200件中 91 - 100件表示
  • パスカル・シガン

    パスカル・シガンから見たフラムFCフラムFC

    2002年夏、フランス人のアーセン・ベンゲル監督が率いるイングランド・プレミアリーグのアーセナルFCに移籍金200万ポンドで移籍し。9月1日のチェルシーFC戦(1-1)でヌワンコ・カヌとの途中交代で出場してデビューした。2003-04シーズンは18試合に出場してリーグ優勝メダルを受け取った。2004-05シーズンはソル・キャンベルが負傷がちであったために出場機会に恵まれ、15試合に先発出場した。スピード不足からしばしばオウンゴールを献上しており、2004年11月2日、UEFAチャンピオンズリーグのパナシナイコスFC戦でもオウンゴールを記録した。2005-06シーズンは左サイドバックのアシュリー・コールとガエル・クリシーが相次いで負傷したため、シガンが急遽左サイドバックにコンバートされ、2006年1月9日にはリーグの週間ベストイレブンに選ばれた。出場した公式戦20試合のうち12試合に勝利し、そのうちの11試合は無失点に抑えた。左サイドバックにはマテュー・フラミニがおさまり、シガンはソル・キャンベル、コロ・トゥーレ、フィリップ・センデロスに次ぐセンターバック4番手のポジションをヨハン・ジュルーと争っていたが、2006年1月にはハムストリングを負傷し、2005-06シーズンの残りに出場することが絶望となった。アーセナルFCではUEFAチャンピオンズリーグでの20試合を含む公式戦通算98試合に出場した。アーセナルFCでは計3得点を挙げているが、このうちの1点は2003年3月のエヴァートンFC戦での得点であり、他の2点は2005-06シーズン開幕戦のフラムFC戦(4-1)での予期せぬ2得点である。パスカル・シガン フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・ルケ

    アルベルト・ルケから見たフラムFCフラムFC

    2005年8月26日、移籍金1400万ユーロ(約18億9000万円)5年契約でニューカッスル・ユナイテッドFCへ、自身初の国外移籍を果たした。セント・ジェームズ・パークでのマンチェスター・ユナイテッドFC戦でデビューし、惜しいシュートを放つもオフサイド等で得点を挙げることは出来なかった。次のフラムFCとの試合中にハムストリングを負傷し、怪我から復帰後は左サイドを含む本来のポジション以外で起用されたこともあり、大きな移籍金に見合った活躍が出来ずにいた。アルベルト・ルケ フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴ・マルレ

    スティーヴ・マルレから見たフラムFCフラムFC

    1991年、レッドスターFC93でプロデビュー。1995-96シーズンに挙げたシーズン16得点がAJオセールの目に留まり、オセールへの移籍を果たした。その後オリンピック・リヨンに所属すると、2002年1月、フラムFCへクラブ史上最高額となる1150万ポンドで移籍。しかしながら、大きな結果を残すことができず、2004年1月にオリンピック・マルセイユへとレンタルされた。マルセイユで1年半過ごした後、フラムとの契約を解除し、再び国外のクラブVfLヴォルフスブルクに所属。しかしながら、リーグ通算1得点の不本意な結果に終わり、帰国した。2006-07シーズンはFCロリアンに所属、退団後は無所属となっていたが、2009年にFCMオーベルヴィリエへと入団している。スティーヴ・マルレ フレッシュアイペディアより)

  • オーウェン・ハーグリーヴス

    オーウェン・ハーグリーヴスから見たフルハムFCフラムFC

    2007-08シーズンはマンチェスター・シティFCとのマンチェスターダービーでプレミア・リーグデビューを飾ると、3月1日のフルハム戦ではフリーキックを直接決めプレミア・リーグ初ゴールを記録。そのユーティリティ性からさまざまなポジションを任され、チームのリーグ、CL制覇に貢献した。オーウェン・ハーグリーヴス フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・ザモラ

    ボビー・ザモラから見たフラムFCフラムFC

    2008年夏にウェストハム・ユナイテッドFCからフラムFCへ移籍金630万ポンドで移籍した。2012年1月31日、クイーンズ・パーク・レンジャーズFCに移籍した。ボビー・ザモラ フレッシュアイペディアより)

  • アンドリー・ピアトフ

    アンドリー・ピアトフから見たフラムFCフラムFC

    2009年11月1日、チョルノモレッツ・オデッサ戦でシャフタール移籍後100試合出場(72失点)を達成した。この試合ではマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。2009-10シーズンのUEFAヨーロッパリーグではグループリーグを首位で通過したが、決勝トーナメント1回戦で準優勝することになるフラムFC(イングランド)に敗れた。同シーズンのリーグ戦では移籍後2度目の優勝を果たした。2010-11シーズンのリーグ戦では2シーズンぶりにリーグ最少失点に抑え、2連覇を果たした。同シーズンのUEFAチャンピオンズリーグではアーセナルFC(イングランド)などを抑えてグループリーグを首位で突破し、決勝トーナメント1回戦ではASローマ(イタリア)に勝利した。準々決勝では2シーズン前にも戦ったFCバルセロナと対戦したが、2試合合計1-6で大敗した。アンドリー・ピアトフ フレッシュアイペディアより)

  • シモン・サブローザ

    シモン・サブローザから見たフラムFCフラムFC

    2007年7月20日、スペインのアトレティコ・マドリードと年俸250万ユーロ(約4億円)で4年契約を結んだ。移籍金は2000万ユーロ(約32億4000万円)。2007-08シーズンと2008-09シーズンは絶対的なレギュラーであり、2シーズン連続でリーグ戦7得点を挙げ、2シーズン連続でUEFAチャンピオンズリーグ出場権内の4位となった。2009年4月12日のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦において、100年以上の歴史を誇るアトレティコ・マドリードのリーグ戦通算4000得点目を決めた。2009年夏にはアベル・レシーノ監督が就任し、チーム改造の最中にシモンはキャプテンに指名された。2009-10シーズンのチームは全体的に低調なプレーぶりだったが、UEFAチャンピオンズリーグ・グループリーグのAPOELニコシア戦(1-1)では引き分けに持ち込む得点を決め、グループリーグ3位でのUEFAヨーロッパリーグ出場に貢献した。2010年1月14日、コパ・デル・レイのレクレアティーボ・ウェルバ戦(5-1)では、2試合合計同点に追いつく素晴らしいフリーキックなどで2得点を挙げた。UEFAヨーロッパリーグのガラタサライSK戦でも重要な得点を決め、決勝ではフラムFCに勝利して優勝した。2010年2月14日のFCバルセロナ戦では、それまでリーグ戦で無敗を続けていたチームに対して決勝ゴールを決め、勝負強さを見せつけた。シモン・サブローザ フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・キャリック

    マイケル・キャリックから見たフラムFCフラムFC

    2009-2010シーズンのチャンピオンズリーグVfLヴォルフスブルク戦を前にDF登録の選手がSBのパトリス・エヴラ以外負傷離脱という危機的状況に陥ってしまったため、急遽CBでダレン・フレッチャーとコンビを組みプレーした。試合は終始劣勢ながらも1失点に抑え、敵地でドイツ王者を相手に3-1の勝利に貢献。その後、プレミアリーグフラムFC戦でも再びフレッチャーとCBでコンビを組みプレーするも3-0で完敗した。マイケル・キャリック フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・サハ

    ルイ・サハから見たフラムFCフラムFC

    1997年、リーグ・アンのFCメスでプロデビュー。1999年冬にはイングランドのニューカッスル・ユナイテッドへレンタル移籍している。2000年、サハを「アンリ2世」と評価していたジャン・ティガナが率いるフラムFCへ移籍。2003-2004シーズンにはルイス・ボア・モルテ、スティード・マルブランクと3トップを組んでゴールを量産し、フラムの躍進に貢献した。フラムでは元日本代表の稲本潤一とチームメイトだった。ルイ・サハ フレッシュアイペディアより)

  • スタンフォード・ブリッジ

    スタンフォード・ブリッジから見たフラムFCフラムFC

    スタンフォード・ブリッジは、1876年に設立され130年以上の歴史を持つスタジアム。フラムFCのホームスタジアムとして提供されたが金銭面からフラムがそれを拒否してしまったため、1905年にホームチームとしてチェルシーFCが設立されホームスタジアムとして使用している。1970年代、財政難に陥ったクラブはオーナーによってスタンフォード・ブリッジを銀行の管理下に置かれた。その窮地にサポーターたちが立ち上がり、ファンによって結成された非営利団体、「チェルシー・ピッチ・オーナーズ」が今後このような事が起きないようにと、スタンフォード・ブリッジの競技場と自由保有権、回転式改札口、チェルシーのネーミングライツ(命名権)を買い占めている。チームの成功とともに、それを支えるファンも急増を続けている。スタンフォード・ブリッジ・スタジアムの拡張工事計画も予定されており、収容人数は5万人以上になると見込まれていた。スタンフォード・ブリッジ フレッシュアイペディアより)

200件中 91 - 100件表示

「フルハム」のニューストピックワード