43件中 11 - 20件表示
  • シルヴェストレ・ヴァレラ

    シルヴェストレ・ヴァレラから見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    2010-11シーズンは、アンドレ・ビラス・ボアス監督の下でファルカオとフッキと共に3トップを形成し、カップ, UEFAヨーロッパリーグ 2010-11, そしてリーグ戦では1部でキャリアトップとなる10ゴールを決め、無敗優勝の偉業達成とトレブルに大きく貢献した。シルヴェストレ・ヴァレラ フレッシュアイペディアより)

  • ジウマール・シウバ・サントス

    ジウマール・シウバ・サントスから見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    2006年シーズン途中に東京ヴェルディへ移籍加入。FWとしてプレーし、18試合9得点と一定の成績は残したが、フッキにはじき出される形で退団。2007年は横浜FCへ移籍したが思うような結果は残せず、さらに怪我の治療でブラジルへ帰国中に交通事故を起こして、ベンチ入りさえできない日々が続いた。その後、2007年8月31日付けでチームを退団し、9月7日に東京ヴェルディへ復帰。主にサイドハーフとして活躍したが、2008年1月をもって契約満了による退団が決定した。ジウマール・シウバ・サントス フレッシュアイペディアより)

  • エルネスト・ファリアス

    エルネスト・ファリアスから見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ポルトでの3シーズンは、リサンドロ・ロペス、フッキ、ラダメル・ファルカオの存在のため、殆どが途中出場にとどまった。そんな中でもリーグ戦23得点を含む公式戦で34得点を記録し、5つの主要タイトル獲得に貢献した。エルネスト・ファリアス フレッシュアイペディアより)

  • 中山元気

    中山元気から見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    2005年、出場機会を求めてコンサドーレ札幌へ移籍。翌2006年はフッキが加入し相川進也や石井謙伍が活躍したこともあって出場機会が減少した。しかし、2007年に三浦俊也監督が就任すると、前線での献身的なプレスが評価され主力として活躍、同年度J1昇格に貢献した。2009年戦力外通告を受けた。中山元気 フレッシュアイペディアより)

  • 田中淳一

    田中淳一から見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    2012年より、川崎フロンターレへ加入。川崎関係者からは左足の強烈なシュートが評価され、「和製フッキだ」と期待を寄せられた。風間八宏監督の下、同年6月30日のJ1第16節・ヴィッセル神戸戦で左サイドバックとしてJリーグデビューした。田中淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 日高拓磨

    日高拓磨から見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    2007年は松本に替わり岸野靖之が新監督に就任。2年連続でJ2日本人得点王となったエースストライカーの新居辰基が退団したものの、前年のJ2で17得点を挙げたアンデルソン、地域リーグで得点を量産した実績を持つレオナルドらが加入しフォワードのポジション争いは激化。更には開幕直前の練習試合中に右足第一末節骨骨折で全治1か月の大けがを負ってしまい 大きく出遅れることとなったが、戦列に復帰後は監督の岸野によってサイドバックにコンバートされると才能が開花。シーズン初出場となった4月29日のJ2第12節東京V戦で初めて右サイドバックとしてスタメン起用されると、当時J2で屈指の攻撃力を誇っていたディエゴやフッキを抑え込む だけに留まらず、藤田祥史の先制点の起点にもなるなど 攻守に渡る活躍で勝利に貢献する。この活躍により以降は左右サイドバックに定着し主力としてリーグ戦を戦い抜いた。シーズン後半の8月16日J2第34節東京V戦では左サイドバックとして先発出場し、前半9分に自陣から相手ゴール前までの約70メートルを駆け上がると高地系治のパスから得点を決め勝利に貢献。この得点が日高の公式戦初ゴールとなった。以降も最終節まで1試合も欠場する事なく不動のサイドバックとして起用され続け、最終的にチームは前年を下回る8位となったものの、日高個人としてはリーグ戦の38試合に出場。このうち37試合でスタメン起用され出場時間はチーム4位の3,370分に到達するなど飛躍のシーズンとなった。また、同年開催の天皇杯にも鳥栖が登場した3回戦以降の全試合に先発で起用されチームの5回戦進出に貢献した。日高拓磨 フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンドル・ケルジャコフ

    アレクサンドル・ケルジャコフから見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    2012-13シーズンの夏の移籍市場で獲得したフッキやアクセル・ヴィツェルの高額年俸に異を唱え、前週の練習を無断で欠席したうえ、9月26日のクリリヤ・ソヴェトフ・サマーラ戦でも出場を拒否したケルジャコフは、今回の発言に先立つ23日、共闘して抗議を行ったチームメイトのイゴール・デニソフと共にリザーブチームへの降格を言い渡された。しかし28日に謝罪し、トップチームに復帰している。アレクサンドル・ケルジャコフ フレッシュアイペディアより)

  • ジョアン・トマス

    ジョアン・トマスから見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    2008年7月にはリーガ・デ・オンラ(2部)に降格したばかりのボアヴィスタFCに移籍した。2008-09シーズン開幕から2戦を終えた頃、カタールのアル・アラビ・ドーハと契約交渉を行ったが、移籍は実現せずにボアヴィスタFCに戻った。ボアヴィスタFCは2シーズン連続で降格となり、2009年6月、スーペル・リーガのリオ・アヴェFCに移籍した。2009-10シーズン途中までにリーグ戦では6点、公式戦全体では8点を決めていたが、2010年2月にはアラブ首長国連邦のアル・シャールジャSCCに移籍した。同年7月、リオ・アヴェFCに復帰した。10月30日のブラガ戦 (2-0) で1得点し、同シーズンのリーグ戦初勝利に貢献した。なお、この試合の前半にはペナルティキックを失敗している。2010-11シーズンはFCポルトのウルクに次いで得点ランキング2位の16得点を挙げた。2012年12月にアンゴラ・ジラボーラのに移籍。ジョアン・トマス フレッシュアイペディアより)

  • マーク・オルブライトン

    マーク・オルブライトンから見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    アストン・ヴィラのアカデミーでも類い希なる才能を存分に発揮し、2009年2月26日のUEFAカップ・CSKAモスクワ戦にてトップチームデビューを飾った。また、2009年のピースカップにおいてはアトランテFC戦で得点を挙げ、準決勝のFCポルト戦ではフッキと一触即発の状態となるも勝利に貢献。決勝の舞台(ユヴェントス戦)でもプレー、優勝チームのメンバーに名を連ねた。マーク・オルブライトン フレッシュアイペディアより)

  • 2008年J1最終節

    2008年J1最終節から見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    自動降格の可能性を持つ3チームは、開幕11試合勝利なし(9敗2分)、勝ち点2の最下位と低迷し、2008年シーズンに就任したばかりのヨジップ・クゼを解任してアレックス・ミラーを迎えて一時は14位まで順位を上げるも、29節以降勝ちなしで17位に再び低迷する千葉、シーズン序盤は中位争いをするも、昇格の原動力の一人であったFWフッキの移籍の穴を埋められず次第に順位を下げていった東京V、攻撃陣に怪我人が続出し、内山篤監督を解任してハンス・オフトを呼び戻すも下位を低迷する磐田と、それぞれに悩みを抱えてまま最終節へもつれ込むこととなった。2008年J1最終節 フレッシュアイペディアより)

43件中 11 - 20件表示

「フッキ」のニューストピックワード