148件中 11 - 20件表示
  • フランスの経済

    フランスの経済から見たフランソワ・ミッテラン

    1981年フランス大統領選挙(en)で選出された社会党出身のフランソワ・ミッテラン(1981?1995年)は1982年に主要企業を国有化することで、事態の打開を図ったものの失敗、実質経済成長率は、1983年に1.2%、1984年に1.5%、1985年に1.7%と停滞、失業率・物価上昇の改善もみられなかった。1985年の国民議会選挙で敗北したため、ミッテランは国民運動連合(UMP)のジャック・シラクを首相に任命した(第1次コアビタシオン)。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たジャン・モネ

    マーシャル・プランで投下した資本を元に、ジャン・モネが計画・立案したモネ・プラン(第1次計画、1948年?1953年)では、(1)電力、(2)石炭、(3)鉄鋼、(4)セメント、(5)鉄道・運輸、(6)農産物の6部門に重点的に資本を投下した。その結果、1948年には工業・サービス部門が、1950年には農業が1938年を超える水準にまで回復した。しかし、朝鮮戦争を原因とした輸入財の物価上昇が始まり、1950年の7.9%から1952年には2.3%、1952年には3.0%へと低下、貿易赤字も1952年には6,180億ドルに達し、景気は失速していった。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たジョルジュ・ポンピドゥー

    1968年の五月革命の翌年、ド・ゴールの大統領辞任後、1969年フランス大統領選挙(en)に勝利したジョルジュ・ポンピドゥー(1969年?1974年)は経済政策として、フランス・フランの切り下げ、イギリスなどのEC加盟、産業再編を試みた。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たジョージ・マーシャル

    第二次世界大戦中の共産党の躍進もあり、フランスの共産化を防ぐべく、マーシャル米国務長官はマーシャル・プランを実施、フランスには全体の24%が投下され、国土の復興が図られた。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たロベール・シューマン

    普仏戦争、第一次世界大戦、第二次世界大戦の反省から、ジャン・モネの提唱を受けて、1950年5月9日、ロベール・シューマン外相がシューマン宣言を発表、翌1951年にフランス、西ドイツ、イタリア、ベネルクス三国の計6国で欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)が、次いで1957年に欧州経済共同体(EEC)と欧州原子力共同体(EURATOM)が発足した。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たヴァレリー・ジスカール・デスタン

    しかし、第四次中東戦争に端を発したオイルショックの影響により、高度経済成長は終焉を迎え、国内では高失業・インフレというスタグフレーションの状況に陥った。スタグフレーションへの対応の中、ポンピドゥーは白血病で死去し、ヴァレリー・ジスカール・デスタンが大統領に選出された(en)。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たシャルル・ド・ゴール

    アルジェリア戦争により、第四共和政から第五共和政に政権は移行し、シャルル・ド・ゴールが大統領に就任した。ド・ゴールの任期中(1958年?1969年)は、引き続き、エネルギー革命により安価な石油が利用できたこと、世界的な好景気もあり、安定した経済成長が続いた。国内では経済成長につれテレビ、洗濯機、冷蔵庫、自動車といった消費財が普及、消費の拡大がさらなる経済成長を促した。同時代の日本の高度経済成長には及ばないものの、1960年代のフランスは年平均5.7%の経済成長した。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たレイモン・バール

    ジスカール・デスタン(1974年?1981年)は、1975年に第1回先進国首脳会議をランブイエで開催、また、フルカート蔵相の緊縮政策、次いでレイモン・バール首相の緊縮政策でスタグフレーションの克服を実施したものの、1979年に発生した第2次オイル・ショックとぶつかり、1979年に3.5%まで回復した実質経済成長率が1981年には0.9%にまで低迷し、失敗に終わった。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たブドウ

    フランスはEU最大の農業生産国であり、EUにおける農業生産高の3割を占める。北部は小麦、甜菜が主であり、西部では、乳製品、豚肉、鶏肉などの家禽類、リンゴの生産が主である。中部では牛肉の生産が盛んである。また、中部から南部にかけて果物、野菜、ワイン生産用の葡萄の栽培が盛んである。また、フランスは林業や水産業も盛んである。EUの共通農業政策、ウルグアイ・ラウンドにより、農業の自由化の圧力がかかり、結果として農業部門の改革が進んできている。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見た第一次世界大戦

    普仏戦争、第一次世界大戦、第二次世界大戦の反省から、ジャン・モネの提唱を受けて、1950年5月9日、ロベール・シューマン外相がシューマン宣言を発表、翌1951年にフランス、西ドイツ、イタリア、ベネルクス三国の計6国で欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)が、次いで1957年に欧州経済共同体(EEC)と欧州原子力共同体(EURATOM)が発足した。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

148件中 11 - 20件表示

「フランス経済」のニューストピックワード