前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
148件中 1 - 10件表示
  • フランスの経済

    フランスの経済から見たソシエテ・ジェネラル

    ナチス・ドイツに協力したことを理由に1944年12月に、パ・ド・カレー北部炭坑(後、フランス石炭公社(fr)に改組)、次いでルノー(1945年1月)が国有化された。その後、フランス銀行、四大商業銀行(クレディ・リヨネ(en)、ソシエテ・ジェネラル、全国割引銀行、全国商工業銀行)、34の保険会社などが国有化された。また、電力・ガス供給のために、フランス電力公社とフランスガス公社が設立され、運輸部門では鉄道では、すでに大戦中に国有化されており、エール・フランスが国有化された。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たジャック・シラク

    1981年フランス大統領選挙(en)で選出された社会党出身のフランソワ・ミッテラン(1981?1995年)は1982年に主要企業を国有化することで、事態の打開を図ったものの失敗、実質経済成長率は、1983年に1.2%、1984年に1.5%、1985年に1.7%と停滞、失業率・物価上昇の改善もみられなかった。1985年の国民議会選挙で敗北したため、ミッテランは国民運動連合(UMP)のジャック・シラクを首相に任命した(第1次コアビタシオン)。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たフランステレコム

    1980年代の第1次コアビタシオンの時期に、フランス経済は民営化が進んだものの、ルノーやフランス電力公社、フランスガス公社とスエズが合併したGDFスエズ、フランステレコムといった主要企業にはフランス政府が大株主となっており、混合経済体制の影響は色濃く残っている。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たミシュラン

    フランスには、ルノー、PSA・プジョーシトロエンといった自動車産業、周辺産業として世界1位のシェアを持つミシュランのタイヤが存在する。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たエアバス

    宇宙航空産業、軍需産業の主要企業としてEADSがエアバスの100%親会社として存在し、エアバスが米国のボーイングとしのぎを削っている。また、商業目的としては完全に失敗に終わったが、シュド・アビアシオンは超音速の旅客機コンコルドをイギリスとともに開発、製造した過去を持つ。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たボーイング

    宇宙航空産業、軍需産業の主要企業としてEADSがエアバスの100%親会社として存在し、エアバスが米国のボーイングとしのぎを削っている。また、商業目的としては完全に失敗に終わったが、シュド・アビアシオンは超音速の旅客機コンコルドをイギリスとともに開発、製造した過去を持つ。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たルノー

    1980年代の第1次コアビタシオンの時期に、フランス経済は民営化が進んだものの、ルノーやフランス電力公社、フランスガス公社とスエズが合併したGDFスエズ、フランステレコムといった主要企業にはフランス政府が大株主となっており、混合経済体制の影響は色濃く残っている。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たGDFスエズ

    1980年代の第1次コアビタシオンの時期に、フランス経済は民営化が進んだものの、ルノーやフランス電力公社、フランスガス公社とスエズが合併したGDFスエズ、フランステレコムといった主要企業にはフランス政府が大株主となっており、混合経済体制の影響は色濃く残っている。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たフランス銀行

    ナチス・ドイツに協力したことを理由に1944年12月に、パ・ド・カレー北部炭坑(後、フランス石炭公社(fr)に改組)、次いでルノー(1945年1月)が国有化された。その後、フランス銀行、四大商業銀行(クレディ・リヨネ(en)、ソシエテ・ジェネラル、全国割引銀行、全国商工業銀行)、34の保険会社などが国有化された。また、電力・ガス供給のために、フランス電力公社とフランスガス公社が設立され、運輸部門では鉄道では、すでに大戦中に国有化されており、エール・フランスが国有化された。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たフランスガス公社

    1980年代の第1次コアビタシオンの時期に、フランス経済は民営化が進んだものの、ルノーやフランス電力公社、フランスガス公社とスエズが合併したGDFスエズ、フランステレコムといった主要企業にはフランス政府が大株主となっており、混合経済体制の影響は色濃く残っている。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
148件中 1 - 10件表示

「フランス経済」のニューストピックワード