前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示
  • 東京ヴェルディ1969

    東京ヴェルディ1969から見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ラモス体制2年目。選手会長だった柳沢将之を含めて選手を大量に放出。新たに元日本代表の服部年宏、名波浩を始め土屋征夫、佐藤悠介などを獲得。外国籍選手では既に契約を更新していたマルクスが横浜FMへ移籍したが、フッキ、ディエゴを獲得。また、新人選手も7人が加入、結果的に約半数のメンバーが入れ替わった。萩原敏雄代表は「内容が悪ければ早期での解任もありえる」と発言した。東京ヴェルディ1969 フレッシュアイペディアより)

  • ハメス・ロドリゲス

    ハメス・ロドリゲスから見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    2012-13シーズンからハメスは背番号を10番に変更し、シーズンを前にラダメル・ファルカオ、フレディ・グアリン、フッキがクラブを去ったため、スターティングメンバーとして出場する機会が増えた。2012年9月1日に行われたオルハネンセ戦では角度のないところからチップキックでゴールを奪い、ジャクソン・マルティネスのゴールをアシストし、3-2の勝利に貢献した。ベイラ・マル戦ではチームの1ゴール目と2ゴール目をアシストしたハメスは自身もチームの4ゴール目を記録し、4-0の勝利に貢献した。1週間後に行われたリオ・アヴェ戦ではフリーキックからゴールを記録したが、チームは2-2で引き分けた。こうした活躍からハメスは開幕月の8月から11月までの月間最優秀選手に選出された。ハメス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • 北島義生

    北島義生から見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ミドルシュートは枠に行くことは少ない、パス能力に関しても監督から会見でネタにされてしまうなど攻撃的な面での貢献は少ないが、東京ヴェルディ1969戦でフッキにほとんど仕事をさせずに封じ込めるなど、それを補ってあまりある守備力が特徴。また、水戸在籍時から「ここぞ」と言う場面に不思議とゴールを決める(しかもスーパーゴールが多い)事から、一部サポーターからはニュータイプと言われていた。北島義生 フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ・フィリペ・アウヴェス・モンテイロ

    アンドレ・フィリペ・アウヴェス・モンテイロから見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    2010-2011シーズンからFCポルトに復帰したが、フッキ、ラダメル・ファルカオ、クリスティアン・ロドリゲス、シルヴェストレ・ヴァレラ、ハメス・ロドリゲスといった攻撃陣の選手層に阻まれ出場機会を得られず、2011年1月にSCブラガへ期限付き移籍した。ブラガではすぐにスターティングメンバーに定着したが、翌シーズンは負傷によりリーグ戦7試合の出場に留まった。アンドレ・フィリペ・アウヴェス・モンテイロ フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤悠介

    佐藤悠介から見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    2007年はジュニアユース時代に所属していた東京ヴェルディ(当時東京ヴェルディ1969)へ移籍した。名波浩、ゼ・ルイスとポジションが重複、また本来トップ下の大野敏隆も同じポジションでの起用が多く、FKも監督がフッキや服部年宏をキッカーに置く為、出場機会は限られたものであった。シーズン終了後に契約非更新で退団。佐藤悠介 フレッシュアイペディアより)

  • 齋藤将基

    齋藤将基から見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    2006年シーズン前のトライアウトで首脳陣の目に止まり、東京ヴェルディ1969へ加入、7得点を挙げた。2007年はフッキや船越優蔵など新加入選手に出場機会を奪われ、シーズン終了後に戦力外通告を受けた。一時引退を考えたが、名波浩に「もったいない」と言われ合同トライアウトに参加し、沖縄かりゆしFCへ移籍した。シーズン終盤にポジションを掴むが、1年で退団した。齋藤将基 フレッシュアイペディアより)

  • チアゴ・エンリケ・ダ・シウヴァ・ペレイラ

    チアゴ・エンリケ・ダ・シウヴァ・ペレイラから見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    渋谷幕張高校サッカー部の宗像マルコス望監督のセレクションを受け、16歳で単身来日。「千葉のフッキ」の異名をとり、50メートル6秒2のスピードと高いフィジカル能力を兼ね備えるセンターフォワードとして活躍した。チアゴ・エンリケ・ダ・シウヴァ・ペレイラ フレッシュアイペディアより)

  • 井上平

    井上平から見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    2007年、東京ヴェルディ1969に入団。開幕戦である3月4日のザスパ草津戦で、80分に船越優蔵と交代しJリーグデビューを果たし、89分にフッキの得点をアシストした。井上平 フレッシュアイペディアより)

  • 砂川誠

    砂川誠から見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    2006年はこの年に25得点を挙げるフッキ、次いで9得点ずつ挙げる相川進也、石井謙伍らを前線に据え、攻撃的な中盤のポジションを西谷正也と共に担い多くの得点機を演出。自身も年間でキャリアハイとなる公式戦9ゴールを挙げた。シーズン序盤こそ調子が上がらなかったものの、4月15日J2第9節湘南戦でシーズン初ゴールを挙げ、5月27日のJ2第18節柏戦では2002年まで所属した古巣を相手に恩返しゴールを挙げた。7月12日に開催されたJ2第27節でJリーグ通算200試合出場を達成。この試合でも先発出場し勝利に貢献したが対戦相手は奇しくも古巣の柏レイソルだった。同年開催の天皇杯では2回戦以降の全試合に出場。5回戦の新潟戦では2ゴールを挙げるなどクラブ史上同大会初のベスト4入りの原動力となった。砂川誠 フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・デ・ソウザ・ガマ・シルバ

    ディエゴ・デ・ソウザ・ガマ・シルバから見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    2007年、所属元のパルメイラスと移籍金で折り合いが付かず柏を退団し、ウルグアイのCAレンティスタスを経てJ2・東京ヴェルディ1969へ期限付き移籍で入団。FWのフッキとのホットラインでゴールとアシストを量産し、J1昇格に大きく貢献した。翌2008年からは東京Vへ完全移籍となり、チームの大黒柱として活躍。しかしシーズン最終盤にリーグ戦の警告累積による2試合出場停止と、天皇杯・広島戦で暴力行為による退場処分を受けたため2試合出場停止の、計4試合の出場停止となった。攻撃の軸であるディエゴを欠いた東京Vの得点力は急減し、ディエゴ抜きのリーグ戦残り4試合で1点しか得点できず、最終節に1年でのJ2再降格が決定した。ディエゴ・デ・ソウザ・ガマ・シルバ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示

「フッキ」のニューストピックワード