61件中 11 - 20件表示
  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見たリサンドロ・ロペス

    2008-09のポルトガルリーグでは21試合出場でリーグ6位の8得点を挙げるだけでなく、同じチームでチーム得点王の9得点のFWルイス・ゴンサレスやCLで6得点のFWリサンドロ・ロペスなどのアシストをするなど、チームプレーもこなすようになった。UEFAが選出する、UEFAチャンピオンズリーグ 2008-09の「トップ10・ライジングスターズ(注目の若手10選手)」にも選出された。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見た平本一樹

    東京ヴェルディ時代のチームメートであった平本一樹に、チームをハチャメチャにした男と評されている。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見たマルクス・ビニシウス・デ・モライス

    2005年2月、川崎フロンターレにレンタル移籍し、18歳で来日。ブラジル時代は主に中盤のポジションでプレーし、川崎でも当初はミッドフィールダー登録でC契約選手であった。当時は、ジュニーニョ、マルクス、アウグストと3人の外国人選手がいたため出場機会に恵まれなかったが、彼らが欠場した試合では、結果を残す。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見たヴィトール・ペレイラ

    その一方で個人能力の高さ故に、チームメイトにパスせず、強引にシュートに持ち込むプレーが目立ち、批判もされた。2018年、ビラスボアスが辞任、後任監督にはFCポルトで師事したヴィトール・ペレイラが就任。フッキはキャプテンに就任した。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見たアンドレ・ビラス・ボアス

    2017年、FCポルト、ゼニトで師事したアンドレ・ビラスボアスが監督就任。ダリオ・コンカの退団で背番号「10」番に変更すると本領発揮。圧倒的な個人能力を武器にリーグ戦17得点でリーグベスト11に。ACLでも11試合9得点を記録しクラブのベスト4進出に貢献した。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見たアウグスト・ペドロ・デ・ソウザ

    2005年2月、川崎フロンターレにレンタル移籍し、18歳で来日。ブラジル時代は主に中盤のポジションでプレーし、川崎でも当初はミッドフィールダー登録でC契約選手であった。当時は、ジュニーニョ、マルクス、アウグストと3人の外国人選手がいたため出場機会に恵まれなかったが、彼らが欠場した試合では、結果を残す。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見た北海道コンサドーレ札幌

    2006年に川崎へ完全移籍した上でJ2のコンサドーレ札幌へレンタル移籍、リーグ2位の25得点を挙げる。翌2007年は同じくJ2の東京ヴェルディ1969へレンタル移籍し、リーグ42試合出場で37得点(J2歴代最多タイ=2004年にジュニーニョが記録)と前年度を上回り、東京VのJ1昇格に貢献する。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見たドーハ

    2009年10月、ブラジル代表に初選出され、11月14日、ドーハでのイングランドとの親善試合で代表デビューを果たした。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見た東京ヴェルディ1969

    2006年に川崎へ完全移籍した上でJ2のコンサドーレ札幌へレンタル移籍、リーグ2位の25得点を挙げる。翌2007年は同じくJ2の東京ヴェルディ1969へレンタル移籍し、リーグ42試合出場で37得点(J2歴代最多タイ=2004年にジュニーニョが記録)と前年度を上回り、東京VのJ1昇格に貢献する。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見た東北地方太平洋沖地震

    東北地方太平洋沖地震の3日後、3月14日UDレイリア戦の終了間際にPKを獲得し、自らキッカーとなり得点を決めた。その直後、フッキはゴールを祝福することもなく静かにテレビカメラへと歩み寄り、ユニフォームをめくり上げ「日本、私の心は泣いている。我々は皆さんとともにある。ともに戦おう」というメッセージを送った。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

61件中 11 - 20件表示

「フッキ」のニューストピックワード