前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
186件中 1 - 10件表示
  • フランスの経済

    フランスの経済から見たソシエテ・ジェネラル

    ナチス・ドイツに協力したことを理由に1944年12月に、パ・ド・カレー北部炭坑(後、フランス石炭公社(fr)に改組)、次いでルノー(1945年1月)が国有化された。その後、フランス銀行、四大商業銀行(クレディ・リヨネ(en)、ソシエテ・ジェネラル、全国割引銀行、全国商工業銀行)、34の保険会社などが国有化された。また、電力・ガス供給のために、フランス電力公社とフランスガス公社が設立され、運輸部門では鉄道では、すでに大戦中に国有化されており、エール・フランスが国有化された。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たジャック・シラク

    1981年フランス大統領選挙(en)で選出された社会党出身のフランソワ・ミッテラン(1981?1995年)は1982年に主要企業を国有化することで、事態の打開を図ったものの失敗、実質経済成長率は、1983年に1.2%、1984年に1.5%、1985年に1.7%と停滞、失業率・物価上昇の改善もみられなかった。1985年の国民議会選挙で敗北したため、ミッテランは国民運動連合(UMP)のジャック・シラクを首相に任命した(第1次コアビタシオン)。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たOrange (通信会社)

    1980年代の第1次コアビタシオンの時期に、フランス経済は民営化が進んだものの、ルノーやフランス電力、フランスガス公社とスエズが合併したエンジー、Orangeといった主要企業にはフランス政府が大株主となっており、混合経済体制の影響は色濃く残っている。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たミシュラン

    フランスには、ルノー、PSA・プジョーシトロエンといった自動車産業、周辺産業として世界1位のシェアを持つミシュランのタイヤが存在する。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たフランス銀行

    第二次世界大戦以前のフランスの経済の詳細は、フランス銀行と預金供託金庫、および:en:Economic history of Franceを参照。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たチェース・マンハッタン

    金融畑のポンピドゥーは外国銀行に手厚かったし、後継のジスカール・デスタンも同路線を受けついだ。1970年から1977年に外国預金銀行の資産は激増した。以下100万フラン単位で具体例を挙げる。シティバンク893から17282で19.35倍、北欧商業銀行5227から15540で2.97倍、モルガン・ギャランティー3647から12159で3.33倍、バンカメ831から9825で11.82倍、チェース・マンハッタン3619から9799で2.70倍、東京銀行556から4758で8.56倍、バークレイズ501から4710で9.40倍となった。他にモルガン系のケミカルやロックフェラー系のファースト・ボストンもやってきて、それぞれ資産を1977年に52億と30億フランにした。ウェストミンスター銀行も資産を55億フランにした。ブラジル銀行は54億ドルとなった。当時の間接金融離れで成長した米国資本の進出が目立つ。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たバンカメ

    金融畑のポンピドゥーは外国銀行に手厚かったし、後継のジスカール・デスタンも同路線を受けついだ。1970年から1977年に外国預金銀行の資産は激増した。以下100万フラン単位で具体例を挙げる。シティバンク893から17282で19.35倍、北欧商業銀行5227から15540で2.97倍、モルガン・ギャランティー3647から12159で3.33倍、バンカメ831から9825で11.82倍、チェース・マンハッタン3619から9799で2.70倍、東京銀行556から4758で8.56倍、バークレイズ501から4710で9.40倍となった。他にモルガン系のケミカルやロックフェラー系のファースト・ボストンもやってきて、それぞれ資産を1977年に52億と30億フランにした。ウェストミンスター銀行も資産を55億フランにした。ブラジル銀行は54億ドルとなった。当時の間接金融離れで成長した米国資本の進出が目立つ。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たエアバス

    宇宙航空産業、軍需産業の主要企業としてEADSがエアバスの100%親会社として存在し、エアバスが米国のボーイングとしのぎを削っている。また、商業目的としては完全に失敗に終わったが、シュド・アビアシオンは超音速の旅客機コンコルドをイギリスとともに開発、製造した過去を持つ。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たボーイング

    宇宙航空産業、軍需産業の主要企業としてEADSがエアバスの100%親会社として存在し、エアバスが米国のボーイングとしのぎを削っている。また、商業目的としては完全に失敗に終わったが、シュド・アビアシオンは超音速の旅客機コンコルドをイギリスとともに開発、製造した過去を持つ。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たフランス電力

    1980年代の第1次コアビタシオンの時期に、フランス経済は民営化が進んだものの、ルノーやフランス電力、フランスガス公社とスエズが合併したエンジー、Orangeといった主要企業にはフランス政府が大株主となっており、混合経済体制の影響は色濃く残っている。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
186件中 1 - 10件表示

「フランス経済」のニューストピックワード