24027件中 81 - 90件表示
  • ユーロシティ

    ユーロシティから見たフランスフランス

    1980年6月1日のダイヤ改正から国際列車に対しても「インターシティ」の種別名が用いられるようになり、18往復の国際インターシティとされた。その後も国際インターシティの新設やTEEから国際インターシティへの置き換えが進んだ。また1984年1月22日にはフランスのパリとスイスのジュネーヴ、ローザンヌを結ぶ国際TGVがインターシティ扱いされるようになった。ユーロシティ フレッシュアイペディアより)

  • ギー・フォルジェ

    ギー・フォルジェから見たフランスフランス

    ギー・フォルジェ(Guy Forget, 1965年1月4日 - )は、フランスの元男子プロテニス選手。モロッコ・カサブランカ出身。左利きの選手。自己最高ランキングはシングルス4位、ダブルス3位。ATPツアーでシングルス11勝、ダブルス28勝を挙げた。4大大会では、地元の全仏オープンで2度男子ダブルス準優勝がある。ギー・フォルジェ フレッシュアイペディアより)

  • ヴェルダンの戦い

    ヴェルダンの戦いから見たフランスフランス

    ドイツ帝国は膠着した戦況を挽回すべく、参謀総長エーリッヒ・フォン・ファルケンハインの発案により目標をパリへと続く街道にあるヴェルダンに定めた。ここで大量の損害をフランスに与えることにより、フランスが戦争を継続できなくなるよう企図したのである。当初においてこの作戦は成功をおさめていたが、この戦いを消耗戦と理解しないヴィルヘルム皇太子はヴェルダン攻略に固執した。その結果、両軍とも泥沼式に師団を投入して多大な損害を出した。この戦いの最中に東部戦線でのロシア軍のブルシーロフ攻勢やイギリス軍によるソンム攻勢が始まり、ドイツ軍はそちらの方に戦力を回さなければならなくなった。そのためヴェルダン攻略は中止された。ヴェルダンの戦い フレッシュアイペディアより)

  • アテネオリンピック (2004年) 日本選手団

    アテネオリンピック (2004年) 日本選手団から見たフランスフランス

    準決勝○(4分10秒・Tフォール)●ベルテネ(フランスアテネオリンピック (2004年) 日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • エアバス

    エアバスから見たフランスフランス

    エアバス()は、ヨーロッパ(欧州連合の内の4カ国)の国際協同会社で、航空宇宙防衛企業のEADS傘下にある航空機メーカーである。設立当初の事業体の名称はエアバス・インダストリー G.I.E.()であったが、2001年に法人化されて現社名に変更された。本社はフランス・トゥールーズ。エアバス フレッシュアイペディアより)

  • シモーヌ・マチュー

    シモーヌ・マチューから見たフランスフランス

    シモーヌ・マチュー(Simone Mathieu, 1908年1月31日 - 1980年1月7日)は、フランス・ヌイイ=シュル=セーヌ出身の女子テニス選手。旧姓「シモーヌ・パスマール」(Simone Passemard)というが、1925年にルネ・マチュー(René Mathieu)と結婚したため、旧姓と併用した「シモーヌ・パスマール・マチュー」(Simone Passemard Mathieu)の名前でテニス文献や優勝記録表に記載されることも多い。主に1930年代に活躍した選手で、第2次世界大戦の開戦直前までフランスの女子テニス界を代表する存在であった。年代的には、1926年に世界最初の「プロテニス選手」になったスザンヌ・ランランの後に続くが、地元の全仏選手権で女子シングルス2勝を挙げる前に(1938年&1939年)準優勝が6度もあり、なかなか運に恵まれなかった選手でもある。シモーヌ・マチュー フレッシュアイペディアより)

  • ピエール・ダーモン

    ピエール・ダーモンから見たフランスフランス

    ピエール・ダーモン(Pierre Darmonフランス語読みはピエール・ダルモン, 1934年1月14日 - )は、フランスの男子テニス選手。1963年の全仏選手権男子シングルス準優勝者。チュニジアの首都チュニスで生まれる。1950年代後半から1960年代にかけて、フランスを代表する男子テニス選手の1人として活躍した。ダーモンは男子テニス国別対抗戦・デビスカップのフランス代表選手として「最多勝利数」と「最多シングルス勝利数」のチーム1位記録を持つ人である。世界ランキングのシングルス自己最高位は8位。彼の活躍した時代は、ちょうどオーストラリア・テニス界の黄金期と重なっていた。ピエール・ダーモン フレッシュアイペディアより)

  • 年齢主義と課程主義

    年齢主義と課程主義から見たフランスフランス

    前述した進級基準・入学基準の意味以外に、義務教育の開始時期と終了時期を決める際の基準としても、年齢主義と課程主義という用語が使われる。年齢主義の義務教育制度では、義務教育終了年齢の時点でどの学校のどの学年に所属していても、義務教育期間が終了する。例えば就学猶予をしたり、学齢期に飛び級・原級留置をしたりしても、義務教育終了の年齢は変動しない。課程主義の義務教育制度では、定められた課程を修了していなければ、何歳になっても義務教育期間が継続する。日本など、多くの国の義務教育制度では年齢主義を取っている。多くの地域では、国家の近代化にともなって、義務教育終了基準は課程主義での運用から年齢主義での運用に移り変わってきている。なお、この意味での年齢主義と課程主義は、進級基準における年齢主義と課程主義とは関係がない。たとえば進級基準について課程主義を取っていることで有名なフランスでも、義務教育終了基準は年齢主義であるし、進級制度がどちらの主義であるのかと、義務教育制度がどちらの主義であるのかは、特に関連性がないといえる。この意味の用法については、「義務教育」を参照。年齢主義と課程主義 フレッシュアイペディアより)

  • Chiharu mk

    Chiharu mkから見たフランスフランス

    2001年から2002年にかけてフランスのINA-GRMにてミュージック・コンクレートの現在形アクースマティック・ミュージックをダニエル・テルッジ、ドゥニ・デュフールらに学ぶ。Chiharu mk フレッシュアイペディアより)

  • 大村博美

    大村博美から見たフランスフランス

    東京藝術大学大学院修了後、イタリア・ミラノに渡り研鑽を積む。その後、フランス・パリ近郊に在住し、世界各国で公演。二期会会員。大村博美 フレッシュアイペディアより)

24027件中 81 - 90件表示

「フランス」のニューストピックワード