1 2 3 4 5 次へ
43件中 41 - 43件表示
  • FCポルト

    FCポルトから見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    近年は国内リーグにおける強さを維持する一方で主力選手の売却により莫大な移籍金を稼ぎ出しており、ラダメル・ファルカオのアトレティコ・マドリード移籍の際には4000万ユーロ、フッキのFCゼニト・サンクトペテルブルク移籍の際には5000万ユーロ、ハメス・ロドリゲスとジョアン・モウティーニョのASモナコ移籍の際には2人合わせて7000万ユーロの移籍金をそれぞれ獲得している。他にもジャクソン・マルティネスがアトレティコ・マドリードに4200万ユーロで、エリアカン・マンガラがマンチェスター・シティに3200万ポンドで、ダニーロがレアル・マドリードに3150万ユーロで、アレックス・サンドロがユベントスに2200万ユーロで、アンドレ・シウヴァがACミランに3800万ユーロで移籍している。FCポルト フレッシュアイペディアより)

  • 北海道コンサドーレ札幌

    北海道コンサドーレ札幌から見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    創立10周年を迎えた2006年シーズン。柳下体制3年目。川崎からフッキ、千葉から芳賀博信、山形から大塚真司と川崎健太郎、水戸から関隆倫、アルビレックス新潟シンガポールから野本安啓、名古屋からセバスティアンを獲得し、ユースから藤田征也と西大伍が昇格した。北海道コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    その後こだわり続けた4-4-2から3-5-2へとシステムを変更、守備の立て直しを図り、以後は安定して勝ち点を得られるようになった。9月頃からはフッキを1トップに据えた4-5-1へとシステムを変更したがこれが功を奏し、8連勝を記録するなど追い上げを見せ、2位でシーズンを終了。東京VのJ1復帰を成し遂げた。なお、J1昇格を決めたセレッソ大阪戦は、監督に就任してちょうど100試合目(リーグ、ACL、天皇杯を含め)であった。シーズン終了後に監督を退任。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
43件中 41 - 43件表示

「フッキ」のニューストピックワード