186件中 81 - 90件表示
  • フランスの経済

    フランスの経済から見た1995年フランス大統領選挙

    1995年フランス大統領選挙で勝利したジャック・シラク(1995年?2007年)が大統領に就任した頃には、移民の問題、雇用なき経済回復、若年失業者の増大といった問題が山積していた。シラクは大統領就任早々、ユーロ参加の条件を満たすために財政赤字はGDPの3%未満であること(収斂基準)から、公約として掲げていた財政出動を取り消し、緊縮財政を行い、結果として2002年のユーロ参加につながることになった。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たボルドー

    葡萄の生産が盛んなことから、ブルゴーニュ、シャンパーニュ、ボルドー等の地域でフランスワインの生産が盛んであるが、近年ではフランスワイン生産に対する補助金の削減が行われている。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たペイ・ド・ラ・ロワール地域圏

    フランスは、スペインやイタリア、ドイツといった他のEU諸国と異なり、国内の経済格差は顕著ではない。フランス国内で最も重要な地域はパリがあるイル=ド=フランス地域圏、リヨンがあるローヌ=アルプ地域圏、マルセイユがあるプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏、ノール=パ・ド・カレー地域圏、ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏がある。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たシューマン宣言

    普仏戦争、第一次世界大戦、第二次世界大戦の反省から、ジャン・モネの提唱を受けて、1950年5月9日、ロベール・シューマン外相がシューマン宣言を発表、翌1951年にフランス、西ドイツ、イタリア、ベネルクス三国の計6国で欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)が、次いで1957年に欧州経済共同体(EEC)と欧州原子力共同体(EURATOM)が発足した。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見た果物

    フランスはEU最大の農業生産国であり、EUにおける農業生産高の3割を占める。北部は小麦、甜菜が主であり、西部では、乳製品、豚肉、鶏肉などの家禽類、リンゴの生産が主である。中部では牛肉の生産が盛んである。また、中部から南部にかけて果物、野菜、ワイン生産用の葡萄の栽培が盛んである。また、フランスは林業や水産業も盛んである。EUの共通農業政策、ウルグアイ・ラウンドにより、農業の自由化の圧力がかかり、結果として農業部門の改革が進んできている。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たベネルクス

    普仏戦争、第一次世界大戦、第二次世界大戦の反省から、ジャン・モネの提唱を受けて、1950年5月9日、ロベール・シューマン外相がシューマン宣言を発表、翌1951年にフランス、西ドイツ、イタリア、ベネルクス三国の計6国で欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)が、次いで1957年に欧州経済共同体(EEC)と欧州原子力共同体(EURATOM)が発足した。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たスイス

    国連世界観光機関の最新の統計によると(世界観光ランキング)、2015年に、フランスには年間約84百万人以上の外国人観光客が世界中から訪れた。観光業はフランス経済に重要な役割を担っている。観光地として、ヴェルサイユ宮殿、モン・サン=ミシェルなどの世界遺産が存在する他、地中海沿岸はリゾート地としても開発されており、ニースやカンヌといった都市、スイス、イタリアにまたがるアルプス山脈が存在する。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たリムーザン地域圏

    オーヴェルニュ地域圏、リムーザン地域圏、サントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏は農村地帯であり、アキテーヌ地域圏やシャンパーニュ=アルデンヌ地域圏はブドウの生産が重要な役割を担っている。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たエネルギー革命

    対英米路線は片手落ちだった。1967年にECSC・EECが発展解消してEC が成立した。EC は公務員の国籍要件を骨抜きにした。国防に直接の関係がないという理由で、国家出資庁が支えている公企業であるにもかかわらず、公共交通機関・電気通信・保険金融といった分野に外国人が登用されていった。そして彼らは外資に対する規制を緩和してゆき、ちょうど1968年の五月革命のころに完全自由化された。はかなくもド・ゴールはイギリスなど4カ国のEC 加盟に反対し続けたが、ECSC という鉄鋼カルテルの呪縛から逃れることはできなかった。任期中の経済成長を新聞に載る程度に浅く論じれば、エネルギー革命により安価な石油が利用できたことや、オフショア市場により世界的好況が演出されたという背景が指摘できる。しかしより直接の原因は巨額の財政支出と外資流入であり、それらは共に鉄鋼カルテルに由来した。1969年、ド・ゴールは辞任した。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たフランスの世界遺産

    国連世界観光機関の最新の統計によると(世界観光ランキング)、2015年に、フランスには年間約84百万人以上の外国人観光客が世界中から訪れた。観光業はフランス経済に重要な役割を担っている。観光地として、ヴェルサイユ宮殿、モン・サン=ミシェルなどの世界遺産が存在する他、地中海沿岸はリゾート地としても開発されており、ニースやカンヌといった都市、スイス、イタリアにまたがるアルプス山脈が存在する。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

186件中 81 - 90件表示

「フランス経済」のニューストピックワード