186件中 91 - 100件表示
  • フランスの経済

    フランスの経済から見た原子力発電所

    フランスは産油国ではないため、原子力発電所に依存している。1973年には、発電量の8%に過ぎなかった原子力発電の発電量の比率は、1980年には24%、1990年には75%、2006年には78%に達している。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たアキテーヌ地域圏

    オーヴェルニュ地域圏、リムーザン地域圏、サントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏は農村地帯であり、アキテーヌ地域圏やシャンパーニュ=アルデンヌ地域圏はブドウの生産が重要な役割を担っている。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たマルサス主義

    第二次世界大戦によりフランスはナチス・ドイツとヴィシー政府(一部・イタリア王国)に分断・支配され、戦場と化し、インフラの整備も遅れ、また破壊されたことより、フランス経済は疲弊した(鉱工業生産指数は1938年=100とした場合、1944年で38)。加えて、マルサス主義に束縛され、19世紀末から20世紀初頭の第二次産業革命の時期に英米独と比較して人口が増加しなかったことが消費市場の狭隘さを生みだし、「人口はほぼ5000万人に停滞、農村的性格を有し」ていた。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たフランス語

    フランスの経済(仏語: 、英語:)は2008年の名目GDP換算で、アメリカ合衆国、日本、中華人民共和国、ドイツに次いで世界第5位の規模である。フランスは冷戦期において、資本主義陣営に属していたものの、国家が企業を統治する混合経済体制を敷いていた(ディリジスム(en / fr))。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見た五月革命 (フランス)

    対英米路線は片手落ちだった。1967年にECSC・EECが発展解消してEC が成立した。EC は公務員の国籍要件を骨抜きにした。国防に直接の関係がないという理由で、国家出資庁が支えている公企業であるにもかかわらず、公共交通機関・電気通信・保険金融といった分野に外国人が登用されていった。そして彼らは外資に対する規制を緩和してゆき、ちょうど1968年の五月革命のころに完全自由化された。はかなくもド・ゴールはイギリスなど4カ国のEC 加盟に反対し続けたが、ECSC という鉄鋼カルテルの呪縛から逃れることはできなかった。任期中の経済成長を新聞に載る程度に浅く論じれば、エネルギー革命により安価な石油が利用できたことや、オフショア市場により世界的好況が演出されたという背景が指摘できる。しかしより直接の原因は巨額の財政支出と外資流入であり、それらは共に鉄鋼カルテルに由来した。1969年、ド・ゴールは辞任した。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たミサイル

    EADSはエアバス・ミリタリーを通して、A400M他の軍用輸送機を生産している他、ダッソー・アビアシオンを通してミラージュ戦闘機シリーズを、ユーロファイターを通して、ユーロファイター タイフーンを生産する他、ミサイルの生産や国際宇宙ステーションなどの計画に参画している。陸では、ネクスターがAMX-30、ルクレール等の戦車を生産している。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たフランス第五共和政

    アルジェリア戦争により、第四共和政から第五共和政に政権は移行し、シャルル・ド・ゴールが大統領に就任した。ド・ゴールの任期中(1958年?1969年)、国内では経済成長につれテレビ・洗濯機・冷蔵庫・自動車等の耐久消費財が普及した。同時代の日本の高度経済成長には及ばないものの、1960年代のフランスは年平均5.7%の経済成長を果たした。これに並行して、イル=ド=フランスなどの経済の中心地域と、西部・南西部・中部といった農村地域との間に経済格差が生まれた。農業の近代化とともに第一次産業の従事者が減少する一方、新しい中間層としてホワイトカラーが増加していった。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たINSEE

    French National Institute for Statistics and Economic Studies (INSEE)フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たマルセイユ

    フランスは、スペインやイタリア、ドイツといった他のEU諸国と異なり、国内の経済格差は顕著ではない。フランス国内で最も重要な地域はパリがあるイル=ド=フランス地域圏、リヨンがあるローヌ=アルプ地域圏、マルセイユがあるプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏、ノール=パ・ド・カレー地域圏、ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏がある。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たフランス第四共和政

    1946年10月に臨時政府から第四共和政に政権が移行したが、引き続き、フランス共産党、SFIO、MRPの三党連立政権(ただし、1947年5月にフランス共産党は政権から離脱)が戦後復興を行うことになるが、物不足の中で輸入超過が進み、外貨不足は深刻となり、物価上昇が進んだ。第二次世界大戦中の共産党の躍進もあり、フランスの共産化を防ぐべく、マーシャル米国務長官はマーシャル・プランを実施、フランスには全体の24%が投下され、国土の復興が図られた。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

186件中 91 - 100件表示

「フランス経済」のニューストピックワード