64件中 31 - 40件表示
  • フットサル

    フットサルから見たトレホン・デ・アルドス

    カルニセール・トレホン(マドリード州トレホン・デ・アルドス)・・・FIATディーラーフットサル フレッシュアイペディアより)

  • フットサル

    フットサルから見たルーゴ (スペイン)

    アスカル・ルーゴ(ガリシア州ルーゴ)・・・運送業フットサル フレッシュアイペディアより)

  • フットサル

    フットサルから見たサンパウロ

    まず、一つは南米を中心に発展してきたサロンフットボールである。サロンフットボールとは弾まないボールのことで、「サロンフットボール」は、1930年にウルグアイで考案された。また、ブラジルでも同様のものが考案された。最初の統一ルールは、サンパウロで出版されたものとされている。サロンフットボールは、その後南米全域へと広まっていった。フットサル フレッシュアイペディアより)

  • フットサル

    フットサルから見たあかねSAL☆

    あかねSAL☆』(岡田惠和・なかはら★ももた)フットサル フレッシュアイペディアより)

  • フットサル

    フットサルから見た古代ギリシャ

    もともと足で球やボールを蹴る行為はサッカーもフットサルも起源や歴史は一緒であり、人類は歴史が始まった頃からこの行為は始まったとされる。例えば、新石器時代(紀元前約1万年前)の現中国地域の地層から石の球が発見されたこと(中国マスコミはこれをサッカーの起源として報道したが、蹴った証拠は見つかっていない)。南米の熱帯雨林で古くから早く生産して作った天然ゴムのボール(これにより南米では早くからボールを蹴るが行われていた)。パタゴニアやアンディスのインディオ文明にて描かれているボールを蹴る人々(紀元前1500年チリのピリマタム、パタゴニアのチョエカ、紀元前800年メキシコのマヤ文明のポク・タ・ポク)。他にも足でボールを蹴る遊戯は、考古学的には、古代エジプト、古代ギリシャ、古代ローマから足でボールを蹴る人物のレリーフが発見されている(紀元前200年古代ギリシャのエピスキロス、紀元前200年古代ローマのパルパツウム)。フットサル フレッシュアイペディアより)

  • フットサル

    フットサルから見たバレンシア (スペイン)

    アルミニャーナ・バレンシア(バレンシア州バレンシアフットサル フレッシュアイペディアより)

  • フットサル

    フットサルから見たイギリス

    もう一つは、サッカーの母国イギリスより発祥して、ヨーロッパやアメリカ、オーストラリアなどに広まったインドアサッカーである。インドアサッカーは普通のサッカーと同じボールを使って、壁も使って行われる競技である。ルールや名称も国々によってまちまちで、スペインではフットボール・サラ、ドイツではハレン・フースバル、イタリアではカルチェット、オランダでザールと呼ばれるものがそれに当たる。ヨーロッパでは、ザールのルールを元にしてUEFAがインドアサッカーのルール統一を図った。フットサル フレッシュアイペディアより)

  • フットサル

    フットサルから見た尼崎市

    AFCフットサル選手権 - 毎年行われている。2007年は日本の大阪市と尼崎市で行われた。フットサル フレッシュアイペディアより)

  • フットサル

    フットサルから見たベニカルロ

    ベニカルロ・オンダ・ウルバーナ(バレンシア州ベニカルロ)・・・ケーブルテレビ・ラジオ局フットサル フレッシュアイペディアより)

  • フットサル

    フットサルから見た合成語

    サッカーを表す「fútbol(スペイン語)」・「futebol(ポルトガル語)」と、室内を表す「salón(スペイン語)」・「salão(ポルトガル語)」の合成語。スペイン語の「fútbol de salón(フットボール・デ・サロン、意味は「室内で行うサッカー」)」の名称が、いつの間にか短く略され、「フットサロ」→「フットサル」と変化して、定着していった。フットサル フレッシュアイペディアより)

64件中 31 - 40件表示

「フットサル」のニューストピックワード