319件中 111 - 120件表示
  • ドディ・アルファイド

    ドディ・アルファイドから見たフラムFCフラムFC

    ドディ・アルファイド(、、1955年4月15日 - 1997年8月31日)は、イギリスのデパート『ハロッズ』、かつてのフラムFCのオーナーそしてホテル・リッツ・パリの所有者であるエジプトの億万長者モハメド・アルファイドの息子だった。母はサミラ・カショギで、悪名高い武器商人アドナン・カショギの妹だった。ドディ・アルファイド フレッシュアイペディアより)

  • ベン・サハル

    ベン・サハルから見たフラムFCフラムFC

    2007年7月26日に3ヶ月の期限付き移籍でイングランド2部のクイーンズ・パーク・レンジャーズFCと契約。シーズン開幕前の試合で同国1部のフラムFC(2-1勝利)相手に2得点を挙げる活躍を見せ、その後、期限付き移籍の期間が2008年1月2日まで延長された。しかし、リーグ戦では幾度もの負傷から9試合0得点に終わった。ベン・サハル フレッシュアイペディアより)

  • ゲラ・ゾルターン

    ゲラ・ゾルターンから見たフラムFCフラムFC

    2008年6月、WBAとの契約が満了。WBA側から契約延長の申し出を受けたがこれを断り、同月11日にフラムFCと3年契約を結んだ 。ゲラ・ゾルターン フレッシュアイペディアより)

  • カリム・フレイ

    カリム・フレイから見たフラムFCフラムFC

    2010年、フラムFCのユースチームに入団。2011年7月のUEFAヨーロッパリーグ1次予選・NSÍルナヴィーク戦で途中出場しトップチームデビュー。カリム・フレイ フレッシュアイペディアより)

  • プレミアリーグ2013-2014

    プレミアリーグ2013-2014から見たフラムFCフラムFC

     一方残留争いでは、クリスマス時点で最下位で降格候補筆頭であったサンダーランドが、シーズン最終盤でチェルシーやマンチェスター・ユナイテッドを撃破するなど4連勝で降格圏を脱出。結局14位でフィニッシュした。1961-62シーズン以来のトップディヴィジョン昇格でプレミアリーグ初挑戦のカーディフ・シティは、マンチェスター・シティを撃破するなどまずまずの立ち上がりを見せたものの、徐々に下降線をたどり、第21節に降格圏に。さらに冬の移籍市場を巡りタン会長とマッケイ監督が対立してマッケイ監督が解任され、スールシャールが就任するも、第22節以降3勝3分11敗と状況は変わらず。第37節のニューカッスル・ユナイテッド戦に敗れて降格が決定した。シーズン序盤から6連敗を喫し下位に低迷していたフラムは、2度の監督交代に踏み切るも効果はあまり出ず。新年に入っても9戦勝ちなしなど苦戦が続き、結局第24節以降降格圏を抜け出せず、第37節にストーク・シティに敗れて降格が決定。シーズン中盤まで中下位で推移していたノリッジ・シティは、第32節のスウォンジー・シティに敗れて17位になり降格圏が目前にせまると、監督交代に踏み切るも時すでに遅し。ラスト7試合で1勝もできず、第37節で降格圏に転落し最終節(第38節)にアーセナルに敗れて降格が決定した。プレミアリーグ2013-2014 フレッシュアイペディアより)

  • ヤリ・リトマネン

    ヤリ・リトマネンから見たフラムFCフラムFC

    2008年1月からはフラムFCに加入したが、シーズン末に契約解除となった。8月にフィンランドリーグ・ヴェイッカウスリーガのFCラハティに短期契約で復帰することになった。ヤリ・リトマネン フレッシュアイペディアより)

  • オルランド・サ

    オルランド・サから見たフラムFCフラムFC

    ポルトと契約解除後は、2011年夏の移籍市場最終日に自由移籍でイングランド1部のフラムFCと3年契約を締結。この時点でポルト側は所有権25%を保持していた。9月21日、フットボールリーグカップのチェルシーFC戦(アウェイ0-0, PK戦の末に敗北)で公式戦初出場を果たし、それから3日後のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC戦に先発でリーグ戦初出場を飾った。12月31日のノリッジ・シティFC戦で公式戦初得点となる先制点を7分に挙げ、試合後のインタビューでは、加入当初はイングランドサッカーの速度に苦戦したが、フィットネスに取り組み、また英語を向上させたことで適合したと語った。しかし、2012年6月30日に双方合意で契約解除に終わった。オルランド・サ フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・ショウクロス

    ライアン・ショウクロスから見たフラムFCフラムFC

    素晴らしいプレミアリーグでのデビューシーズンを終えると、ウェストハム・ユナイテッド、フルアム、エヴァートン、リヴァプール、マンチェスター・ユナイテッドが獲得に興味を示しているとの報道がなされたが、ショウクロスも監督であるトニー・ピューリスもその噂を否定した。2009-10シーズンの開幕戦のバーンリー戦ではヘディングからゴールを挙げ、2-0の勝利に貢献した。2010年2月27日に行われたアーセナル戦でショウクロスのタックルによりアーロン・ラムジーが骨折し、ショウクロスは退場処分を受けた。すぐに病院に搬送しなければならない程のラムジーの怪我を見たショウクロスは涙を流しながらピッチを後にしたが、試合後にチームメイトのダニー・ピューとロリー・デラップはショウクロスを擁護した。ライアン・ショウクロス フレッシュアイペディアより)

  • アルバロ・ドミンゲス

    アルバロ・ドミンゲスから見たフラムFCフラムFC

    レアル・マドリードの下部組織に在籍していたこともあるが、12歳の時に近隣のアトレティコ・マドリードの下部組織に移った。2008年10月22日、UEFAチャンピオンズリーググループリーグのリヴァプールFC戦(1-1)に先発出場してトップチームデビューしたが、2008-09シーズンの大半はセグンダ・ディビシオンB(3部)のアトレティコ・マドリードBでプレーした。2009年10月にキケ・サンチェス・フローレスがトップチーム監督に就任すると、センターバックのレギュラーに抜擢され、11月16日、2013年6月までの初のプロ契約を結んだ。2009-10シーズンのコパ・デル・レイでは決勝でセビージャFCに敗れたが、UEFAヨーロッパリーグではバレンシアCF、リヴァプールFCなどを破って決勝に進出し、決勝でイングランドのフラムFCを下して優勝した。2010年夏のUEFAスーパーカップ・インテル戦では左サイドバックとしてフル出場し、インテルを完封してタイトル獲得に貢献した。2010-11シーズンもレギュラーとしてプレーし、12月19日のマラガCF戦(3-0)でプロ初得点を挙げた。アルバロ・ドミンゲス フレッシュアイペディアより)

  • ディーン・アシュトン

    ディーン・アシュトンから見たフラムFCフラムFC

    ウェストハムとの数週間の交渉の末、フラムFC戦の前日の2006年1月22日に契約したアシュトンは、2月1日にアウェイのアーセナルFC戦(3-2)で初出場を飾って以降、FAカップ準々決勝のマンチェスター・シティ戦で2得点を挙げる等、いくつかの試合で重要な得点を記録した。そんな中、ミドルズブラとの準決勝前半で相手GKマーク・シュワルツァーとの競り合いで肘が相手の鎖骨に当たり、骨折させる事件を起こし、以後、ミドルズブラのファンのブーイングを背中に浴びながらプレーしたアシュトンは、試合終了後にシュワルツァーと相手ファンに対して「悪意はなく、偶発的だった」と謝罪した。ディーン・アシュトン フレッシュアイペディアより)

319件中 111 - 120件表示

「フラム」のニューストピックワード