フライングアップル ニュース&Wiki etc.

フライングアップルは日本の競走馬である。おもな勝利に中央競馬で2007年に行われた重賞のスプリングステークス(JpnII)がある。馬名の由来は「空飛ぶリンゴ」。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「フライングアップル」のつながり調べ

  • フィールズ (企業)

    フィールズ (企業)から見たフライングアップル

    主な業務内容はパチンコ機・パチスロ機の全国パチンコ店への販売である。また、キャラクターなどの権利を取得してパチンコ・パチスロメーカーに提案している。旧商号は東洋商事株式会社。代表取締役会長の山本英俊は、カジノドライヴやフライングアップル等の競走馬を所有する馬主でもある。(フィールズ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 山本英俊

    山本英俊から見たフライングアップル

    多くの馬を藤沢和雄厩舎に預けているが、これは競走馬育成シミュレーションゲーム・ダービースタリオンで藤沢がモデルである「藤枝厩舎」に預けると、怪我が少なくG1をたくさん勝ってくれるということが影響しているという。また、栗東トレーニングセンター所属の角居勝彦には、藤沢に「関西に預けるなら角居君に預けなさい」と言われて預けている。角居は、山本の頼みでアメリカのセリに出向き、馬を落札している。フライングアップル、サムライタイガース、ミスティックベル、ライオングラスがその一部である。(山本英俊 フレッシュアイペディアより)