、フタバ産業が製造した。トヨペット・SA型小型乗用車 フレッシュアイペディアより)

  • 上条町 (安城市)

    上条町 (安城市)から見たフタバ産業フタバ産業

    1889年(明治22年)町村制の施行により平貴村大字上条となる。1906年(明治39年)安城町大字上条、1952年(昭和27年)安城市大字上条、1956年(昭和31年)安城市上条町となる。1960年(昭和35年)西側の一部が安城町の一部と合わせ日の出町となる。日の出町は1964年(昭和39年)に安城市南町の一部も編入している。明治20年代までは綿畑が主流だったが、1931年(昭和6年)西部の荒地に鈴木織布工場、1944年(昭和19年)には軍需産業の名古屋鍛工の工場が作られる。工場跡地は1948年(昭和23年)伏原毛糸紡績の工場となった。1969年(昭和44年)伏原毛糸紡績の工場は自動車部品製造のフタバ産業安城工場に変わった。1990年(平成2年)9月15日、宅地化の進んだ西側の一部が安城東部土地区画整理事業の一環として新町名法連町(現・法蓮町)、東明町、新明町、東新町、浜富町として分立する。上条町 (安城市) フレッシュアイペディアより)

  • 適時開示

    適時開示から見たフタバ産業フタバ産業

    上場会社は、上場の際に証券取引所と契約を取り交わし、証券取引所の定める規程・規則を遵守することを約する。従来は、上場会社が契約に反したとしても社会的制裁がなされる程度であったが、証券取引所が違約金を徴求できるようになった。2010年12月末現在、この処分を受けた上場会社は、デザインエクスチェンジ、メルシャン、アルデプロおよびフタバ産業の4社であり、いずれも決算の訂正等が起因となっており、違約金額はいずれも1,000万円となっている。適時開示 フレッシュアイペディアより)

  • 下落合

    下落合から見たフタバ産業フタバ産業

    1935年3月 - 航空機部品メーカーの関東重工業(後のフタバ産業)が本社工場を開設。協力工場が軒を連ねて活況を呈する。下落合 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ自動車の大規模リコール (2009年-2010年)

    トヨタ自動車の大規模リコール (2009年-2010年)から見たフタバ産業フタバ産業

    2010年1月の販売台数は前月比47%減と大幅減少し、総売上数は9万8796台となり10万台を割ったのは10年ぶりであった。株価にも影響し、1月25日から4日間で15%下落。また関東自動車工業、デンソー、フタバ産業などトヨタ系列企業の株価も下落した。一連のリコール費用総額は1000億円に上るとされる。トヨタ自動車の大規模リコール (2009年-2010年) フレッシュアイペディアより)

  • ブラザー工業

    ブラザー工業から見たフタバ産業フタバ産業

    エンターテイメントロボットのイフボットのデザインをしたことから、イフボットの意匠権を所有している。そのため、2005年に行われた愛・地球博では、「夢みる山」のブラザーゾーン「モノづくり、ユメづくり Brother Output Fantasy」にて、イフボットを使用したショーを出展した。(なお、イフボットの製造はフタバ産業、販売はビジネスデザイン研究所である。)ブラザー工業 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
13件中 1 - 10件表示

「フタバ産業」のニューストピックワード