前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示
  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見た関塚隆

    2008年に川崎へ復帰したが、開幕戦からシュート数が多かったが結果を出すことが出来ず、チームも勝てない状態が続く。さらには当時の監督・関塚隆と起用法などをめぐり対立、リーグ戦出場わずか2試合という異例の早さで、3月26日に川崎を退団。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見たドゥンガ

    ブラジル代表に初招集された際の監督であるドゥンガはフッキを高く評価しており、ロナウドの後継者になりうると評している。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見た川崎フロンターレ

    登録名の「Hulk」は、彼が少年時代に愛読していたアメリカン・コミック『超人ハルク(The Incredible Hulk)』の主人公ハルクのことで、彼の母親によって付けられたニックネームである。ブラジルでは「Hulk」を「フウキ」のように発音するが、ポルトガルでは「ウルク」に近い発音となる(なおポルトガル語では通常子音の h は発音しない)。日本時代の登録名「フッキ」は、2005年の初来日の際、川崎フロンターレのスタッフが「(ウルクでは)読みにくいから、Hも読もう」と登録名にしたのが始まり。ポルトガル移籍以降は日本語メディアで「ウルク」と表記されることもある。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見たミズノ

    ミズノのスパイク「モレリアneo」を使用している。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見たコンサドーレ札幌

    2006年に川崎へ完全移籍した上で当時J2のコンサドーレ札幌へレンタル移籍。エースストライカーとしてリーグ2位の25得点を挙げた。翌2007年は同じく当時J2の東京ヴェルディ1969へレンタル移籍し、リーグ42試合出場で37得点(J2歴代最多タイ=2004年にジュニーニョが記録)と前年度を上回り、リーグを席巻。東京VのJ1昇格に貢献した。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見た吉原慎也

    警告・退場が非常に多い。札幌在籍時の2006年シーズンは最終的にイエローカード15枚(1試合2枚による退場処分が2回)、レッドカード1枚を受けたほか、練習中にも競り合いでユニフォームをつかんだ西嶋弘之に怒り、スパイクの裏を見せてスライディングしたことが原因で柳下正明監督から退場を命じられたこともあった。東京Vに移籍した2007年シーズンはイエロー14枚(1試合2枚による退場1回)。川崎と東京Vで共にプレーした吉原慎也によれば、「ヴェルディで2年ぶりに会ったら、川崎の時に比べてメンタルはだいぶ成長していた」とのことで、日を追うごとに改善されている様子である。2006年も3度の退場は前半戦。後半戦は1度もなかった。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見たカルロス・アルベルト・カルヴァリョ・ドス・アンジョス・ジュニオル

    2005年2月、川崎フロンターレにレンタル移籍し、18歳で来日。ブラジル時代は主に中盤のポジションでプレーし、川崎でも当初はミッドフィールダー登録でC契約選手であった。当時は、ジュニーニョ、マルクス、アウグストと3人の外国人がいたため、出場機会があまりなかったが、彼らが欠場した試合では、結果を残すなどして活躍。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見た柳下正明

    警告・退場が非常に多い。札幌在籍時の2006年シーズンは最終的にイエローカード15枚(1試合2枚による退場処分が2回)、レッドカード1枚を受けたほか、練習中にも競り合いでユニフォームをつかんだ西嶋弘之に怒り、スパイクの裏を見せてスライディングしたことが原因で柳下正明監督から退場を命じられたこともあった。東京Vに移籍した2007年シーズンはイエロー14枚(1試合2枚による退場1回)。川崎と東京Vで共にプレーした吉原慎也によれば、「ヴェルディで2年ぶりに会ったら、川崎の時に比べてメンタルはだいぶ成長していた」とのことで、日を追うごとに改善されている様子である。2006年も3度の退場は前半戦。後半戦は1度もなかった。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見たルイス・ゴンサレス

    2008-09のポルトガルリーグでは21試合出場でリーグ6位の8得点を挙げるだけでなく、同じチームでチーム得点王の9得点のFWルイス・ゴンサレスやCLで6得点のFWリサンドロ・ロペスなどのアシストをするなど、チームプレーもこなすようになった。UEFAが選出する、UEFAチャンピオンズリーグ 2008-09の「トップ10・ライジングスターズ(注目の若手10選手)」にも選出された。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見たラダメル・ファルカオ

    2010-11シーズンはラダメル・ファルカオと2トップを組み開幕から得点を量産。ヨーロッパリーグプレーオフのヘンク戦でハットトリックを達成するなど、開幕からの公式戦16試合で16得点を記録。2010年9月から2011年1月まで、5ヶ月連続でスーペル・リーガの月間最優秀選手に選ばれた。5ヶ月連続受賞、6度の受賞はともにポルトガル新記録となった。最終的にリーグでは26試合で23得点13アシストを挙げ、得点王を獲得。ヨーロッパリーグでも8得点4アシストの活躍をみせ、ポルトの国内外3冠に貢献した。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示

「フッキ」のニューストピックワード