186件中 121 - 130件表示
  • フランスの経済

    フランスの経済から見た甜菜

    フランスはEU最大の農業生産国であり、EUにおける農業生産高の3割を占める。北部は小麦、甜菜が主であり、西部では、乳製品、豚肉、鶏肉などの家禽類、リンゴの生産が主である。中部では牛肉の生産が盛んである。また、中部から南部にかけて果物、野菜、ワイン生産用の葡萄の栽培が盛んである。また、フランスは林業や水産業も盛んである。EUの共通農業政策、ウルグアイ・ラウンドにより、農業の自由化の圧力がかかり、結果として農業部門の改革が進んできている。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見た冷戦

    フランスの経済(仏語: 、英語:)は2008年の名目GDP換算で、アメリカ合衆国、日本、中華人民共和国、ドイツに次いで世界第5位の規模である。フランスは冷戦期において、資本主義陣営に属していたものの、国家が企業を統治する混合経済体制を敷いていた(ディリジスム(en / fr))。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たヴェルサイユ宮殿

    国連世界観光機関の最新の統計によると(世界観光ランキング)、2015年に、フランスには年間約84百万人以上の外国人観光客が世界中から訪れた。観光業はフランス経済に重要な役割を担っている。観光地として、ヴェルサイユ宮殿、モン・サン=ミシェルなどの世界遺産が存在する他、地中海沿岸はリゾート地としても開発されており、ニースやカンヌといった都市、スイス、イタリアにまたがるアルプス山脈が存在する。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏

    フランスは、スペインやイタリア、ドイツといった他のEU諸国と異なり、国内の経済格差は顕著ではない。フランス国内で最も重要な地域はパリがあるイル=ド=フランス地域圏、リヨンがあるローヌ=アルプ地域圏、マルセイユがあるプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏、ノール=パ・ド・カレー地域圏、ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏がある。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たインフレーション

    1946年10月に臨時政府から第四共和政に政権が移行したが、引き続き、フランス共産党、SFIO、MRPの三党連立政権(ただし、1947年5月にフランス共産党は政権から離脱)が戦後復興を行うことになるが、物不足の中で輸入超過が進み、外貨不足は深刻となり、物価上昇が進んだ。第二次世界大戦中の共産党の躍進もあり、フランスの共産化を防ぐべく、マーシャル米国務長官はマーシャル・プランを実施、フランスには全体の24%が投下され、国土の復興が図られた。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見た1981年フランス大統領選挙

    1981年フランス大統領選挙(en)で選出された社会党出身のフランソワ・ミッテラン(1981?1995年)は1982年に主要企業を国有化することで、事態の打開を図ったものの失敗、実質経済成長率は、1983年に1.2%、1984年に1.5%、1985年に1.7%と停滞、失業率・物価上昇の改善もみられなかった。1985年の国民議会選挙で敗北したため、ミッテランは国民運動連合(UMP)のジャック・シラクを首相に任命した(第1次コアビタシオン)。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見た欧州通貨制度

    同年の選挙に勝利したジョルジュ・ポンピドゥー(1969年?1974年)はフランス・フランの切り下げや産業再編を試みた。1973年に大きなできごとが3つ起こった。一つはイギリスのEC加盟である。もう一つはオイルショックであり、フランス経済は高失業・インフレというスタグフレーションに陥った。最後は欧州特許条約である。フランスが大不況期に取りまとめた工業所有権の保護に関するパリ条約は、戦前から電気系企業の要請を受けて改正されてきた。そしてついに欧州特許条約が特則となって、欧州特許庁はECから特許の所管を切り離したのである。1974年4月に白血病でポンピドゥーは死んだ。この前後それぞれ3ヶ月ほどにフランス・フランが非常な人気を呼び、欧州通貨制度を一次離脱したり、銀貨をより安価な金属で置き換えたりした。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たエアバス A400M

    EADSはエアバス・ミリタリーを通して、A400M他の軍用輸送機を生産している他、ダッソー・アビアシオンを通してミラージュ戦闘機シリーズを、ユーロファイターを通して、ユーロファイター タイフーンを生産する他、ミサイルの生産や国際宇宙ステーションなどの計画に参画している。陸では、ネクスターがAMX-30、ルクレール等の戦車を生産している。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見た世界観光機関

    国連世界観光機関の最新の統計によると(世界観光ランキング)、2015年に、フランスには年間約84百万人以上の外国人観光客が世界中から訪れた。観光業はフランス経済に重要な役割を担っている。観光地として、ヴェルサイユ宮殿、モン・サン=ミシェルなどの世界遺産が存在する他、地中海沿岸はリゾート地としても開発されており、ニースやカンヌといった都市、スイス、イタリアにまたがるアルプス山脈が存在する。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たランブイエ

    新たに大統領へ選出されたヴァレリー・ジスカール・デスタン(en)(1974年?1981年)は、1975年に第1回先進国首脳会議をランブイエで開催した。また、フルカート蔵相とレイモン・バール首相が共に緊縮政策を実施した。スタグフレーションは加速してしまい、1977年に鉄鋼業界で前年比の生産実績が急激に落ち込んでいた。営業損失が資本調達費用をいれて40億フランに迫った。1978年6月30日、主要鉄鋼会社の借入金は、Groupement des industries sidérurgiques から110億フラン、銀行から93億フラン、経済社会開発基金から85億フラン、クレディ・ナショナルから12億フランとなった。1974年から1979年の間に極端な原発建設が推進されて35基も新しくできた。1979年に再びオイル・ショックが起こり、1979年に3.5%まで回復した実質経済成長率が1981年には0.9%にまで落ちた。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

186件中 121 - 130件表示

「フランス経済」のニューストピックワード