1 2 3 4 次へ
36件中 31 - 36件表示
  • フライングアップル

    フライングアップルから見たオーストラリアトロフィー

    2011年はオーストラリアトロフィーから始動したが10着。続くメイステークスでは好スタートから逃げる展開になったが直線で一杯となって15着、バーデンバーデンカップでは好位追走も直線で伸びきれず6着。連闘で夏至ステークスに出走したが、フィフスペトルの8着。朱鷺ステークスでは中団後方から脚を伸ばしてくるも7着、京成杯オータムハンデキャップでは先行するも12着、信越ステークスでは10着、パラダイスステークスでは12着と惨敗が続いた。ファイナルステークスでは後方から追い込んで2着となった。フライングアップル フレッシュアイペディアより)

  • フライングアップル

    フライングアップルから見た古馬

    2007年の初戦共同通信杯では、フサイチホウオーと再戦したが3着に敗れる。次走のスプリングステークスでは、きんもくせい特別以来の1番人気に支持される。初騎乗となった横山典弘は今までこの馬が取ってきた好位からのレースではなく、スタートで出遅れた影響もあり後方待機策でレースを進め、重賞初勝利を挙げた。しかし、皐月賞、東京優駿の両レースでは見せ場を作れず、12着、10着に敗れた。3ヶ月間の放牧後に古馬との初対戦となる札幌記念に出走を予定していたが、馬インフルエンザ騒動によりレース開催が中止、9月2日に延期されたため出走を回避し、セントライト記念に出走を変更するも体調が良くなく回避し放牧に出された。その後1年近い放牧から帰厩し、カシオペアステークスに出走したが、7着に敗れた。続く鳴尾記念では8着に敗れた。続くファイナルステークスでは4着だった。フライングアップル フレッシュアイペディアより)

  • フライングアップル

    フライングアップルから見た競馬の競走格付け

    フライングアップルは日本の競走馬である。おもな勝利に中央競馬で2007年に行われた重賞のスプリングステークス(JpnII)がある。馬名の由来は「空飛ぶリンゴ」。フライングアップル フレッシュアイペディアより)

  • フライングアップル

    フライングアップルから見たファイナルステークス

    2007年の初戦共同通信杯では、フサイチホウオーと再戦したが3着に敗れる。次走のスプリングステークスでは、きんもくせい特別以来の1番人気に支持される。初騎乗となった横山典弘は今までこの馬が取ってきた好位からのレースではなく、スタートで出遅れた影響もあり後方待機策でレースを進め、重賞初勝利を挙げた。しかし、皐月賞、東京優駿の両レースでは見せ場を作れず、12着、10着に敗れた。3ヶ月間の放牧後に古馬との初対戦となる札幌記念に出走を予定していたが、馬インフルエンザ騒動によりレース開催が中止、9月2日に延期されたため出走を回避し、セントライト記念に出走を変更するも体調が良くなく回避し放牧に出された。その後1年近い放牧から帰厩し、カシオペアステークスに出走したが、7着に敗れた。続く鳴尾記念では8着に敗れた。続くファイナルステークスでは4着だった。フライングアップル フレッシュアイペディアより)

  • フライングアップル

    フライングアップルから見た鳴尾記念

    2007年の初戦共同通信杯では、フサイチホウオーと再戦したが3着に敗れる。次走のスプリングステークスでは、きんもくせい特別以来の1番人気に支持される。初騎乗となった横山典弘は今までこの馬が取ってきた好位からのレースではなく、スタートで出遅れた影響もあり後方待機策でレースを進め、重賞初勝利を挙げた。しかし、皐月賞、東京優駿の両レースでは見せ場を作れず、12着、10着に敗れた。3ヶ月間の放牧後に古馬との初対戦となる札幌記念に出走を予定していたが、馬インフルエンザ騒動によりレース開催が中止、9月2日に延期されたため出走を回避し、セントライト記念に出走を変更するも体調が良くなく回避し放牧に出された。その後1年近い放牧から帰厩し、カシオペアステークスに出走したが、7着に敗れた。続く鳴尾記念では8着に敗れた。続くファイナルステークスでは4着だった。フライングアップル フレッシュアイペディアより)

  • フライングアップル

    フライングアップルから見た共同通信杯

    2007年の初戦共同通信杯では、フサイチホウオーと再戦したが3着に敗れる。次走のスプリングステークスでは、きんもくせい特別以来の1番人気に支持される。初騎乗となった横山典弘は今までこの馬が取ってきた好位からのレースではなく、スタートで出遅れた影響もあり後方待機策でレースを進め、重賞初勝利を挙げた。しかし、皐月賞、東京優駿の両レースでは見せ場を作れず、12着、10着に敗れた。3ヶ月間の放牧後に古馬との初対戦となる札幌記念に出走を予定していたが、馬インフルエンザ騒動によりレース開催が中止、9月2日に延期されたため出走を回避し、セントライト記念に出走を変更するも体調が良くなく回避し放牧に出された。その後1年近い放牧から帰厩し、カシオペアステークスに出走したが、7着に敗れた。続く鳴尾記念では8着に敗れた。続くファイナルステークスでは4着だった。フライングアップル フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
36件中 31 - 36件表示