51件中 31 - 40件表示
  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見たFCゼニト・サンクトペテルブルク

    2012年9月3日、ロシアサッカー・プレミアリーグのFCゼニト・サンクトペテルブルクに5年契約で移籍。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見たKRCヘンク

    2010-11シーズンはラダメル・ファルカオと2トップを組み開幕から得点を量産。ヨーロッパリーグプレーオフのヘンク戦でハットトリックを達成するなど、開幕からの公式戦16試合で16得点を記録。2010年9月から2011年1月まで、5ヶ月連続でスーペル・リーガの月間最優秀選手に選ばれた。5ヶ月連続受賞、6度の受賞はともにポルトガル新記録となった。最終的にリーグでは26試合で23得点13アシストを挙げ、得点王を獲得。ヨーロッパリーグでも8得点4アシストの活躍をみせ、ポルトの国内外3冠に貢献した。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見た日本プロサッカーリーグ

    2006年に川崎へ完全移籍した上で当時J2のコンサドーレ札幌へレンタル移籍。エースストライカーとしてリーグ2位の25得点を挙げた。翌2007年は同じく当時J2の東京ヴェルディ1969へレンタル移籍し、リーグ42試合出場で37得点(J2歴代最多タイ=2004年にジュニーニョが記録)と前年度を上回り、リーグを席巻。東京VのJ1昇格に貢献した。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見たパライバ州

    ブラジル東部・パライバ州カンピナグランデ生まれ。ヴィラ・ノベンス(ポルトガル)のジュニアユースなどを経て、16歳でECヴィトーリアとプロ契約。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見たレッドカード

    警告・退場が非常に多い。札幌在籍時の2006年シーズンは最終的にイエローカード15枚(1試合2枚による退場処分が2回)、レッドカード1枚を受けたほか、練習中にも競り合いでユニフォームをつかんだ西嶋弘之に怒り、スパイクの裏を見せてスライディングしたことが原因で柳下正明監督から退場を命じられたこともあった。東京Vに移籍した2007年シーズンはイエロー14枚(1試合2枚による退場1回)。川崎と東京Vで共にプレーした吉原慎也によれば、「ヴェルディで2年ぶりに会ったら、川崎の時に比べてメンタルはだいぶ成長していた」とのことで、日を追うごとに改善されている様子である。2006年も3度の退場は前半戦。後半戦は1度もなかった。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見たミッドフィールダー

    2005年2月、川崎フロンターレにレンタル移籍し、18歳で来日。ブラジル時代は主に中盤のポジションでプレーし、川崎でも当初はミッドフィールダー登録でC契約選手であった。当時は、ジュニーニョ、マルクス、アウグストと3人の外国人がいたため、出場機会があまりなかったが、彼らが欠場した試合では、結果を残すなどして活躍。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見たサッカーJ+

    体重は68kgとあるが、雑誌『サッカーJ\+』が本人にインタビューした際の証言では来日時の時点は73kgほど、川崎公式サイトの2005年シーズンのプロフィールでは179cm・79kgとあり、インタビュー当時(2007年7月)の時点では83kg前後だという。「太った」ためではなく「ビルドアップ」したためであるが、特別な筋力トレーニングによるものではなく、日々の練習の中で獲得したものだという。川崎1年目と東京V在籍時では身体付きが全く違っており、川崎1年目当時も決して華奢な方ではなかったが、現在は上半身と臀部がはちきれんばかりにビルドアップされている。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見たウニオン・レイリア

    東北地方太平洋沖地震の3日後、3月14日ウニオン・レイリア戦の終了間際にPKを獲得し、自らキッカーとなり得点を決めた。その直後、フッキはゴールを祝福することもなく静かにテレビカメラへと歩み寄り、ユニフォームをめくり上げ「日本、私の心は泣いている。我々は皆さんとともにある。ともに戦おう」というメッセージを送った。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見たECヴィトーリア

    ブラジル東部・パライバ州カンピナグランデ生まれ。ヴィラ・ノベンス(ポルトガル)のジュニアユースなどを経て、16歳でECヴィトーリアとプロ契約。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見たイエローカード

    警告・退場が非常に多い。札幌在籍時の2006年シーズンは最終的にイエローカード15枚(1試合2枚による退場処分が2回)、レッドカード1枚を受けたほか、練習中にも競り合いでユニフォームをつかんだ西嶋弘之に怒り、スパイクの裏を見せてスライディングしたことが原因で柳下正明監督から退場を命じられたこともあった。東京Vに移籍した2007年シーズンはイエロー14枚(1試合2枚による退場1回)。川崎と東京Vで共にプレーした吉原慎也によれば、「ヴェルディで2年ぶりに会ったら、川崎の時に比べてメンタルはだいぶ成長していた」とのことで、日を追うごとに改善されている様子である。2006年も3度の退場は前半戦。後半戦は1度もなかった。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

51件中 31 - 40件表示

「フッキ」のニューストピックワード