前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示
  • 東京ヴェルディ1969

    東京ヴェルディ1969から見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ラモスが監督に留任したが、選手会長だった柳沢将之を含めて選手を大量に放出。新たに元日本代表の服部年宏、名波浩を始め土屋征夫、佐藤悠介などのベテラン選手を獲得。外国籍選手では既に契約を更新していたマルクスが横浜F・マリノスへ移籍したが、フッキ、ディエゴを獲得。また、新人選手も7人が加入、結果的に約半数のメンバーが入れ替わった。萩原敏雄代表は「内容が悪ければ早期での解任もありえる」と発言した。東京ヴェルディ1969 フレッシュアイペディアより)

  • マルセロ・ゴメス・ソアレス

    マルセロ・ゴメス・ソアレスから見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    来日当初こそ、キャンプでは周りの選手との格の違いを見せつけ、一部の関係者からは「フッキのような選手」という高評価を得ていたが、シーズンが開幕するとなかなか得点を記録できなかった。2009年J2第10節ロアッソ熊本戦でゴールを決めると徐々に復調し、5月30日に行われたJ2第18節水戸ホーリーホック戦では二回目の一試合二得点ゴールを決めた。シーズン最後の2試合では先発出場し2得点を挙げる。特に第50節の徳島戦ではチームの4得点すべてに絡む大活躍を見せた。マルセロ・ゴメス・ソアレス フレッシュアイペディアより)

  • イゴール・デニソフ

    イゴール・デニソフから見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    2012-13シーズンの夏の移籍市場で獲得したフッキやアクセル・ヴィツェルの高額年俸に異を唱え、前週の練習を無断で欠席したうえ、9月26日のクリリヤ・ソヴェトフ・サマーラ戦でも出場を拒否したデニソフは、今回の発言に先立つ23日、共闘して抗議を行ったチームメイトのアレクサンドル・ケルジャコフと共にリザーブチームへの降格を言い渡された。イゴール・デニソフ フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェストレ・ヴァレラ

    シルヴェストレ・ヴァレラから見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    2010-11シーズンは、アンドレ・ビラス・ボアス監督の下でファルカオとフッキと共に3トップを形成し、カップ, UEFAヨーロッパリーグ 2010-11, そしてリーグ戦では1部でキャリアトップとなる10ゴールを決め、無敗優勝の偉業達成とトレブルに大きく貢献した。シルヴェストレ・ヴァレラ フレッシュアイペディアより)

  • フランシスマール・カリオカ・デ・オリベイラ

    フランシスマール・カリオカ・デ・オリベイラから見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    2008年2月、練習に参加していた東京ヴェルディへ入団したが、ここでも出場機会はナビスコカップの1試合のみであり、また4月に川崎フロンターレから移籍してきたフッキに押し出される形で(外国籍選手の登録は3名までのため)クルゼイロECに復帰した。フランシスマール・カリオカ・デ・オリベイラ フレッシュアイペディアより)

  • 中山元気

    中山元気から見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    2005年、出場機会を求めてコンサドーレ札幌へ移籍。翌2006年はフッキが加入し相川進也や石井謙伍が活躍したこともあって出場機会が減少した。しかし、2007年に三浦俊也監督が就任すると、前線での献身的なプレスが評価され主力として活躍、同年度J1昇格に貢献した。2009年戦力外通告を受けた。中山元気 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤悠介

    佐藤悠介から見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    2007年はジュニアユース時代に所属していた東京ヴェルディ(当時東京ヴェルディ1969)へ移籍した。名波浩、ゼ・ルイスとポジションが重複、また本来トップ下の大野敏隆も同じポジションでの起用が多く、FKも監督がフッキや服部年宏をキッカーに置く為、出場機会は限られたものであった。シーズン終了後に契約非更新で退団。佐藤悠介 フレッシュアイペディアより)

  • 北島義生

    北島義生から見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ミドルシュートは枠に行くことは少ない、パス能力に関しても監督から会見でネタにされてしまうなど攻撃的な面での貢献は少ないが、東京ヴェルディ1969戦でフッキにほとんど仕事をさせずに封じ込めるなど、それを補ってあまりある守備力が特徴。また、水戸在籍時から「ここぞ」と言う場面に不思議とゴールを決める(しかもスーパーゴールが多い)事から、一部サポーターからはニュータイプと言われていた。北島義生 フレッシュアイペディアより)

  • ジョアン・トマス

    ジョアン・トマスから見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    2008年7月にはリーガ・デ・オンラ(2部)に降格したばかりのボアヴィスタFCに移籍した。2008-09シーズン開幕から2戦を終えた頃、カタールのアル・アラビ・ドーハと契約交渉を行ったが、移籍は実現せずにボアヴィスタFCに戻った。ボアヴィスタFCは2シーズン連続で降格となり、2009年6月、スーペル・リーガのリオ・アヴェFCに移籍した。2009-10シーズン途中までにリーグ戦では6点、公式戦全体では8点を決めていたが、2010年2月にはアラブ首長国連邦のアル・シャルジャに移籍した。同年7月、リオ・アヴェFCに復帰した。10月30日のスポルティング・ブラガ戦(2-0)で1得点し、同シーズンのリーグ戦初勝利に貢献した。なお、この試合の前半にはペナルティキックを失敗している。2010-11シーズンはFCポルトのウルクに次いで得点ランキング2位の16得点を挙げた。2012年12月にアンゴラ・ジラボーラのレクレアティーボ・リボロに移籍。ジョアン・トマス フレッシュアイペディアより)

  • マーク・オルブライトン

    マーク・オルブライトンから見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    アストン・ヴィラのアカデミーでも類い希なる才能を存分に発揮し、2009年2月26日のUEFAカップ・CSKAモスクワ戦にてトップチームデビューを飾る。また、2009年のピースカップにおいてはアトランテFC戦で得点を挙げ、準決勝のFCポルト戦ではフッキと一触即発の状態となるも勝利に貢献。決勝の舞台(ユヴェントス戦)でもプレー、見事優勝チームのメンバーに名を連ねている。マーク・オルブライトン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示

「フッキ」のニューストピックワード