186件中 71 - 80件表示
  • フランスの経済

    フランスの経済から見たリヨン

    フランスの運輸業を担うインフラは、100平方キロメートル当たり146キロメートルの距離がある道路と6.2キロメートルの鉄道に依拠している。パリを中心に、道路・鉄道のネットワークが形成されている。旅客の高速輸送手段として1970年代にパリ-リヨン間で開通したTGVがフランス国内のみならず、ドイツ、ベルギー、イタリアまで運転している。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たコアビタシオン

    1980年代の第1次コアビタシオンの時期に、フランス経済は民営化が進んだものの、ルノーやフランス電力、フランスガス公社とスエズが合併したエンジー、Orangeといった主要企業にはフランス政府が大株主となっており、混合経済体制の影響は色濃く残っている。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たイル=ド=フランス地域圏

    アルジェリア戦争により、第四共和政から第五共和政に政権は移行し、シャルル・ド・ゴールが大統領に就任した。ド・ゴールの任期中(1958年?1969年)、国内では経済成長につれテレビ・洗濯機・冷蔵庫・自動車等の耐久消費財が普及した。同時代の日本の高度経済成長には及ばないものの、1960年代のフランスは年平均5.7%の経済成長を果たした。これに並行して、イル=ド=フランスなどの経済の中心地域と、西部・南西部・中部といった農村地域との間に経済格差が生まれた。農業の近代化とともに第一次産業の従事者が減少する一方、新しい中間層としてホワイトカラーが増加していった。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たフランス

    フランスの経済(仏語: 、英語:)は2008年の名目GDP換算で、アメリカ合衆国、日本、中華人民共和国、ドイツに次いで世界第5位の規模である。フランスは冷戦期において、資本主義陣営に属していたものの、国家が企業を統治する混合経済体制を敷いていた(ディリジスム(en / fr))。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たユーロファイター

    EADSはエアバス・ミリタリーを通して、A400M他の軍用輸送機を生産している他、ダッソー・アビアシオンを通してミラージュ戦闘機シリーズを、ユーロファイターを通して、ユーロファイター タイフーンを生産する他、ミサイルの生産や国際宇宙ステーションなどの計画に参画している。陸では、ネクスターがAMX-30、ルクレール等の戦車を生産している。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たユーロファイター タイフーン

    EADSはエアバス・ミリタリーを通して、A400M他の軍用輸送機を生産している他、ダッソー・アビアシオンを通してミラージュ戦闘機シリーズを、ユーロファイターを通して、ユーロファイター タイフーンを生産する他、ミサイルの生産や国際宇宙ステーションなどの計画に参画している。陸では、ネクスターがAMX-30、ルクレール等の戦車を生産している。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たコンコルド

    宇宙航空産業、軍需産業の主要企業としてEADSがエアバスの100%親会社として存在し、エアバスが米国のボーイングとしのぎを削っている。また、商業目的としては完全に失敗に終わったが、シュド・アビアシオンは超音速の旅客機コンコルドをイギリスとともに開発、製造した過去を持つ。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たサントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏

    オーヴェルニュ地域圏、リムーザン地域圏、サントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏は農村地帯であり、アキテーヌ地域圏やシャンパーニュ=アルデンヌ地域圏はブドウの生産が重要な役割を担っている。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たノール=パ・ド・カレー地域圏

    フランスは、スペインやイタリア、ドイツといった他のEU諸国と異なり、国内の経済格差は顕著ではない。フランス国内で最も重要な地域はパリがあるイル=ド=フランス地域圏、リヨンがあるローヌ=アルプ地域圏、マルセイユがあるプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏、ノール=パ・ド・カレー地域圏、ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏がある。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見た小麦

    フランスはEU最大の農業生産国であり、EUにおける農業生産高の3割を占める。北部は小麦、甜菜が主であり、西部では、乳製品、豚肉、鶏肉などの家禽類、リンゴの生産が主である。中部では牛肉の生産が盛んである。また、中部から南部にかけて果物、野菜、ワイン生産用の葡萄の栽培が盛んである。また、フランスは林業や水産業も盛んである。EUの共通農業政策、ウルグアイ・ラウンドにより、農業の自由化の圧力がかかり、結果として農業部門の改革が進んできている。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

186件中 71 - 80件表示

「フランス経済」のニューストピックワード