319件中 61 - 70件表示
  • 欧州カップ戦におけるラ・リーガのクラブ

    欧州カップ戦におけるラ・リーガのクラブから見たフラムFCフラムFC

    1999-2000シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは、レアル・マドリード、バレンシアCF、バルセロナ]]が準決勝に勝ち残り、ベスト4のうち3クラブをスペイン勢が占めた。決勝はレアル・マドリードとバレンシアの同国対決となり、レアル・マドリードが優勝した。2000-01シーズンの同大会でも、レアル・マドリードとバレンシアが準決勝に残った。バレンシアは2シーズン連続で決勝に進出したが、バイエルン(ドイツ)に敗れた。同シーズンのUEFAカップでもベスト4にデポルティーボ・アラベスとバルセロナが残ったが、アラベスは決勝でリヴァプールFC(イングランド)に敗れた。2001-02シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは、準決勝でエル・クラシコが実現し、それに勝利したレアル・マドリードは決勝でバイヤー・レバークーゼンを破って優勝した。2002-03シーズンの同大会でもレアル・マドリードは準決勝に勝ち残ったが、ユヴェントスFC(イタリア)に敗れた。2003-04シーズンの同大会では、デポルティーボ・ラ・コルーニャが準決勝に進出したが、優勝するFCポルト(ポルトガル)に敗れた。同シーズンのUEFAカップでは、準決勝でバレンシアとビジャレアルが対戦したが、バレンシアは決勝でオリンピック・マルセイユ(フランス)に敗れた。2005-06シーズンのUEFAチャンピオンズリーグではバルセロナとビジャレアルが準決勝に進出し、決勝でアーセナルFC(イングランド)を2-1で下したバルセロナが優勝した。同シーズンのUEFAカップではセビージャが決勝に進出し、ミドルズブラFC(イングランド)に4-0で快勝して優勝した。2006-07シーズンのUEFAカップでは、ベスト4にスペインからセビージャ、エスパニョール、CAオサスナの3クラブが残った。決勝はセビージャとエスパニョールの同国対決となり、PK戦の末に勝利したセビージャが2連覇を達成した。2006年のUEFAスーパーカップではセビージャがバルセロナを3-0で下したが、2007年の同大会ではACミラン(イタリア)に1-3で敗れた。2008-09シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは、バルセロナがマンチェスター・ユナイテッドFC(イングランド)を2-0で下して3回目の優勝を飾った。2010-11シーズンの決勝も同じ対戦カードとなり、今度は3-1で下して4回目の優勝を飾った。2009-10シーズンのUEFAヨーロッパリーグ第1回大会では、フラムFC(イングランド)を延長の末に下したアトレティコが初代王者となり、欧州カップ戦で48年ぶりのタイトルを獲得した。欧州カップ戦におけるラ・リーガのクラブ フレッシュアイペディアより)

  • パットニー・ブリッジ駅

    パットニー・ブリッジ駅から見たフラムFCフラムFC

    また、フラムFCのクレイヴン・コテージ(スタジアム)が北西に1kmのところにあり、試合開催日には駅が大変に混雑する。パットニー・ブリッジ駅 フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・キャロル

    ロイ・キャロルから見たフラムFCフラムFC

    シーズン終了後、オランダ代表でも正GKを務めるエトヴィン・ファン・デル・サールがフラムFCから加入。出場機会を求めて、2005年6月17日にウェストハム・ユナイテッドFCに加入。同時期に加入したシャカ・ヒスロップとポジションを争ったが、同時に怪我に悩まされた。また2006-07シーズンに入るとロバート・グリーンの加入により出場機会には恵まれなかった。ロイ・キャロル フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ラジャナウスカス

    トマス・ラジャナウスカスから見たフラムFCフラムFC

    FCトルペド・モスクワやセルヴェットFC、マルメFF、SKブラン、ギリシャのアクラティトスFC、アノルトシス・ファマグスタ、インテル・バクーPFCなど海外の多くのクラブを渡り歩いて成功を収めた。2009年にリトアニアのFKヴェトラに移籍すると、当時の過去最高順位となるAリーガ2位に貢献し、UEFAヨーロッパリーグ 2009-10に出場した。UEFAヨーロッパリーグでは予選3回戦まで勝ち上がったが、準優勝したフラムFCに敗れた。このパフォーマンスにより、5年ぶりにリトアニア代表に選出され、2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選のオーストリア戦とセルビア戦に出場した。トマス・ラジャナウスカス フレッシュアイペディアより)

  • TJモンカー

    TJモンカーから見たフラムFCフラムFC

    フラムFCの下部組織出身。ブラッドフォード・シティAFCに期限付き移籍した後、ウィコム・ワンダラーズFCへ完全移籍をした。TJモンカー フレッシュアイペディアより)

  • サンバ・ディアキテ

    サンバ・ディアキテから見たフラムFCフラムFC

    2012年1月11日に同リーグの強豪オリンピック・リヨンと合意間近と報じられた。しかし、2012年1月29日にクイーンズ・パーク・レンジャーズFCへ翌夏に完全移籍出来るオプション付きでレンタル加入。2月25日のフラムFC戦に先発出場でデビューを飾るも33分に累積警告で退場し、チームはホームで0-1で敗れるなど苦いものとなった。3月31日のアーセナルFC戦で移籍後初得点にして決勝点を決め、2-1の勝利に導いた。サンバ・ディアキテ フレッシュアイペディアより)

  • マーク・ヴィドゥカ

    マーク・ヴィドゥカから見たフラムFCフラムFC

    2007年6月7日、ミドルズブラのライバルであるニューカッスル・ユナイテッドFCに移籍した。2年契約で移籍金は発生しない。新監督に就任したサム・アラーダイスが獲得した最初の選手だった。8月11日のボルトン・ワンダラーズFC戦で移籍後初出場し、8月26日の古巣ミドルズブラFC戦で初得点を決めた。9月23日、ウェストハム・ユナイテッドFC戦では2ゴールを決めた。12月23日、ダービー・カウンティFC戦で再び2ゴールを挙げた。怪我による離脱の後、新監督に就任したケビン・キーガンが採用した4-3-3システムでオバフェミ・マルティンスやマイケル・オーウェンとトリオを組み、その新システムのおかげで降格を逃れた。最終節を前にしてアキレス腱を負傷し、半年もの離脱を強いられたが、2008年11月29日のミドルズブラ戦でオバフェミ・マルティンスとの途中交代で復帰し、怪我によりヴィドゥカの選手生活が終わることを心配していたジョー・キニアー新監督を安心させた。12月下旬には鼠径部の負傷で再びピッチを離れたが、ヴィドゥカは現役でプレーすることを強く望んだ。復帰後、フラムFC戦でシーズン唯一の得点を決めたかに思えたが、主審のハワード・ウェブはケヴィン・ノーランが相手GKのマーク・シュワルツァーを妨害したとしてヴィドゥカの得点を認めなかった。2008-09シーズンは18位となり、2部降格が決定した。マーク・ヴィドゥカ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ・ビラス・ボアス

    アンドレ・ビラス・ボアスから見たフラムFCフラムFC

    2011年6月22日、イングランド・プレミアリーグのチェルシーFCの監督に就任した。契約期間は3年であるが、3年目はオプション扱いである。年俸は500万ユーロ(約6億円)となり、FCポルトには違約金として1500万ユーロ(約18億円)が支払われた。33歳と8ヶ月での就任はフラムFCのクリス・コールマン監督(就任当時32歳と11ヶ月)に次いでプレミアリーグ史上2番目の若さであった。アシスタントコーチにはロベルト・ディ・マッテオが就任した。アンドレ・ビラス・ボアス フレッシュアイペディアより)

  • アムール・ブアッザ

    アムール・ブアッザから見たフラムFCフラムFC

    AJオセールの下部組織で1年間過ごした後、ワトフォードFCユースへ移籍。その後、トップチームに昇格し、中心選手として活躍。2005-06シーズン前半はスウィンドン・タウンFCにレンタル移籍をしていたが、シーズン後半はワトフォードへ戻り、チームをプレミアリーグ昇格に貢献した。ワトフォードのフットボールリーグ・チャンピオンシップ降格に伴い、2007-2008シーズンからはフラムFCへ4年契約で移籍。しかし、フラムでは定位置を確保できず、2回のレンタル移籍を繰り返した。アムール・ブアッザ フレッシュアイペディアより)

  • ラスムス・エルム

    ラスムス・エルムから見たフラムFCフラムFC

    3人兄弟の末っ子で、長兄はかつてフラムFCに所属していたダヴィド・エルム(David Elm)。次兄はラスムスと同じスウェーデン代表としても活躍しているヴィクトル・エルム。ラスムス・エルム フレッシュアイペディアより)

319件中 61 - 70件表示

「フラム」のニューストピックワード