186件中 101 - 110件表示
  • フランスの経済

    フランスの経済から見たTGV

    フランスの運輸業を担うインフラは、100平方キロメートル当たり146キロメートルの距離がある道路と6.2キロメートルの鉄道に依拠している。パリを中心に、道路・鉄道のネットワークが形成されている。旅客の高速輸送手段として1970年代にパリ-リヨン間で開通したTGVがフランス国内のみならず、ドイツ、ベルギー、イタリアまで運転している。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見た普仏戦争

    普仏戦争、第一次世界大戦、第二次世界大戦の反省から、ジャン・モネの提唱を受けて、1950年5月9日、ロベール・シューマン外相がシューマン宣言を発表、翌1951年にフランス、西ドイツ、イタリア、ベネルクス三国の計6国で欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)が、次いで1957年に欧州経済共同体(EEC)と欧州原子力共同体(EURATOM)が発足した。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見た集積の経済

    そのため規模の利益、範囲の経済、集積の経済、国境の自由化で物流が効率化されたことによるストロー効果などの経済的合理性により産業がドイツに集まり空洞化している。そのため2013年には1976億ユーロの貿易黒字を出し、経済的に好調なドイツとは対照的にフランスは経済成長も低い。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見た国民戦線 (フランス)

    2012年フランス大統領選挙ではフランソワ・オランドが大統領に就任したが、左派である自党の社会党に加え右派のUMPと国民戦線の支持率が拮抗し、混沌とした情勢となっている。左派からは富裕層増税・新自由主義からの脱却・ワークシェアリングの推進が提起され、右派からはイノベーションの推進が提起される状況であり、現在はこうした方針を硬軟両様に織り交ぜながらフランス国民が一体となって新産業を創出していく時代となっている。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たルクレール

    EADSはエアバス・ミリタリーを通して、A400M他の軍用輸送機を生産している他、ダッソー・アビアシオンを通してミラージュ戦闘機シリーズを、ユーロファイターを通して、ユーロファイター タイフーンを生産する他、ミサイルの生産や国際宇宙ステーションなどの計画に参画している。陸では、ネクスターがAMX-30、ルクレール等の戦車を生産している。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見た工業所有権の保護に関するパリ条約

    同年の選挙に勝利したジョルジュ・ポンピドゥー(1969年?1974年)はフランス・フランの切り下げや産業再編を試みた。1973年に大きなできごとが3つ起こった。一つはイギリスのEC加盟である。もう一つはオイルショックであり、フランス経済は高失業・インフレというスタグフレーションに陥った。最後は欧州特許条約である。フランスが大不況期に取りまとめた工業所有権の保護に関するパリ条約は、戦前から電気系企業の要請を受けて改正されてきた。そしてついに欧州特許条約が特則となって、欧州特許庁はECから特許の所管を切り離したのである。1974年4月に白血病でポンピドゥーは死んだ。この前後それぞれ3ヶ月ほどにフランス・フランが非常な人気を呼び、欧州通貨制度を一次離脱したり、銀貨をより安価な金属で置き換えたりした。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たユーロネクスト・パリ

    2004年11月20日、フランス最大の電力会社であるフランス電力公社(EDF、Electricité de France)の株式のうち、国家保有分30%が売却され、ユーロネクスト・パリに上場された。フランス電力公社以外にも、傘下にCNR(fr)等を持つ、エンジー、スペインの エンデサ(SNET経由)といった電力会社が存在する。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たストロー効果

    そのため規模の利益、範囲の経済、集積の経済、国境の自由化で物流が効率化されたことによるストロー効果などの経済的合理性により産業がドイツに集まり空洞化している。そのため2013年には1976億ユーロの貿易黒字を出し、経済的に好調なドイツとは対照的にフランスは経済成長も低い。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見た混合経済

    フランスの経済(仏語: 、英語:)は2008年の名目GDP換算で、アメリカ合衆国、日本、中華人民共和国、ドイツに次いで世界第5位の規模である。フランスは冷戦期において、資本主義陣営に属していたものの、国家が企業を統治する混合経済体制を敷いていた(ディリジスム(en / fr))。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見た2012年フランス大統領選挙

    2012年フランス大統領選挙ではフランソワ・オランドが大統領に就任したが、左派である自党の社会党に加え右派のUMPと国民戦線の支持率が拮抗し、混沌とした情勢となっている。左派からは富裕層増税・新自由主義からの脱却・ワークシェアリングの推進が提起され、右派からはイノベーションの推進が提起される状況であり、現在はこうした方針を硬軟両様に織り交ぜながらフランス国民が一体となって新産業を創出していく時代となっている。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

186件中 101 - 110件表示

「フランス経済」のニューストピックワード