64件中 11 - 20件表示
  • フットサル

    フットサルから見た古代ローマ

    もともと足で球やボールを蹴る行為はサッカーもフットサルも起源や歴史は一緒であり、人類は歴史が始まった頃からこの行為は始まったとされる。例えば、新石器時代(紀元前約1万年前)の現中国地域の地層から石の球が発見されたこと(中国マスコミはこれをサッカーの起源として報道したが、蹴った証拠は見つかっていない)。南米の熱帯雨林で古くから早く生産して作った天然ゴムのボール(これにより南米では早くからボールを蹴るが行われていた)。パタゴニアやアンディスのインディオ文明にて描かれているボールを蹴る人々(紀元前1500年チリのピリマタム、パタゴニアのチョエカ、紀元前800年メキシコのマヤ文明のポク・タ・ポク)。他にも足でボールを蹴る遊戯は、考古学的には、古代エジプト、古代ギリシャ、古代ローマから足でボールを蹴る人物のレリーフが発見されている(紀元前200年古代ギリシャのエピスキロス、紀元前200年古代ローマのパルパツウム)。フットサル フレッシュアイペディアより)

  • フットサル

    フットサルから見たFIFAワールドカップ

    FIFAフットサルワールドカップ - 4年に1回、サッカーW杯の中間年に行われている。各大会には16チームが参加している。フットサル フレッシュアイペディアより)

  • フットサル

    フットサルから見たスペイン

    もう一つは、サッカーの母国イギリスより発祥して、ヨーロッパやアメリカ、オーストラリアなどに広まったインドアサッカーである。インドアサッカーは普通のサッカーと同じボールを使って、壁も使って行われる競技である。ルールや名称も国々によってまちまちで、スペインではフットボール・サラ、ドイツではハレン・フースバル、イタリアではカルチェット、オランダでザールと呼ばれるものがそれに当たる。ヨーロッパでは、ザールのルールを元にしてUEFAがインドアサッカーのルール統一を図った。フットサル フレッシュアイペディアより)

  • フットサル

    フットサルから見たサッカー

    フットサル(Futsal)は、基本的には室内で行われるサッカーに似て非なる競技である。長らく非公式に行われ統一ルールというものが存在しなかったが、1989年に国際サッカー連盟(FIFA) がフットサルも管轄することになり、1994年には世界共通の統一ルールをまとめた。フットサル フレッシュアイペディアより)

  • フットサル

    フットサルから見たマドリード州

    インテルビゥ・ファデサ(マドリード州アルカラ・デ・エナーレス)・・・不動産フットサル フレッシュアイペディアより)

  • フットサル

    フットサルから見たスペイン語

    サッカーを表す「fútbol(スペイン語)」・「futebol(ポルトガル語)」と、室内を表す「salón(スペイン語)」・「salão(ポルトガル語)」の合成語。スペイン語の「fútbol de salón(フットボール・デ・サロン、意味は「室内で行うサッカー」)」の名称が、いつの間にか短く略され、「フットサロ」→「フットサル」と変化して、定着していった。フットサル フレッシュアイペディアより)

  • フットサル

    フットサルから見たガリシア州

    アウトス・ロベージェ・デ・サンティアゴ(ガリシア州サンティアゴ・デ・コンポステーラ)・・・NISSANディーラーフットサル フレッシュアイペディアより)

  • フットサル

    フットサルから見たバレンシア州

    プラジャス・デ・カステジョン(バレンシア州カステリョン)・・・鉄鋼業フットサル フレッシュアイペディアより)

  • フットサル

    フットサルから見たFIFAフットサルワールドカップ

    FIFA世界選手権 1989年、1992年、1996年、2008年フットサル フレッシュアイペディアより)

  • フットサル

    フットサルから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    ドイツでは、「ハーレンフースバル」と呼ばれる壁付のインドアサッカーが、ブンデスリーガの冬の中断期に行われている。この試合には、現役のブンデスリーガの選手やかつてのスター選手が参加している。サッカー大国の中では唯一フットサル代表チームを持たないほど、ドイツではフットサルの普及が遅れていた。しかし2006年に、第1回ドイツフットサル選手権が開催されている。フットサル フレッシュアイペディアより)

64件中 11 - 20件表示

「フットサル」のニューストピックワード