200件中 81 - 90件表示
  • レス・ファーディナンド

    レス・ファーディナンドから見たフラムFCフラムFC

    97年にはトッテナム・ホットスパーに移籍。マンチェスター・ユナイテッドに移籍したエーステディ・シェリンガムの後釜として期待されるものの怪我の影響もありゴール数は伸び悩んだ。1998-1999年シーズンにキャリア唯一のチームタイトルとなるリーグカップ優勝を経験、2001年12月のフラム戦でプレミアリーグ通算10000ゴールとなるメモリアルゴールを決めている。レス・ファーディナンド フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴ・シドウェル

    スティーヴ・シドウェルから見たフラムFCフラムFC

    2010-2011シーズンの冬の移籍市場でフラムに移籍。移籍金は非公開。契約期間は2014年までの3年半。スティーヴ・シドウェル フレッシュアイペディアより)

  • オルランド・サ

    オルランド・サから見たフラムFCフラムFC

    2011年8月、ポルトとの契約を解消し、プレミアリーグのフラムFCに移籍した。契約期間は3年間。オルランド・サ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ・ビラス・ボアス

    アンドレ・ビラス・ボアスから見たフラムFCフラムFC

    2011年6月22日、イングランド・プレミアリーグのチェルシーFCの監督に就任した。契約期間は3年であるが、3年目はオプション扱いである。年俸は500万ユーロ(約6億円)となり、FCポルトには違約金として1500万ユーロ(約18億円)が支払われた。33歳と8ヶ月での就任はフラムFCのクリス・コールマン監督(就任当時32歳と11ヶ月)に次いでプレミアリーグ史上2番目の若さであった。アシスタントコーチにはロベルト・ディ・マッテオが就任した。アンドレ・ビラス・ボアス フレッシュアイペディアより)

  • アラン・パーデュー

    アラン・パーデューから見たフラムFCフラムFC

    フラムFCのファンとして育った。ガラス工やタクシー運転手として働きながら、ノンリーグのホワイテリーフFCやコリンシアン・コーサルズFCでプレーしたが、中東で働いていた6ヶ月間はサッカーから離れた。イングランドに戻ってからは再びコリンシアンでプレーし、その後はダリッジ・ハムレットFCやヨーヴィル・タウンFCでプレーした。この時期にはイングランドセミプロ代表(England C national football team)に選出された経験がある。アラン・パーデュー フレッシュアイペディアより)

  • ハリー・キューウェル

    ハリー・キューウェルから見たフラムFCフラムFC

    2006-07シーズンは多くの試合を欠場したが、2007年4月にリザーブのエヴァートン戦に55分から交代で出場し、チームに復帰した。2007年5月5日にクレイヴン・コテージで行われたフラム戦の後半に交代で出場し、FAカップ決勝以来となる出場を果たし、シーズン最終戦のチャールトン戦においても後半に交代で出場した。チャンピオンズリーグ決勝のメンバーに選ばれるかどうかが議論の的となっていたが、チャールトン戦でディルク・カイトへゴールの起点となるパスを送り、90分にはPKからゴールを挙げる活躍をしたことにより、決勝戦に臨むメンバーに選ばれた。決勝ではボウデヴィン・ゼンデンと交代で59分から出場した。ハリー・キューウェル フレッシュアイペディアより)

  • マーク・ヴィドゥカ

    マーク・ヴィドゥカから見たフラムFCフラムFC

    2007年6月7日、ミドルズブラのライバルであるニューカッスル・ユナイテッドFCに移籍した。2年契約で移籍金は発生しない。新監督に就任したサム・アラーダイスが獲得した最初の選手だった。8月11日のボルトン・ワンダラーズFC戦で移籍後初出場し、8月26日の古巣ミドルズブラFC戦で初得点を決めた。9月23日、ウェストハム・ユナイテッドFC戦では2ゴールを決めた。12月23日、ダービー・カウンティFC戦で再び2ゴールを挙げた。怪我による離脱の後、新監督に就任したケビン・キーガンが採用した4-3-3システムでオバフェミ・マルティンスやマイケル・オーウェンとトリオを組み、その新システムのおかげで降格を逃れた。最終節を前にしてアキレス腱を負傷し、半年もの離脱を強いられたが、2008年11月29日のミドルズブラ戦でオバフェミ・マルティンスとの途中交代で復帰し、怪我によりヴィドゥカの選手生活が終わることを心配していたジョー・キニアー新監督を安心させた。12月下旬には鼠径部の負傷で再びピッチを離れたが、ビドゥカは現役でプレーすることを強く望んだ。復帰後、フラムFC戦でシーズン唯一の得点を決めたかに思えたが、主審のハワード・ウェブはケヴィン・ノーランが相手GKのマーク・シュワルツァーを妨害したとしてヴィドゥカの得点を認めなかった。2008-09シーズンは18位となり、2部降格が決定した。マーク・ヴィドゥカ フレッシュアイペディアより)

  • ボブ・ホートン

    ボブ・ホートンから見たフラムFCフラムFC

    サッカー選手としては、ホートンは主にMFを務め、フラム (1966?69) 、ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン (1969?70) などでプレーした後監督へと転身した。ホートンは当時イングランドでは有数の若い監督であり、23歳でサザンフットボールリーグ所属のヘイスティングス・ユナイテッドと選手兼監督として契約した。選手と兼任していた当時、彼は1963年から83年までFAのテクニカルディレクターを務めていたアレン・ウェイドの薫陶を受けた。1970年代前半、ホートンはメイドストーン・ユナイテッドの監督も務め、イプスウィッチ・タウンFCではボビー・ロブソンのアシスタントコーチとして働いていた。ボブ・ホートン フレッシュアイペディアより)

  • オリヴィエ・ダクール

    オリヴィエ・ダクールから見たフラムFCフラムFC

    ASローマ時代にはファビオ・カペッロの寵愛を受け、自身もこの期待に応える活躍を見せた。インテル移籍後はロベルト・マンチーニの寵愛を受け怪我の多いヴィエラの代役やカンビアッソのバックアッパーとして毎試合の様に出場機会を得て、堅実な働きを見せた。しかしジョゼ・モウリーニョに監督が変わると事態は一変、1度も出場機会が得られず、2009年2月、フラムへのローン移籍が発表となった。オリヴィエ・ダクール フレッシュアイペディアより)

  • ジェローム・ボニセル

    ジェローム・ボニセルから見たフラムFCフラムFC

    地元のクラブであるモンペリエHSCでデビュー、1996年からデポルティーボ・ラ・コルーニャで3シーズンを過ごした後、再びフランスに戻りジロンダン・ボルドーでプレー、クープ・ドゥ・ラ・リーグを獲得。2003年にグラスゴー・レンジャーズに移籍、3試合の出場に留まるもリーグとカップで優勝した。フラムFCで2シーズンプレーし。半年間の無所属を経た後、タイエ・タイウォの控えとして中田浩二の抜けたオリンピック・マルセイユで残りのシーズンプレーした。ジェローム・ボニセル フレッシュアイペディアより)

200件中 81 - 90件表示

「フルハム」のニューストピックワード