200件中 61 - 70件表示
  • 薛ギ鉉

    薛ギ鉉から見たフラムFCフラムFC

    2007年8月、フラムFCへの移籍が決定。入れ替わる形でリアム・ロシニアーがレディングに加入した。移籍金は100万ポンド(約2億3000万円)である。一説には、この移籍はフラムのメインスポンサーであるLG電子がスポンサー期間中は必ず韓国人を一人在籍させねばならない、という取り決めにより決まった移籍とも言われている(なおこれ以外に名前が挙がった選手はプレミア移籍を夢見ていた李天秀である)。しかし、レディングのコッペル監督が明かしたところによれば、選手と監督との関係がこじれたことが退団に至った理由であるとのことである。フラム移籍後はレディング時代のようなパフォーマンスを披露できておらず、2009年1月14日、6ヵ月のレンタル移籍でサウジ・プレミアリーグのアル・ヒラルへ移籍。なお韓国人選手がサウジアラビアのクラブに移籍するのは彼が初めてであった。薛ギ鉉 フレッシュアイペディアより)

  • ジュリオ・セルジオ・ベルタニョーリ

    ジュリオ・セルジオ・ベルタニョーリから見たフラムFCフラムFC

    2009-10シーズンはドニの負傷に加え、アルトゥールも不調であったことから2009年8月30日のユヴェントス戦でスターティングメンバーに抜擢され、セリエAデビューを果たした。この試合では3ゴールを奪われて敗戦し、スパレッティも辞任することとなったが、後任のクラウディオ・ラニエリは初戦となったACシエナ戦でジュリオ・セルジオを起用し勝利した。ヨーロッパリーグのフラムFC戦でドニが再び負傷したため途中出場すると、その後は先発起用され、SSラツィオとのローマダービーでもラツィオを無失点に抑え勝利に貢献した。ジュリオ・セルジオ・ベルタニョーリ フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクトル・シコラ

    ヴィクトル・シコラから見たフラムFCフラムFC

    ゴー・アヘッド・イーグルスでプロデビューすると、1996-97シーズンから定位置を掴むと、翌年から2シーズン続けて二桁得点しエールステ・ディヴィジで頭角を現す。その活躍からエールディヴィジのフィテッセに引き抜かれると、すぐさまレギュラーになり1部でも変わらずプレーし、マルク・オーフェルマルス2世と呼ばれるまでになった。ここで3シーズン過ごしたあと、プレミアリーグのフラムFCと契約目前までいったがメディカルチェックで引っかかり移籍消滅。最終的にフラムと獲得競争をしていたアヤックス・アムステルダムと契約した。ヴィクトル・シコラ フレッシュアイペディアより)

  • アダム・ワッツ

    アダム・ワッツから見たフラムFCフラムFC

    アダム・ワッツ(Adam Watts、1988年3月4日 - )は、イングランド出身のサッカー選手。ポジションはDF。フラムの下部組織出身。アダム・ワッツ フレッシュアイペディアより)

  • ウェイン・ブリッジ

    ウェイン・ブリッジから見たフラムFCフラムFC

    ジョゼ・モウリーニョ監督退任後のチームでは出場機会が減り、2006年にはフラムFCへレンタル移籍する。06/07シーズン、チェルシーに戻った後はレギュラーとして起用されると思われていたが、アシュリー・コールが移籍してきたため再び出場機会に恵まれない日々が続いていた。しかし、シーズン終盤にはコールの怪我もありレギュラーで使われることが増える。FAカップ決勝でも先発メンバーとしてフル出場、02/03シーズンに自身が成し遂げられなかった優勝に貢献している。ウェイン・ブリッジ フレッシュアイペディアより)

  • シックスフィールズ・スタジアム

    シックスフィールズ・スタジアムから見たフラムFCフラムFC

    24,523人 (旧ディビジョン1) ノーサンプトン v フラム, 1966.4.23 - カウンティ・グラウンドシックスフィールズ・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・ティガナ

    ジャン・ティガナから見たフラムFCフラムFC

    引退後はリヨンやモナコの監督を務め、稲本潤一が在籍していたフラムFCの監督も務めた。2005-2006シーズンからは2シーズンに渡りトルコリーグ・ベシクタシュJKで指揮を執った。2010年からはフランス代表監督に就任したローラン・ブランの後任として、かつて所属をしたボルドーの監督に就任したが、不振のためシーズン途中で辞任した。2012シーズンから中国スーパーリーグ・上海申花で指揮を執ったが、成績不振のため、わずか4カ月で辞任した。ジャン・ティガナ フレッシュアイペディアより)

  • プレミアリーグ2010-2011

    プレミアリーグ2010-2011から見たフラムFCフラムFC

    30秒 マキシ・ロドリゲス (リヴァプール) リーグ第36節 フラム戦 2011.5.9プレミアリーグ2010-2011 フレッシュアイペディアより)

  • レイ・ウィルキンス

    レイ・ウィルキンスから見たフラムFCフラムFC

    そして、1994年に選手兼コーチとしてのオファーを受け、クリスタル・パレスFCの一員となった。しかし、そのデビュー戦で左足に怪我を負ってしまう。その怪我が癒えた後、再びクイーンズ・パーク・レンジャーズへ今度は選手兼任監督として加わった。2年後にウィコム・ワンダラーズFCへと移籍、その後もクラブを転々とし、翌年にレイトン・オリエントFCにて引退した。引退後は、1年間のみフラムFCの監督をしていた他、1998-2000シーズンはチェルシーのアシスタントコーチをしていた。レイ・ウィルキンス フレッシュアイペディアより)

  • アンジェロ・ディ・リービオ

    アンジェロ・ディ・リービオから見たフラムFCフラムFC

    そして2001-2002シーズン、主将を務めたディ・リービオの奮闘空しくチームはセリエB降格が決定したが、オーナーであるチェッキゴーリの放漫経営によってチームは破産、セリエC2降格というペナルティーを課せられた。この為、エンリコ・キエーザ、ヌーノ・ゴメスら主力選手は殆ど移籍してしまったが、ディ・リービオは「人生にはカネより大切なものがある」とローマ、ブレッシア、フルハムからのオファーを断り、タダ同然の年俸で残留。1年でのセリエB復帰に大きく貢献し、さらにセリエBでプレーした2003-2004シーズンでは引退してもおかしくないほどの大怪我を追いながら過酷なリハビリの後復帰。プレーオフを経てのセリエA復帰に貢献した。アンジェロ・ディ・リービオ フレッシュアイペディアより)

200件中 61 - 70件表示

「フルハム」のニューストピックワード