319件中 51 - 60件表示
  • クレイヴン・コテージ

    クレイヴン・コテージから見たフラムFCフラムFC

    クレイヴン・コテージ()は、ロンドン、テムズ川沿いのハマースミス・アンド・フラム・ロンドン特別区に存在するサッカー専用スタジアム。オープン当初からフラムFCがホームスタジアムとして利用している。収容客数は22,230人だが、2006年3月19日に行われた対チェルシーFC戦では22,486人の入場が記録された。クレイヴン・コテージ フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バートン (サッカー選手)

    トニー・バートン (サッカー選手)から見たフラムFCフラムFC

    サットン・ユナイテッドFCでのプレーを経て1954年5月からフラムFCでプロサッカー選手としてのキャリアを始めた。フラムでは49試合に出場し8ゴールをあげた。1959年12月にノッティンガム・フォレストFCへ移籍したがここでは22試合に出場しわずか1ゴールしかあげられなかった。1961年12月、ポーツマスFCへ移籍して選手兼任コーチとなり1967年に現役を引退するまでにポーツマスで130試合に出場34ゴールをあげた。トニー・バートン (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • ポール・パーカー

    ポール・パーカーから見たフラムFCフラムFC

    パーカーはQPRに加入する前にフラムでサッカー選手としてのキャリアをスタートした。ディフェンスラインの選手としては低い身長であったが、すばしこい選手として名を上げ、1991年8月8日、200万ポンドの移籍金でQPRからマンチェスター・ユナイテッドへ移籍が決定し、同月に行われたノッツ・カウンティ戦でデビューを果たした。パーカーはオールド・トラッフォードで5シーズンを過ごし、怪我によりコンディションの維持に苦しんだが、アレックス・ファーガソン監督の下でクラブは成功を掴み始めた。ポール・パーカー フレッシュアイペディアより)

  • フィル・ブラウン

    フィル・ブラウンから見たフラムFCフラムFC

    2008年8月16日に行われたフルアムとの開幕戦に2-1で勝利し、トップリーグでの初勝利を記録した後にクラブから3年間の新たな契約を提示された。2009年9月28日にはエミレーツ・スタジアムでアーセナルに2-1で勝利した。アーセナルがエミレーツで敗北を喫したのはそれまで1度しかなく、ハルのプレスはクラブ史上最大の勝利であると讃えた。翌週には、最下位のトッテナム・ホットスパーに1-0、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンに3-0で連勝するなど好成績を残し、9月の月間最優秀監督に選出された。フィル・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • オセイ・ギャン・キング

    オセイ・ギャン・キングから見たフラムFCフラムFC

    オセイ・ギャン・キング(Osei Gyan King、1988年12月22日 - )は、ガーナ出身のサッカー選手。ポジションはMF。フラムが保有権を所持していた。ワークパーミットの関係で、2007-08シーズンからベルギーのジェルミナル・ベールスホットにローン移籍中であった。オセイ・ギャン・キング フレッシュアイペディアより)

  • プレミアリーグ2010-2011

    プレミアリーグ2010-2011から見たフラムFCフラムFC

    30秒 マキシ・ロドリゲス (リヴァプール) リーグ第36節 フラム戦 2011.5.9プレミアリーグ2010-2011 フレッシュアイペディアより)

  • フットボールリーグ2000-2001

    フットボールリーグ2000-2001から見たフラムFCフラムFC

    ディヴィジョン1はフラム、ディヴィジョン2はミルウォール、ディヴィジョン3はブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンが優勝した。フットボールリーグ2000-2001 フレッシュアイペディアより)

  • シナン・ボラト

    シナン・ボラトから見たフラムFCフラムFC

    2010年11月のクラブ・ブルッヘ戦で十字靭帯損傷による3ヶ月の離脱となりながらも、復帰後も変わらずに正GKとして活躍を続けていたが、2012年4月22日のヘンクとのプレーオフにおいて膝を負傷すると、その後の回復が芳しくなかったため、6月に手術を受けることを選択したことで半年の離脱となった。負傷の状態にありながらも、ステップアップを望んで退団を希望し、契約延長を拒否したボラトに対して契約満了での放出を避けたいスタンダール側と高齢のマーク・シュワルツァーの後釜を模索していたプレミアリーグのフラムFCとの思惑が合致し、9月13日に2013年1月からの移籍でクラブ間合意となる。最終的に移籍話は頓挫し、1月からも引き続きスタンダールに滞在することが決定したが、クラブ首脳陣から起用しないとの宣言をされ、川島永嗣の存在から出場機会が無い状態となった。その困難の中、2月のサークル・ブルッヘ戦において敵地に訪れたファンから自身の支持を歌われ、支えられたものの、シーズン一杯出場することは叶わなかった。シナン・ボラト フレッシュアイペディアより)

  • バート・トラウトマン

    バート・トラウトマンから見たフラムFCフラムFC

    1950年1月のフラムFC戦はトラウトマンが初めて首都ロンドンでプレーした試合だった。ロンドンにはイギリスのマスコミの大半が拠点を置いていたため、この試合は広範なメディアの注目を集めた。一流のスポーツジャーナリストの何人かはこの試合がトラウトマンのプレーを見る初の機会だった。第二次大戦中にドイツ空軍はロンドンにも被害を与えており、ドイツ空軍を憎む群衆は空挺兵であったトラウトマンに「ドイツ野郎」や「ナチ」と叫んだ。シティは1949-50シーズンのリーグ戦で苦しんでおり、シティの大敗とフラムの大勝が予想されたが、トラウトマンは何度も好セーブを見せて、最終的なスコアを0-1の惜敗に食い止めた。試合終了の笛が吹かれると、トラウトマンは観客席からスタンディングオベーションを受け、両チームの選手から称えられた。シティはその後のシーズンも苦しみ、1950年にはセカンドディビジョンに降格した。バート・トラウトマン フレッシュアイペディアより)

  • 薛ギ鉉

    薛ギ鉉から見たフラムFCフラムFC

    2007年8月、フラムFCへの移籍が決定。入れ替わる形でリアム・ロシニアーがレディングに加入した。移籍金は100万ポンド(約2億3000万円)である。一説には、この移籍はフラムのメインスポンサーであるLG電子がスポンサー期間中は必ず韓国人を一人在籍させねばならない、という取り決めにより決まった移籍とも言われている(なおこれ以外に名前が挙がった選手はプレミア移籍を夢見ていた李天秀である)。しかし、レディングのコッペル監督が明かしたところによれば、選手と監督との関係がこじれたことが退団に至った理由であるとのことである。フラム移籍後はレディング時代のようなパフォーマンスを披露できておらず、2009年1月14日、6ヵ月のレンタル移籍でサウジ・プレミアリーグのアル・ヒラルへ移籍。なお韓国人選手がサウジアラビアのクラブに移籍するのは彼が初めてであった。薛ギ鉉 フレッシュアイペディアより)

319件中 51 - 60件表示

「フラム」のニューストピックワード