319件中 91 - 100件表示
  • アンティ・ニエミ

    アンティ・ニエミから見たフラムFCフラムFC

    2006年1月、フラムへエトヴィン・ファン・デル・サールの後任として加入。定位置を確保しながらも、怪我に悩まされた。2008年9月3日、手首の怪我によって現役を引退することを発表した。アンティ・ニエミ フレッシュアイペディアより)

  • イゴール・ビシュチャン

    イゴール・ビシュチャンから見たフラムFCフラムFC

    2004-05シーズンは、中央中盤に戻りUEFAチャンピオンズリーグ 2004-05でバイエル・レバークーゼン戦、ユヴェントス戦、チェルシーFC戦と特筆すべき活躍で決勝進出において不可欠な役割を演じた。決勝のACミラン戦での出番は訪れなかったものの、優勝カップを掲げた。同シーズンでは公式戦35試合2得点(フラムFC戦とボルトン・ワンダラーズFC戦)を記録し、2005年5月15日のアストン・ヴィラFC戦がリヴァプールでの最後の試合となった。ビシュチャンは、全体的に見れば期待に応えることは出来なかったが、最後のシーズンでの活躍によりファンの記憶に刻まれた。イゴール・ビシュチャン フレッシュアイペディアより)

  • マルティン・ペトロフ

    マルティン・ペトロフから見たフラムFCフラムFC

    2007年8月11日にブーリン・グラウンドでのウェストハム・ユナイテッドFC戦(2-0)で初出場、9月22日にクレイヴン・コテージでのフラムFC戦(3-3)で単独で初得点及び、エラーノとのワンツーで2得点目を記録した。以降で6アシストを提供し、ニューカッスル・ユナイテッドFC戦(3-1)、レディングFC戦(2-1)で1得点ずつ挙げ、ポーツマスFC戦では利き足と逆の右足でシュートを放ち、ソル・キャンベルの足の間を抜き得点を挙げた。エヴァートンFC戦(0-2)ではレオン・オズマンを蹴ったことでの一発退場により3試合の出場停止となる場面がありながらも、出場35試合中先発34試合と1季目は中心選手として活動した。マルティン・ペトロフ フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンデル・カチャニクリッチ

    アレクサンデル・カチャニクリッチから見たフラムFCフラムFC

    2007年に母国スウェーデンからイングランドへ移り、リヴァプールのユースチームに入団した。2008-09シーズンFAユースカップ決勝でのゴールなどで活躍を見せたが、2010年にポール・コンチェスキー獲得の代償として、同僚のフィンランド人ストライカー、ラウリ・ダッラ・ヴァッレと共にフラムへ放出された。アレクサンデル・カチャニクリッチ フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ウィリアムズ (1995年生のサッカー選手)

    ジョージ・ウィリアムズ (1995年生のサッカー選手)から見たフラムFCフラムFC

    2012年6月14日、プレミアリーグのフラムFCに移籍。ジョージ・ウィリアムズ (1995年生のサッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • エンリケ・イラーリオ

    エンリケ・イラーリオから見たフラムFCフラムFC

    2季目は、再びチェフとクディチーニに次ぐ3番手としてスタートを切ったが、イーウッド・パークでのブラックバーン・ローヴァーズFC戦中にチェフが股関節を痛めたことで途中出場をし、ニューカッスル・ユナイテッドFC戦とフラムFC戦(共に2-1勝利)で先発起用された。2008年4月8日、UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08のフェネルバフチェSKとの準決勝第2戦(ホーム2-0勝利, 2試合合計3-2)でクディチーニが怪我を負ったことで途中出場している。エンリケ・イラーリオ フレッシュアイペディアより)

  • ヨン・アルネ・リーセ

    ヨン・アルネ・リーセから見たフラムFCフラムFC

    2011年7月6日に3年契約でフラムFCに移籍。イングランドには3シーズンぶりの復帰となる。なお、これによって弟ビヨルンと同じチームに所属することとなった。ヨン・アルネ・リーセ フレッシュアイペディアより)

  • ディルク・レーマン

    ディルク・レーマンから見たフラムFCフラムFC

    その後、エネルギー・コットブスに移籍し、フラムFCに移籍した。フラムでは26試合に出場し、その美しい口髭や艶やかな髪、そしてフラムのサポーターのユーモアから「ポルノスター」と称された。フラムを退団した後はスコットランドのハイバーニアンFCに移籍。ディルク・レーマン フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・ギグス

    ライアン・ギグスから見たフラムFCフラムFC

    2011-12シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ初戦のSLベンフィカ戦でゴールを挙げ、自身の持つチャンピオンズリーグにおける最年長ゴール記録を更新した。このゴールによりラウル・ゴンサレスの記録を上回り、チャンピオンズリーグの16大会でゴールを挙げた初めての選手となった(これとは別にラウルは14大会連続ゴールの記録を保持している)。11月19日に生まれ故郷のウェールズを本拠地とするクラブと初めて対戦し、スウォンジー・シティAFCには1-0で勝利を挙げた。12月21日に行われ、3-0で勝利したフラムFC戦でチームの3ゴール目を記録し、自身の持つトップリーグの連続ゴールを記録を22シーズンまで延ばした。2012年2月10日には契約を1年間延長した。ライアン・ギグス フレッシュアイペディアより)

  • ヘルマン・フレイザルソン

    ヘルマン・フレイザルソンから見たフラムFCフラムFC

    2007年5月25日、クラブが降格すればフリーで移籍出来るという契約条項を行使し、プレミアリーグのポーツマスFCへ2年契約で移籍した。9月29日、ホームにレディングFCを迎えた一戦で移籍後初ゴールを決め7-4で勝利した。次節のフラムFC戦で2ゴール目を決めた。2008年4月20日に行われたシティ・オブ・マンチェスター・スタジアムでのマンチェスター・シティFC戦では、ダリウス・ヴァッセルに対してプロフェッショナルファールを行い退場。リーグ戦最終節は後味が悪いものとなったが、ウェンブリー・スタジアムでのFAカップ決勝ではスタメン出場し、優勝カップを掲げた。ヘルマン・フレイザルソン フレッシュアイペディアより)

319件中 91 - 100件表示

「フラム」のニューストピックワード