45件中 11 - 20件表示
  • フタバ産業

    フタバ産業から見た名古屋市

    1957年(昭和32年)5月 - 名古屋市元塩町に名古屋工場を新設。フタバ産業 フレッシュアイペディアより)

  • フタバ産業

    フタバ産業から見た2009年

    2009年(平成21年)、ビジネスデザイン研究所への社内手続きを行わず、凡そ64億円の不正融資を行い未返済額が約17億4,200万円に上ることや、有価証券報告書へ売上原価の過少計上などの虚偽記載が行われたことが発覚し、金融庁から課徴金納付命令が下され1816万9998円を納付した。東京証券取引所からは、有価証券上場規程第404条・第416条第1項違反として、上場違約金1000万円を請求される。同様に名古屋証券取引所からも、改善報告書の徴求がなされた。また一連の問題により、経理担当執行役員が懲戒免職にされている。同社の設置した責任追及委員会は、不正融資時の経営陣に対し約17億円の損害賠償請求を行うよう答申を作成、それに基づき名古屋地裁岡崎支部に損害賠償請求訴訟と、当時の取締役12名に8,000万円の返還を要求した。フタバ産業 フレッシュアイペディアより)

  • フタバ産業

    フタバ産業から見たビジネスデザイン研究所

    2009年(平成21年)、ビジネスデザイン研究所への社内手続きを行わず、凡そ64億円の不正融資を行い未返済額が約17億4,200万円に上ることや、有価証券報告書へ売上原価の過少計上などの虚偽記載が行われたことが発覚し、金融庁から課徴金納付命令が下され1816万9998円を納付した。東京証券取引所からは、有価証券上場規程第404条・第416条第1項違反として、上場違約金1000万円を請求される。同様に名古屋証券取引所からも、改善報告書の徴求がなされた。また一連の問題により、経理担当執行役員が懲戒免職にされている。同社の設置した責任追及委員会は、不正融資時の経営陣に対し約17億円の損害賠償請求を行うよう答申を作成、それに基づき名古屋地裁岡崎支部に損害賠償請求訴訟と、当時の取締役12名に8,000万円の返還を要求した。フタバ産業 フレッシュアイペディアより)

  • フタバ産業

    フタバ産業から見た電元社製作所

    1944年(昭和19年)11月、株式会社電元社製作所(現 電元社:本社神奈川県)が疎開工場として岡崎市中町に電元社製作所岡崎工場を設立。電元社は、三菱重工名古屋航空機製作所より航空機の部品を受注・生産していたが、終戦とともに取引が終了し、岡崎から撤退することになった。そうした中で、電元社の益子史郎(フタバ産業の初代社長)らと三菱重工名古屋航空機製作所の技術者らは自分達の専門分野である電気知識を生かし、また岡崎市の土地建物の有効利用を図るべく、電元社の施設を賃貸する形で1945年(昭和20年)11月1日に資本金200万円でフタバ産業として起業した。フタバ産業 フレッシュアイペディアより)

  • フタバ産業

    フタバ産業から見たダイハツ工業

    マフラーにおいては、トヨタ、日産、ホンダ、スズキ、ダイハツなど多くの完成車メーカー向けに出荷しており、国内トップシェアを誇っている。フタバ産業 フレッシュアイペディアより)

  • フタバ産業

    フタバ産業から見た幸田町

    愛知県額田郡幸田町にある幸田工場が最大の工場で自動車用マフラーを量産している。フタバ産業 フレッシュアイペディアより)

  • フタバ産業

    フタバ産業から見た額田郡

    愛知県額田郡幸田町にある幸田工場が最大の工場で自動車用マフラーを量産している。フタバ産業 フレッシュアイペディアより)

  • フタバ産業

    フタバ産業から見た岡崎市

    フタバ産業株式会社(フタバさんぎょう、Futaba Industrial Co., Ltd. )は、愛知県岡崎市に本社を置くマフラーなど自動車部品の大手メーカー。東京証券取引所及び名古屋証券取引所の第一部に上場している。トヨタ自動車が約12%を出資しており筆頭株主となっている。双葉電子工業の子会社に同名の会社が存在するが、関連は一切ない。フタバ産業 フレッシュアイペディアより)

  • フタバ産業

    フタバ産業から見た豊田市

    1959年(昭和34年)9月 - 豊田市緑ヶ丘に緑工場を新設。フタバ産業 フレッシュアイペディアより)

  • フタバ産業

    フタバ産業から見た田原市

    1980年(昭和55年)3月 - 渥美郡田原町(現 田原市)に田原工場を新設。フタバ産業 フレッシュアイペディアより)

45件中 11 - 20件表示

「フタバ産業」のニューストピックワード