前へ 1 2
11件中 1 - 10件表示
  • ヨーロッパ支払同盟

    ヨーロッパ支払同盟から見たフランスの経済フランスの経済

    第二次世界大戦という災禍によりドイツとフランスの国民総生産は、それぞれ1908年と1891年の水準にまで落ち込んでいた。ナチス勢の関わった国際決済銀行を解体して、荒廃した欧州経済を国際通貨基金が立て直すことには一応の大義名分があった。しかし、アメリカの本音はエッジ法により欧州へ投下した資本を回収したいというものであった。そしてアメリカの持っていたカードはヤング案で介入したモルガン資本であった。そして1871年パリ・コミューン鎮圧後にアドルフ・ティエールがモルガン資本を呼び込んで以来、フランスの経済は自律を妨げられていた。そこでフランスは国際決済銀行の存置を働きかけた。ヨーロッパ支払同盟 フレッシュアイペディアより)

  • 預金供託金庫

    預金供託金庫から見たフランスの経済フランスの経済

    1947年5月9日、世界銀行が初めて借款を供与した。その相手はクレディ・ナショナルであり、金額は2億5千万ドルであった。世銀は自身の根拠条約により債券を世界市場へ売却して資金を回収するつもりであったが、全部をそうすることはできなかった。合衆国輸出入銀行等への対外債務が片付いてから、世銀の対仏借款債券はフランス銀行などが引受けるようになった。債券は後に預金供託金庫へ移管された。こうして外債が償却されて、すぐに外資が進出してきた(具体例)。預金供託金庫 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州石炭鉄鋼共同体

    欧州石炭鉄鋼共同体から見たフランスの経済フランスの経済

    西ドイツの対アジア輸出は1952年に8億マルク程度だったのが、1956年に19.95億マルクに増えた。1956年の輸出先ではインドが突出して8.19億マルクであった。このように輸出が伸びた時期にちょうどインド準備銀行が行った外資等の実態における調査は、英米ないし国際機関による投融資が主体であった事実を記録している。西ドイツからの輸入は英米等の直接投資が呼び込んだものと推察される。数字としては成功だが、しかし金融においては当時から英米に主導権を握られていた(フランスが良い例)。欧州石炭鉄鋼共同体 フレッシュアイペディアより)

  • フランス銀行

    フランス銀行から見たフランスの経済フランスの経済

    1716年に経済学者であるジョン・ローが前身の総合銀行(Banque Générale)を設立。1718年に政府が獲得し、王立銀行(Banque Royale)に改称した。18世紀中ごろから主にサン=ドマングの収益性がフランスの経済を支えた。フランス銀行 フレッシュアイペディアより)

  • フランソワ・オランド

    フランソワ・オランドから見たフランスの経済フランスの経済

    失業対策や経済政策を重大な公約に掲げて大統領に当選したが、就任以来、フランスの経済は低迷を続けている。財政赤字は公約した国内総生産の3%を超え、失業率も増えて10%を超えている。2013年10月、フランスの調査会社が行った世論調査では、オランドの支持率は24%であった。これは1996年から調査を始めてからの、歴代大統領の中でも最低である。フランソワ・オランド フレッシュアイペディアより)

  • 国民戦線 (フランス)

    国民戦線 (フランス)から見たフランスの経済フランスの経済

    1972年10月にアルジェリア独立反対派などの右派勢力が集まって、ジャン=マリー・ル・ペンが創設した。結成当初は、弱小政党だったが、1980年代に入りフランスの経済が悪化し失業者が急増すると支持を広げていき選挙ごとに票が増えていった。1986年国民議会議員選挙では選挙制度が比例代表制に変わったことから、270万3442票(9.7パーセント)を得て、35議席獲得した。しかし、それ以降は小選挙区制に戻ったことから、0?1議席と低迷する。1997年以降、景気が回復し失業率が解消され始めると支持率が低下した。さらにル・ペン党首の度重なる暴言や1997年国民議会議員選挙時の社会党候補に対する暴行事件にナンバー2のブルーノ・メグレが反発。また同選挙では1名を当選させたが、公職選挙法違反などで当選無効となった。国民戦線に反対する側がテロを起こしたこともあり、ル・ペンの自宅がダイナマイトで爆破されたこともある。国民戦線 (フランス) フレッシュアイペディアより)

  • 保険

    保険から見たフランスの経済フランスの経済

    1970年代、フランスへ外銀が雪崩れこみ(詳細)、保険の銀行窓口販売がスタートした。保険 フレッシュアイペディアより)

  • 銀本位制

    銀本位制から見たフランスの経済フランスの経済

    このように価格を支えられた銀は、第一次世界大戦下のフランスで輸出が禁じられ、現代まで流通した。ベルギーの銀貨はやや寿命が短く、1955年まで使われた。しかしフランスでは1974年まで、スイスでは1971年まで銀貨が使われた。このころニクソン・ショックが起きている。ブレトンウッズ体制から解き放たれた完全な管理通貨制度において、生産力の鬱積していた銀は市場へ放出された。1980年3月27日、いわゆる銀の木曜日に銀価格は暴落している。銀本位制 フレッシュアイペディアより)

  • 貿易摩擦

    貿易摩擦から見たフランスの経済フランスの経済

    摩擦のピークは1980年代であった。きっかけは1970年代アメリカのスタグフレーションである。合衆国は外需、もっといえば大衆に還元できるような利潤を必要としていた。そこで講じられる手段を日米貿易摩擦に限る理由はなく、摩擦は欧州諸共同体とも農産物・特許等をめぐり激しいものを展開した。資本の自由化が日米欧州三極間(特にフランス)で進行し、ミューチュアル・ファンドをばらまくメガバンクが世界展開した。貿易摩擦 フレッシュアイペディアより)

  • フランス

    フランスから見たフランスの経済フランスの経済

    19世紀および20世紀初頭、世界第2位の植民地帝国を有した。第一次世界大戦において、フランスは三国協商の参加国としてドイツ帝国等の中央同盟国と戦った。第二次世界大戦では連合国に属したが、1940年にナチス・ドイツにより占領された。1944年の解放後、第四共和政が設立された。翌年フランス国立行政学院が設立され、出身者が会計検査院、財務監督官、国務院(内閣法制局兼最高行政裁判所)等で活躍するようになった。検査院出身者らが支配する官僚制は民衆からエナ帝国と呼ばれた。アルジェリア戦争を経てシャルル・ド・ゴールが第五共和政を樹立した。1950年代には原子力産業へ積極的に進出した。技術は軍事利用もされている。原子力部門における主要な会社には、パリバ系のINDATOMや、ロスチャイルド・パリ連合銀行系のCOFINATOME、パリ連合銀行・アルストム・シュナイダーエレクトリック・トムソン=ヒューストン(現ゼネラル・エレクトリック)他多数合弁のFramatome(現アレヴァ)などがある。1960年代にアフリカの植民地を次々に独立させながら、CFAフラン圏を中心に金融・エネルギー面での利権を守った。一方アドルフ・ティエールのときに流入したモルガン資本の電気に強い系譜(ゼネラル・エレクトリックなど)が呼び水となって(ヤング案)、1960年代から1970年代にかけてフランスへ外資の波が押し寄せた(詳細)。オイルショック以降、フランスの政治はコアビタシオンでねじれるようになり、ドゴールのときのように再びソ連と西ドイツを相手として頻繁に交渉した。フランス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
11件中 1 - 10件表示

「フランス経済」のニューストピックワード