フランス経済 ニュース&Wiki etc.

フランスの経済(仏語: 、英語:)は2008年の名目GDP換算で、アメリカ合衆国、日本、中華人民共和国、ドイツに次いで世界第5位の規模である。フランスは冷戦期において、資本主義陣営に属していたものの、国家が企業を統治する混合経済体制を敷いていた(ディリジスム(en / fr))。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「フランスの経済」のつながり調べ

  • フランソワ・オランド

    フランソワ・オランドから見たフランスの経済

    失業対策や経済政策を重大な公約に掲げて大統領に当選したが、就任以来、フランスの経済は低迷を続けている。財政赤字は公約した国内総生産の3%を超え、失業率も増えて10%を超えている。2013年10月、フランスの調査会社が行った世論調査では、オランドの支持率は24%であった。これは1996年から調査を始めてからの、歴代大統領の中でも最低である。(フランソワ・オランド フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ支払同盟

    ヨーロッパ支払同盟から見たフランスの経済

    第二次世界大戦という災禍によりドイツとフランスの国民総生産は、それぞれ1908年と1891年の水準にまで落ち込んでいた。ナチス勢の関わった国際決済銀行を解体して、荒廃した欧州経済を国際通貨基金が立て直すことには一応の大義名分があった。しかし、アメリカの本音はエッジ法により欧州へ投下した資本を回収したいというものであった。そしてアメリカの持っていたカードはヤング案で介入したモルガン資本であった。そして1871年パリ・コミューン鎮圧後にアドルフ・ティエールがモルガン資本を呼び込んで以来、フランスの経済は自律を妨げられていた。そこでフランスは国際決済銀行の存置を働きかけた。(ヨーロッパ支払同盟 フレッシュアイペディアより)

「フランスの経済」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「フランス経済」のニューストピックワード