31056件中 91 - 100件表示
  • チュニジア

    チュニジアから見たフランスフランス

    フサイン朝はフランス支配を挟んで252年間にわたり統治を行った。1837年に即位した時代に始められた西欧よりの政策と富国強兵策によって、チュニジアは近代化=西欧化政策を採った。などの活躍により1861年には憲法(en)が制定され、はイスラーム世界およびアフリカ世界初の立憲君主となった。しかし、保守派の抵抗によって1864年に憲法は停止され、近代化=西欧化政策は挫折した。1869年には西欧化政策の負担によって財政は破綻した。チュニジア フレッシュアイペディアより)

  • エアバス

    エアバスから見たフランスフランス

    エアバス( )は、ヨーロッパ(欧州連合の内の4カ国)の航空宇宙機器開発製造会社。設立当初の事業体の名称はエアバス・インダストリー G.I.E.()であったが、2001年に法人化されて現社名に変更された。民間航空機メーカーとしてのエアバスは、2000年以降親会社の航空防衛企業であるエアバス・グループの子会社として位置づけられていたが、2017年1月に両社が合併、存続会社名をエアバスとすることで、この関係を解消した。本社はフランス・トゥールーズ。エアバス フレッシュアイペディアより)

  • 二天一流メモリアル

    二天一流メモリアルから見たフランスフランス

    フランスのコミューン、グルエーズに設立された記念館。二天一流メモリアル フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・スイフト

    スズキ・スイフトから見たフランスフランス

    それまで実戦で培ってきた経験や実績を元に、新たに開発された2代目スイフトがベースの「スイフト・スーパー1600」を後半戦に試験的に導入。先代のイグニスと交替しながら戦うという、スズキにとって実験的なシーズンとなる。第1戦モンテカルロ2位、第2戦メキシコ優勝、第3戦イタリア2位、第4戦ギリシャ優勝、第5戦フィンランド2位、第6戦ドイツ3位、第7戦フランス3位、第8戦スペイン2位という成績であった。この年はダニ・ソルド(シトロエン・C2)がドライバーズチャンピオンを獲得し、スズキ勢のランキング最上位はガイ・ウィルクスの2位であった。またこの年のWRC第11戦・ラリージャパンにA6クラスでスイフト・スーパー1600が参戦、クラス1位、総合でも19位という成績を収めた。スズキ・スイフト フレッシュアイペディアより)

  • フォークランド紛争

    フォークランド紛争から見たフランスフランス

    フォークランド紛争は西側諸国の近代化された軍隊同士による初めての紛争であり、その後の軍事技術に様々な影響を及ぼした。両軍で使用された兵器の殆どは、その時点まで実戦を経験していなかったものの、同紛争で定量的な評価を受けた。また、アルゼンチンはイギリスから一部の兵器を輸入していた上、両軍ともアメリカやフランス、ベルギーなどの兵器体系を多数使用しており、同一の兵器を使用した軍隊同士の戦闘という特徴もあった。フォークランド紛争 フレッシュアイペディアより)

  • 世界柔道選手権大会

    世界柔道選手権大会から見たフランスフランス

    1961年 - フランス・パリで開催された第3回大会で、アントン・ヘーシンク(蘭)が初の外国人王者に。世界柔道選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • ヤヒヤ・ドゥンビア

    ヤヒヤ・ドゥンビアから見たフランスフランス

    1986年に22歳でプロ転向。転向後暫くは下部ツアーでの下積み時代が続いた。1988年にドゥンビアのキャリアに転機が訪れる。同年2月、大会当時453位であったドゥンビアは、予選を勝ち上がり出場したリヨン・グランプリでツアー初出場を果たす。1回戦では当時世界ランク29位の第2シードアンドレイ・チェスノコフと対戦。チェスノコフを7-6,7-6のストレートで下す大番狂わせで勢いに乗ると、2回戦ではジェローム・ポティエ(フランス)を6-7,6-3,6-1のフルセットで、3回戦では第8シードのジェレミー・ベイツ(イギリス)を6-3,7-5のストレートで、準決勝ではエドゥアルド・マッソ(ベルギー)を6-4,7-6のストレートで次々と格上選手を破り決勝に進出。決勝ではトッド・ネルソン(アメリカ)と対戦。6-4,3-6,6-3のフルセットでネルソンを破り、セネガル史上初のツアータイトルを獲得する。ドゥンビアの大会時シングルスランク「453位」でのツアー優勝は当時のATPツアー史上最低ランクでの優勝であり、1998年のネクストジェネレーション・アデレード国際で、当時世界ランク550位のレイトン・ヒューイットが大会優勝を果たし記録を塗り替えるまでの間ツアー記録であった。この優勝で大会後のランクを「125位」と大幅に上昇させたドゥンビアは、5月の全仏オープン男子シングルスで、セネガル人として男女通じて初のグランドスラム大会出場を果たす。ここでは1回戦でニクラス・クルーン(スウェーデン)と対戦し4-6,6-3,6-7,4-6のスコアで敗れた。ツアー優勝後数カ月間は1?2回戦負けが続くなど低調な成績であったが、7月末からの全米ハードコートシーズンで勢いを取り戻し、ノーシードで出場した7月のパイロット・ペン・テニスでは、2回戦で当時世界ランク22位、第5シードのアモス・マンスドルフを4-6,6-4,6-4のフルセットで下し、ジム・クーリエとの3回戦まで進出。続くインディアナポリス・テニス選手権でも1回戦で第9シードのジェイ・ベルガー(アメリカ)を1-6,6-0,6-4のフルセットで、3回戦で第8シードのピーター・ルンドグレン(スウェーデン)を6-4,6-4のストレートでそれぞれ下し、当時世界ランク5位、第1シードのボリス・ベッカーとの準々決勝まで進出。更に第5シードで出場した8月第3週のリヴィングストン・オープンでも勝ち上がり、当時世界ランク4位、第1シードのアンドレ・アガシとの準決勝まで進出した。これらの活躍により全米オープン後のATPランキングで、シングルス自己最高の74位を3週間記録、年度末ランクも83位で終了するなどキャリア最高の1年となった。ヤヒヤ・ドゥンビア フレッシュアイペディアより)

  • 戦時加算 (著作権法)

    戦時加算 (著作権法)から見たフランスフランス

    他国からの指令や他国との条約等に基づかず、国内の特例法の制定などによって、著作権が保護されなかった戦争の期間分を、特例的に加算するもの(フランスの第一次世界大戦後の「1919年法」や第二次世界大戦後の「1951年法」、イタリアの旧「1945年7月20日法」など)。自国民の著作権のみならず、他国民の著作権も対象とする相互主義にもとづく。戦時加算 (著作権法) フレッシュアイペディアより)

  • タチアナ・ゴロビン

    タチアナ・ゴロビンから見たフランスフランス

    タチアナ・ゴロビン(Tatiana Golovin, 1988年1月25日 - )は、フランスの女子プロテニス選手。ロシア・モスクワ出身。2004年の全仏オープン混合ダブルス部門優勝者で、WTAツアーでシングルス2勝を挙げた(ダブルス優勝はない)。身長175cm、体重60kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。シングルス自己最高ランキングは12位(2008年2月)。タチアナ・ゴロビン フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2009年9月

    訃報 2009年9月から見たフランスフランス

    9月2日 - クリスチャン・ポヴェダ、フランスの映画監督、映画プロデューサー(* 1955年)訃報 2009年9月 フレッシュアイペディアより)

31056件中 91 - 100件表示

「フランス」のニューストピックワード