319件中 101 - 110件表示
  • ハリー・キューウェル

    ハリー・キューウェルから見たフラムFCフラムFC

    2006-07シーズンは多くの試合を欠場したが、2007年4月にリザーブのエヴァートン戦に55分から交代で出場し、チームに復帰した。2007年5月5日にクレイヴン・コテージで行われたフラム戦の後半に交代で出場し、FAカップ決勝以来となる出場を果たし、シーズン最終戦のチャールトン戦においても後半に交代で出場した。チャンピオンズリーグ決勝のメンバーに選ばれるかどうかが議論の的となっていたが、チャールトン戦でディルク・カイトへゴールの起点となるパスを送り、90分にはPKからゴールを挙げる活躍をしたことにより、決勝戦に臨むメンバーに選ばれた。決勝ではボウデヴィン・ゼンデンと交代で59分から出場した。ハリー・キューウェル フレッシュアイペディアより)

  • アダム・タガート

    アダム・タガートから見たフラムFCフラムFC

    2014年6月、フラムFCはタガートを3年契約で獲得したことを発表した。しかし負傷のため全く出番を得られず、2016年1月にはパース・グローリーに復帰するためチームを離れた。アダム・タガート フレッシュアイペディアより)

  • アレクセイ・スメルティン

    アレクセイ・スメルティンから見たフラムFCフラムFC

    2007年、フラムFCと2年半の契約。再びロンドンの地へ戻ったが、怪我に悩まされ、ダニー・マーフィーやサイモン・デイヴィスとのレギュラー争いにも敗れたことから、2008年8月30日、ロイ・ホジソン監督から解雇を言い渡され、翌日退団。そしてサッカー選手として現役生活に別れを告げた。アレクセイ・スメルティン フレッシュアイペディアより)

  • エヨング・エノー

    エヨング・エノーから見たフラムFCフラムFC

    2013年1月31日、完全移籍のオプション付きでイングランドのフラムFCへシーズン終了までの契約で貸し出され、アヤックス時代の同僚ウルビー・エマヌエルソン, そしてヨル監督と再会することとなった。3月17日、ホワイト・ハート・レーンでのトッテナム・ホットスパーFC戦(1-0)で78分にギオルゴス・カラグーニスと代わりでデビューした。エヨング・エノー フレッシュアイペディアより)

  • ビッグロンドン・ダービー

    ビッグロンドン・ダービーから見たフラムFCフラムFC

    両クラブにとってビッグロンドン・ダービーの対戦相手はクラブ最大のライバルではないが、1930年代以降、ロンドンにおける2大クラブの対戦は常に両クラブのサポーターを刺激し、多くの観客を集めている。アーセナルとチェルシーの間のライバル意識は、近年の重要な対戦でいっそう激しさを増している。チェルシーは2000年代に第一級のクラブとなり、両クラブが絶えずリーグ優勝を争うようになった。2003年12月に実施されたインターネットでの調査によれば、アーセナルのサポーターはマンチェスター・ユナイテッドFCをクラブ最大のライバルとみなし、それに続いてトッテナム・ホットスパーFCを、3番目のライバルとしてチェルシーを挙げている。この調査では、チェルシーのサポーターは最大のライバルをアーセナルだとみなしているが、より伝統的なライバルにはトッテナムやフラムFCが挙げられる。2009年にフットボール・ファンズ・センサスが実施した調査では、アーセナルのサポーターは最も嫌う相手として、伝統的なライバルのトッテナムではなくチェルシーを挙げている。一方のチェルシーはリヴァプールFCを最も嫌う相手に挙げており、アーセナルがリヴァプールに続いている。ビッグロンドン・ダービー フレッシュアイペディアより)

  • モリッツ・フォルツ

    モリッツ・フォルツから見たフラムFCフラムFC

    ロベルト・フートと同じく、イングランドで実績を積み上げた右サイドバック。シャルケ04の下部組織を経て、アーセン・ヴェンゲルに見い出され、1999年にプレミアリーグ・アーセナルFCの下部組織に加入し、翌年にはトップチーム昇格を果たす。しかし、昇格後は伸び悩み、公式戦は2試合(いずれもカーリングカップ)の出場に終わった。ウィンブルドンでのプレーを経て、2003-04シーズンからフラムFCへ移籍。フラムで定位置を確保し、2006年12月30日にはチェルシーFC戦でプレミアリーグ15000点目のゴールを記録した。2007-08シーズンは出場機会が減少し、2008-09シーズンはフットボールリーグ・チャンピオンシップ・イプスウィッチ・タウンFCへローン移籍。2009年6月、フラムとの契約が満了し、2009-10シーズンは古巣シャルケなどのトライアルに参加したが、契約には至らず、まる1年浪人生活でシーズンを終えた。モリッツ・フォルツ フレッシュアイペディアより)

  • ブレデ・ハンゲラン

    ブレデ・ハンゲランから見たフラムFCフラムFC

    2007年夏ニューカッスル・ユナイテッドFC、リヴァプールFC、アストン・ヴィラFC、マンチェスター・シティFCといったイングランド1部のクラブへの噂が紙面を賑わせていた。これに対し、コペンハーゲンでプレイする喜びから噂を否定していたが、最終的に2008年1月18日にフラムFCと契約。バイキング時代の同僚でFWのエリック・ネフランとロイ・ホジソン監督と再会することとなった。ブレデ・ハンゲラン フレッシュアイペディアより)

  • ガブリエル・ザクアニ

    ガブリエル・ザクアニから見たフラムFCフラムFC

    フラムFC加入後はローン移籍の日々が続き、そのままピーターバラ・ユナイテッドFCへ完全移籍を果たした。2016年6月24日、フットボールリーグ1のノーサンプトン・タウンFCに1年契約で移籍した。ガブリエル・ザクアニ フレッシュアイペディアより)

  • メブリュト・エルディンチ

    メブリュト・エルディンチから見たフラムFCフラムFC

    下位に低迷するソショーで気を吐くエルディンチに対し、リーグ・アン (1部) のFCジロンダン・ボルドーとオリンピック・リヨンのみならず、プレミアリーグ (イングランド1部) のアストン・ヴィラFC、フラムFC、ニューカッスル・ユナイテッドFC、ウィガン・アスレティックFCといった他国のクラブからも関心を寄せられていたと報じられたが、最終的に2009年6月28日に移籍金900万ユーロでパリ・サンジェルマンFCと4年契約で合意し、マテヤ・ケジュマン、リュドヴィク・ジュリ、ギョーム・オアロらと競合することになった。メブリュト・エルディンチ フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・アルファイド

    モハメド・アルファイドから見たフラムFCフラムFC

    モハメド・アルファイド(ムハンマド・アル=ファーイド、Mohamed Al-Fayed, 1933年1月27日 ? )は、エジプトアレクサンドリア生まれの実業家。1985年にイギリスの代表的デパートであるハロッズの経営者となり、同じくデパートのナイツブリッジも所有している。また、フラムFCのオーナーも務めていた。モハメド・アルファイド フレッシュアイペディアより)

319件中 101 - 110件表示

「フラム」のニューストピックワード