36件中 11 - 20件表示
  • フライングアップル

    フライングアップルから見た大阪杯

    2012年はニューイヤーステークスから始動したが見せ場なく12着。続く六甲ステークスでは後方から追い込んでくるものの5着。連闘で挑んだ大阪杯では先行するも9着だった。休養をはさんで8月のUHB賞は後方から追い上げるも5着。フライングアップル フレッシュアイペディアより)

  • フライングアップル

    フライングアップルから見た競走馬の血統

    半弟にナイスミーチュー(父キングカメハメハ、2012年シリウスステークス優勝)がいる。フライングアップル フレッシュアイペディアより)

  • フライングアップル

    フライングアップルから見た重賞

    フライングアップルは日本の競走馬である。おもな勝利に中央競馬で2007年に行われた重賞のスプリングステークス(JpnII)がある。馬名の由来は「空飛ぶリンゴ」。フライングアップル フレッシュアイペディアより)

  • フライングアップル

    フライングアップルから見た皐月賞

    2007年の初戦共同通信杯では、フサイチホウオーと再戦したが3着に敗れる。次走のスプリングステークスでは、きんもくせい特別以来の1番人気に支持される。初騎乗となった横山典弘は今までこの馬が取ってきた好位からのレースではなく、スタートで出遅れた影響もあり後方待機策でレースを進め、重賞初勝利を挙げた。しかし、皐月賞、東京優駿の両レースでは見せ場を作れず、12着、10着に敗れた。3ヶ月間の放牧後に古馬との初対戦となる札幌記念に出走を予定していたが、馬インフルエンザ騒動によりレース開催が中止、9月2日に延期されたため出走を回避し、セントライト記念に出走を変更するも体調が良くなく回避し放牧に出された。その後1年近い放牧から帰厩し、カシオペアステークスに出走したが、7着に敗れた。続く鳴尾記念では8着に敗れた。続くファイナルステークスでは4着だった。フライングアップル フレッシュアイペディアより)

  • フライングアップル

    フライングアップルから見た東京優駿

    2007年の初戦共同通信杯では、フサイチホウオーと再戦したが3着に敗れる。次走のスプリングステークスでは、きんもくせい特別以来の1番人気に支持される。初騎乗となった横山典弘は今までこの馬が取ってきた好位からのレースではなく、スタートで出遅れた影響もあり後方待機策でレースを進め、重賞初勝利を挙げた。しかし、皐月賞、東京優駿の両レースでは見せ場を作れず、12着、10着に敗れた。3ヶ月間の放牧後に古馬との初対戦となる札幌記念に出走を予定していたが、馬インフルエンザ騒動によりレース開催が中止、9月2日に延期されたため出走を回避し、セントライト記念に出走を変更するも体調が良くなく回避し放牧に出された。その後1年近い放牧から帰厩し、カシオペアステークスに出走したが、7着に敗れた。続く鳴尾記念では8着に敗れた。続くファイナルステークスでは4着だった。フライングアップル フレッシュアイペディアより)

  • フライングアップル

    フライングアップルから見たシリウスステークス

    半弟にナイスミーチュー(父キングカメハメハ、2012年シリウスステークス優勝)がいる。フライングアップル フレッシュアイペディアより)

  • フライングアップル

    フライングアップルから見た新馬

    デビュー戦は2006年9月10日、札幌競馬第5競走・芝1800mで行われた2歳新馬戦。騎手は藤沢和雄厩舎所属の塚田祥雄で1番人気(2.1倍)に支持されたもののフサイチオフトラの2着に敗れる。その後、札幌の2歳未勝利戦、福島のきんもくせい特別を連勝し、重賞初挑戦となった東京スポーツ杯2歳ステークスでは4番人気ながらもフサイチホウオーの2着と健闘。次走のGIの朝日杯フューチュリティステークスでは3番人気に支持され4着となり2006年を終える。フライングアップル フレッシュアイペディアより)

  • フライングアップル

    フライングアップルから見た馬インフルエンザ

    2007年の初戦共同通信杯では、フサイチホウオーと再戦したが3着に敗れる。次走のスプリングステークスでは、きんもくせい特別以来の1番人気に支持される。初騎乗となった横山典弘は今までこの馬が取ってきた好位からのレースではなく、スタートで出遅れた影響もあり後方待機策でレースを進め、重賞初勝利を挙げた。しかし、皐月賞、東京優駿の両レースでは見せ場を作れず、12着、10着に敗れた。3ヶ月間の放牧後に古馬との初対戦となる札幌記念に出走を予定していたが、馬インフルエンザ騒動によりレース開催が中止、9月2日に延期されたため出走を回避し、セントライト記念に出走を変更するも体調が良くなく回避し放牧に出された。その後1年近い放牧から帰厩し、カシオペアステークスに出走したが、7着に敗れた。続く鳴尾記念では8着に敗れた。続くファイナルステークスでは4着だった。フライングアップル フレッシュアイペディアより)

  • フライングアップル

    フライングアップルから見た京成杯オータムハンデキャップ

    2010年は初のスプリント戦となる淀短距離ステークスから始動。中団追走から追い上げてエイシンタイガーの2着に入った。続く春雷ステークスでも前走同様の競馬で2着となった。バーデンバーデンカップでは中団追走も直線ではまったく伸びず13着と大敗した。UHB杯では後方から追い込んでくるものの4着だった。京成杯オータムハンデキャップでは2番人気に推され、好位追走から脚を伸ばしてくるも4着、ポートアイランドステークスでは好位キープも後方から追い込んできたダノンヨーヨーにかわされて2着、ラピスラズリステークスでは好位追走も直線で伸びきれず7着、2010アンコールステークスでは14着と惨敗が続いた。フライングアップル フレッシュアイペディアより)

  • フライングアップル

    フライングアップルから見たフサイチホウオー

    デビュー戦は2006年9月10日、札幌競馬第5競走・芝1800mで行われた2歳新馬戦。騎手は藤沢和雄厩舎所属の塚田祥雄で1番人気(2.1倍)に支持されたもののフサイチオフトラの2着に敗れる。その後、札幌の2歳未勝利戦、福島のきんもくせい特別を連勝し、重賞初挑戦となった東京スポーツ杯2歳ステークスでは4番人気ながらもフサイチホウオーの2着と健闘。次走のGIの朝日杯フューチュリティステークスでは3番人気に支持され4着となり2006年を終える。フライングアップル フレッシュアイペディアより)

36件中 11 - 20件表示